日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

キョウニン水「JG」基本情報

一般名:キョウニン水

製薬会社:日本ジェネリック

薬価・規格: 17円(10mL) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

薬効分類

去痰薬詳しく見る

  • 病原体や異物などを痰や鼻汁によって体外へ排出しやすくすることで気管支の炎症や喘息、慢性副鼻腔炎などによる症状を和らげる薬
去痰薬の代表的な商品名
  • ビソルボン
  • ムコソルバン
  • ムコダイン

効能・効果詳しく見る

  • 急性気管支炎の喀痰喀出困難
  • 急性気管支炎の咳嗽

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 1日3mLを3〜4回に分割経口投与する
    • なお、年齢、症状により適宜増減する
    • 但し、極量として、1回2mL、1日6mLを超えないものとする

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • シアナミド投与中
    • ジスルフィラム投与中
    • プロカルバジン塩酸塩投与中
    • カルモフール投与中
  • 患者の属性に応じた注意事項
    • 幼児・乳児
  • 年齢や性別に応じた注意事項
    • 小児(0歳〜14歳)

副作用

副作用

悪心意識喪失嘔吐過呼吸下痢眩暈心悸亢進頭痛チアノーゼ窒息性痙攣瞳孔散大

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • シアナミド投与中
    • ジスルフィラム投与中
    • プロカルバジン塩酸塩投与中
    • カルモフール投与中

患者の属性に応じた注意事項

  • 禁止
    • 幼児・乳児
  • 注意
    • 高齢者

年齢や性別に応じた注意事項

  • 禁止
    • 小児(0歳〜14歳)
  • 注意
    • 高齢者(65歳〜)

相互作用

薬剤との相互作用

薬剤名 影響
カルモフール 視力低下
ジスルフィラム 視力低下
シアナミド 視力低下
プロカルバジン塩酸塩 視力低下
N−メチルテトラゾールチオメチル基を有するセフェム系抗生物質 アルコール反応<顔面潮紅・悪心・頻脈・多汗・頭痛等>
セフォペラゾンナトリウム アルコール反応<顔面潮紅・悪心・頻脈・多汗・頭痛等>
セフブペラゾンナトリウム アルコール反応<顔面潮紅・悪心・頻脈・多汗・頭痛等>
セフミノクスナトリウム アルコール反応<顔面潮紅・悪心・頻脈・多汗・頭痛等>
塩酸セフメノキシム アルコール反応<顔面潮紅・悪心・頻脈・多汗・頭痛等>
ラタモキセフナトリウム アルコール反応<顔面潮紅・悪心・頻脈・多汗・頭痛等>
メトロニダゾール アルコール反応<顔面潮紅・悪心・頻脈・多汗・頭痛等>
セフメタゾールナトリウム アルコール反応<顔面潮紅・悪心・頻脈・多汗・頭痛等>

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    急性気管支炎に伴う咳嗽及び喀痰喀出困難。

    用法・用量(添付文書全文)

    1日3mLを3〜4回に分割経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。但し、極量として、1回2mL、1日6mLを超えないものとする。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
    その他の副作用
    大量投与(頻度不明):悪心・嘔吐、下痢、眩暈、頭痛、瞳孔散大、心悸亢進、過呼吸、チアノーゼ、意識喪失、窒息性痙攣等の症状が現れる恐れがある。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    ジスルフィラム投与中、シアナミド投与中、カルモフール投与中、プロカルバジン塩酸塩投与中の患者。
    (相互作用)
    1.併用禁忌:ジスルフィラム<ノックビン>、シアナミド<シアナマイド>、カルモフール<ミフロール>、プロカルバジン塩酸塩[これらの薬剤とのアルコール反応(顔面潮紅、血圧降下、悪心、頻脈、眩暈、呼吸困難、視力低下等)を起こす恐れがある(本剤はエタノールを含有しているため)]。
    2.併用注意:N−メチルテトラゾールチオメチル基を有するセフェム系抗生物質(セフメノキシム塩酸塩、セフォペラゾンナトリウム、セフブペラゾンナトリウム、セフミノクスナトリウム水和物、セフメタゾールナトリウム、ラタモキセフナトリウム)、メトロニダゾール[これらの薬剤とのアルコール反応<顔面潮紅・悪心・頻脈・多汗・頭痛等>を起こす恐れがある(本剤はエタノールを含有しているため)]。
    (高齢者への投与)
    一般に高齢者では生理機能が低下しているので減量するなど注意する。
    (小児等への投与)
    小児等への投与を避ける[小児等では副作用が発現しやすい]。
    (取扱い上の注意)
    光線及び熱によって変化しやすい。
    (保管上の注意)
    遮光、気密容器。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 2018改定で加速! 診療実績ない病院は淘汰へ 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:78
    2. 「おちんちんが小さいのでは?」と聞かれたら 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:29
    3. インフルエンザ発症直後は心筋梗塞が増える NEJM誌から FBシェア数:93
    4. 心血管疾患二次予防のLDL-C目標値は70未満 特集◎生活習慣病 7つの新常識《3》 FBシェア数:70
    5. なぜ医療機関で「残念な上司」が増殖するのか 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:449
    6. 褥瘡治癒の決め手は「亜鉛」にあった リポート◎木を見て森を見ずの褥瘡治療 FBシェア数:616
    7. 脳卒中で逝った大奥の支配者 天璋院篤姫 病と歴史への招待 FBシェア数:2
    8. デイサービスで感じた女子力とは? 病院珍百景 FBシェア数:33
    9. コールドポリペクトミーは抗凝固薬服用中の大腸ポリ… 学会トピック◎第14回日本消化管学会総会学術集会 FBシェア数:45
    10. 『君たちはどう生きるか』と救急受け入れ拒否 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:77
    医師と医学研究者におすすめの英文校正