日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

アセチルシステインNa塩注入・吸入用液20W/V%「ショーワ」基本情報

後発品(加算対象)

一般名:アセチルシステイン吸入剤

製薬会社:あゆみ製薬

薬価・規格: 49.6円(17.62%2mL1管) 薬価を比較する

基本情報

効能・効果詳しく見る

  • 咽頭炎の去痰
  • 気管支喘息の去痰
  • 気管支鏡検査の前後処置
  • 気管支拡張症の去痰
  • 気管切開術の前後処置
  • 気管支造影の前後処置
  • 喉頭炎の去痰
  • 術後肺合併症の去痰
  • 上気道炎の去痰
  • 肺結核の去痰
  • 肺化膿症の去痰
  • 肺炎の去痰
  • 肺癌細胞診の前後処置
  • 肺気腫の去痰
  • 慢性気管支炎の去痰
  • 嚢胞性線維症の去痰

注意すべき副作用詳しく見る

気管支痙攣気管支閉塞

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 1回1〜4mL(アセチルシステインナトリウム塩として20W/V%液)を単独又は他の薬剤を混じて気管内に直接注入するか、噴霧吸入する
    • なお、年齢、症状により投与量、投与回数を適宜増減する

副作用

重大な副作用

気管支痙攣気管支閉塞

上記以外の副作用

悪心硫黄臭嘔吐悪寒血痰口内炎食欲不振発疹発熱鼻漏臭気

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 慎重投与
    • 呼吸機能不全

患者の属性に応じた注意事項

  • 慎重投与
    • 高齢者

年齢や性別に応じた注意事項

  • 慎重投与
    • 高齢者(65歳〜)

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    1.次記疾患の去痰:気管支喘息、慢性気管支炎、気管支拡張症、肺結核、肺気腫、上気道炎(咽頭炎、喉頭炎)、肺化膿症、肺炎、嚢胞性線維症、術後肺合併症。
    2.次記における前後処置:気管支造影、気管支鏡検査、肺癌細胞診、気管切開術。

    用法・用量(添付文書全文)

    1回1〜4mL(アセチルシステインナトリウム塩として20W/V%液)を単独又は他の薬剤を混じて気管内に直接注入するか、噴霧吸入する。
    なお、年齢、症状により投与量、投与回数を適宜増減する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
    1.重大な副作用
    1).気管支閉塞(頻度不明):気管支閉塞が現れた場合には、気管支分泌物の機械的吸引や体位変換等の適切な処置を行う。
    2).気管支痙攣(頻度不明):気管支痙攣が現れた場合には投与を中止し、気管支拡張剤の投与等の適切な処置を行う。
    2.その他の副作用:本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
    1).過敏症:(頻度不明)発疹[このような症状が現れた場合には、投与を中止する]。
    2).消化器:(頻度不明)悪心・嘔吐、食欲不振、軽い臭気(硫黄臭)。
    3).その他:(頻度不明)血痰、悪寒、発熱、鼻漏、口内炎。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (慎重投与)
    1.気管支喘息、呼吸機能不全を伴う患者[気管支痙攣を起こすことがあるので、異常が認められた場合には投与を中止し、気管支拡張剤の投与等の適切な処置を行う]。
    2.高齢者。
    (重要な基本的注意)
    液化された気管支分泌物が増量することがあるので、観察を十分に行い、自然の喀出が困難な場合には機械的吸引又は体位変換等適切な処置を行う。
    (高齢者への投与)
    一般に高齢者では生理機能が低下しているので、患者の状態を観察しながら慎重に投与する。
    (小児等への投与)
    小児等に対する安全性は確立していない(使用経験が少ない)。
    (適用上の注意)
    1.投与経路:注射用として使用しない。
    2.調製時:抗生物質との混合により、不活性化することが多いので、抗生物質と併用する必要がある場合には別々に吸入するか、又は抗生物質を注射ないし経口投与する。
    3.使用時:本剤はワンポイントカットアンプルであるので、ヤスリを用いず、アンプル枝部のマーク(青色)の反対方向に折り取る。
    (取扱い上の注意)
    注意:
    1.噴霧装置に使われている鉄・銅・ゴムは、長時間薬液に接触することを避け、必ず使用後直ちに水洗する。使用後、そのまま放置すると、残渣が細かい孔口をふさいだり、金属部分を腐食することがある。
    2.水洗した噴霧装置に本剤を入れると、わずかに呈色することがあるが、薬効には影響を及ぼさない。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. レセプト査定される糖尿病処方、教えます 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:162
    2. 病像の変化で糖尿病腎症から糖尿病性腎臓病に 特集◎生活習慣病 7つの新常識《5》 FBシェア数:177
    3. 五輪でドーピング…主訴「薬を盛られた?」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:24
    4. 刃物を持ってくる患者の「予兆」を見逃さないで 院内暴力・セクハラSOS FBシェア数:119
    5. 外科医の寿命を延ばすロボット手術が保険適用に 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:166
    6. いつから、何を使って、どれくらい勉強する? 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:72
    7. 一過性の意識消失で救急搬送された80歳代女性 カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:0
    8. 肝臓癌で余命半年と宣告された認知症患者 短期集中連載◎重度の認知症患者を診るということ(3) FBシェア数:36
    9. 血糖管理は点から線へ、FGMで変動を調べよ 特集◎生活習慣病 7つの新常識《6》 FBシェア数:36
    10. 主な癌の5年生存率を国際比較 Lancet誌から FBシェア数:28
    医師と医学研究者におすすめの英文校正