基本情報

薬効分類

鎮咳薬(非麻薬性)詳しく見る

  • 咳を引き起こす咳中枢の抑制作用や気道を広げる作用などにより咳などの呼吸器症状を緩和する薬
鎮咳薬(非麻薬性)の代表的な商品名
  • アストフィリン
  • アストミン
  • フスタゾール
  • メジコン
  • トクレス

効能・効果詳しく見る

  • 感冒の咳嗽
  • 気管支拡張症の咳嗽
  • 急性気管支炎の咳嗽
  • 肺癌の咳嗽
  • 肺結核の咳嗽
  • 慢性気管支炎の咳嗽

注意すべき副作用詳しく見る

眠気悪心食欲不振口渇

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • クロペラスチン塩酸塩として、1日30〜60mg(本剤として300〜600mg;クロペラスチンフェンジゾ酸塩として53.1〜106.2mg)を3回に分割経口投与する
  • 小児にはクロペラスチン塩酸塩として、1日2歳未満7.5mg(本剤として75mg)、2歳以上4歳未満7.5〜15mg(本剤として75〜150mg)、4歳以上7歳未満15〜30mg(本剤として150〜300mg)を3回に分割経口投与する
    • なお、年齢、症状により適宜増減する

副作用

主な副作用

眠気悪心食欲不振口渇

注意事項

患者の属性に応じた注意事項

  • 注意
    • 高齢者
  • 投与に際する指示
    • 高齢者

年齢や性別に応じた注意事項

  • 注意
    • 高齢者(65歳〜)
  • 投与に際する指示
    • 高齢者(65歳〜)

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    次記疾患に伴う咳嗽:感冒、急性気管支炎、慢性気管支炎、気管支拡張症、肺結核、肺癌。

    用法・用量(添付文書全文)

    クロペラスチン塩酸塩として、1日30〜60mg(本剤として300〜600mg;クロペラスチンフェンジゾ酸塩として53.1〜106.2mg)を3回に分割経口投与する。小児にはクロペラスチン塩酸塩として、1日2歳未満7.5mg(本剤として75mg)、2歳以上4歳未満7.5〜15mg(本剤として75〜150mg)、4歳以上7歳未満15〜30mg(本剤として150〜300mg)を3回に分割経口投与する。
    なお、年齢、症状により適宜増減する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
    1.精神神経系:(頻度不明)眠気。
    2.消化器:(頻度不明)悪心、食欲不振、口渇。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (高齢者への投与)
    一般に高齢者では生理機能が低下しているので減量するなど注意する。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 熊本大、浜松医大の志願者が4割減少した理由 記者リポート FBシェア数:108
    2. 東京医大の裏口入学贈収賄事件で憂うべきこと 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:309
    3. 癒し系ドクターの裏の顔 病院珍百景 FBシェア数:56
    4. なぜ薬剤師はコテンパンに言われてしまうのか 狭間研至の「Road to 薬剤師3.0」 FBシェア数:268
    5. 聖路加病院長・福井氏「『医療の質』の議論が二の次… 学会トピック◎日本病院学会2018 FBシェア数:180
    6. 愚痴がいっしょ!! 病院珍百景 FBシェア数:28
    7. 37歳男性の後頸部痛、見逃しNGの疾患は? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:0
    8. 「辞めたい」の裏側の気持ち キャリアお悩み相談室 FBシェア数:47
    9. お金が増える人は「国が用意した裏道」を歩く Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:52
    10. 「四国の真ん中」の病院に医師が続々集まる理由 記者リポート FBシェア数:293
    医師と医学研究者におすすめの英文校正