日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

次硝酸ビスマス「ニッコー」基本情報

一般名:次硝酸ビスマス

製薬会社:日興製薬

薬価・規格: 9.9円(1g) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

薬効分類

止瀉薬詳しく見る

  • 腸の粘膜の刺激緩和、抗炎症作用、腸運動抑制作用などにより下痢の症状を改善する薬
止瀉薬の代表的な商品名
  • ロペミン
  • 次硝酸ビスマス
  • タンニン酸アルブミン タンナルビン
  • アドソルビン
  • フェロベリン

効能・効果詳しく見る

  • 下痢症

注意すべき副作用詳しく見る

亜硝酸中毒嘔気食欲不振

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 次硝酸ビスマスとして、1日2gを2〜3回に分割経口投与する
    • なお、年齢、症状により適宜増減する

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 重篤な消化管潰瘍
    • 出血性大腸炎
    • 慢性消化管通過障害
    • 重篤な細菌性下痢
    • 細菌性下痢

副作用

重大な副作用

亜硝酸中毒嘔気食欲不振

上記以外の副作用

運動障害皮膚潮紅記憶力減退血圧降下昏迷錯乱振戦頭痛精神神経系障害注意力低下不安不快感便秘間代性痙攣無力感メトヘモグロビン血症粘膜の青色又は青黒色の着色

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 重篤な消化管潰瘍
    • 出血性大腸炎
    • 慢性消化管通過障害
    • 重篤な細菌性下痢
  • 原則禁止
    • 細菌性下痢
  • 慎重投与
    • 回腸瘻造設術
    • 結腸瘻造設術
    • 消化管憩室
    • 人工肛門造設術
    • 便秘

患者の属性に応じた注意事項

  • 注意
    • 妊婦・産婦
    • 幼児・乳児
    • 高齢者

年齢や性別に応じた注意事項

  • 注意
    • 小児(0歳〜14歳)
    • 高齢者(65歳〜)

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    下痢症。

    用法・用量(添付文書全文)

    次硝酸ビスマスとして、1日2gを2〜3回に分割経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
    1.重大な副作用(頻度不明)
    1).精神神経系:ビスマス塩類(次硝酸ビスマス、次没食子酸ビスマス)1日3〜20gの連続経口投与(1カ月〜数年間)により、間代性痙攣、昏迷、錯乱、運動障害等の精神神経系障害(初期症状:不安、不快感、記憶力減退、頭痛、無力感、注意力低下、振戦等)が現れたとの報告がある(これらの報告によれば、症状は投与中止後、数週間〜数カ月で回復している)。
    2).血液:亜硝酸中毒(メトヘモグロビン血症、血圧降下、皮膚潮紅)が現れることがあるので、このような症状が現れた場合には投与を中止する。また、便秘が現れた場合には亜硝酸中毒を起こす恐れがあるので、減量、休薬等適切な処置を行う。
    2.その他の副作用
    1).消化器:(0.1〜5%未満)嘔気、食欲不振。
    2).粘膜:(頻度不明)歯齦縁、舌、口腔内等に粘膜の青色又は青黒色の着色[このような症状が現れた場合には投与を中止する]。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    1.出血性大腸炎の患者[腸管出血性大腸菌(O157等)や赤痢菌等の重篤な細菌性下痢患者では、症状の悪化、治療期間の延長を来す恐れがある]。
    2.慢性消化管通過障害又は重篤な消化管潰瘍のある患者[ビスマスの吸収による副作用が起こる恐れがある]。
    (原則禁忌)
    細菌性下痢患者[治療期間の延長を来す恐れがある]。
    (慎重投与)
    便秘の患者、結腸瘻造設術、回腸瘻造設術又は人工肛門造設術を受けた患者、消化管憩室のある患者[ビスマスが吸収され、重大な副作用が起こる恐れがある]。
    (重要な基本的注意)
    精神神経系障害が現れる恐れがあるので長期連続投与を避け、やむを得ない場合には、原則として1カ月に20日程度(1週間に5日以内)の投与にとどめる。
    (高齢者への投与)
    一般に高齢者では生理機能が低下しているので減量するなど注意する。
    (妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
    妊婦に対する安全性は確立していないので、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、投与量、投与期間等に注意して投与する。
    (小児等への投与)
    小児等に対する安全性は確立していないので、小児等には、投与量、投与期間等に注意して投与する。
    (適用上の注意)
    1.投与経路:浣腸には使用しない。
    2.投与時:本剤の服用によって便の色が黒くなることがある[ビスマスが黒色の硫化ビスマスになるため]。
    (取扱い上の注意)
    <配合変化>炭酸塩、ヨウ化物、有機酸塩と配合すると分解する。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. インフルエンザ脳症で30代患者死亡、今季2例目 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:276
    2. 「2025年」大予測! 医療改革は成功?失敗? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:2
    3. 2018年度ダブル改定で「看取り」の解釈が拡大 記者の眼 FBシェア数:230
    4. 他界した弟に導かれて医師の道へ 人物ルポ■奄美群島の産婦人科医療に挑む小田切幸平氏 FBシェア数:145
    5. 神になりたかった男 徳田虎雄 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:237
    6. 外傷性気胸に胸腔ドレナージは要らない? Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:155
    7. 「人生の最終段階に関するGL」改訂へ 3月末までの改訂予定で、厚労省がたたき台を提示 FBシェア数:2
    8. 主訴<腰痛>での救急搬送で見逃せない疾患は? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:21
    9. 民間の医療保険? そんなの入る必要ありません Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:22
    10. サイトメガロウイルスのDNA検査薬が保険収載 新生児の尿で検査可能、既存の抗体薬に比べて高感度 FBシェア数:4
    医師と医学研究者におすすめの英文校正