日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

静注用フローラン専用溶解液基本情報

先発品(後発品あり)

一般名:エポプロステノールナトリウム専用溶解液

製薬会社:GSK

薬価・規格: 1791円(50mL1瓶) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

効能・効果詳しく見る

  • 溶解

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • <参考:注射液の調製法の例示>静注用フローランの調製には必ず本溶解液を用い、次を参考に調製する
  • 1.調製する注射液の濃度(5000ng/mL):凍結乾燥品(エポプロステノール0.5mg)1バイアル、専用溶解液(50mL)2バイアル
  • 2.調製する注射液の濃度(10000ng/mL):凍結乾燥品(エポプロステノール0.5mg)1バイアル、専用溶解液(50mL)1バイアル
  • 3.調製する注射液の濃度(10000ng/mL):凍結乾燥品(エポプロステノール0.5mg)2バイアル、専用溶解液(50mL)2バイアル
  • 4.調製する注射液の濃度(15000ng/mL):凍結乾燥品(エポプロステノール1.5mg)1バイアル、専用溶解液(50mL)2バイアル
  • 5.調製する注射液の濃度(20000ng/mL):凍結乾燥品(エポプロステノール0.5mg)1バイアル、凍結乾燥品(エポプロステノール1.5mg)1バイアル、専用溶解液(50mL)2バイアル
  • 6.調製する注射液の濃度(30000ng/mL):凍結乾燥品(エポプロステノール1.5mg)1バイアル、専用溶解液(50mL)1バイアル
  • 7.調製する注射液の濃度(30000ng/mL):凍結乾燥品(エポプロステノール1.5mg)2バイアル、専用溶解液(50mL)2バイアル
  • 8.調製する注射液の濃度(40000ng/mL):凍結乾燥品(エポプロステノール0.5mg)2バイアル、凍結乾燥品(エポプロステノール1.5mg)2バイアル、専用溶解液(50mL)2バイアル
  • 9.調製する注射液の濃度(50000ng/mL):凍結乾燥品(エポプロステノール0.5mg)1バイアル、凍結乾燥品(エポプロステノール1.5mg)3バイアル、専用溶解液(50mL)2バイアル
  • <調製方法>0.5mg/1.5mg製剤1バイアル、専用溶解液(50mL)1バイアル:専用溶解液(50mL)1本より4mLを注射筒を用いて正確に取り、本剤バイアル内に注入し、溶解した液の全量を再び専用溶解液1本に戻す
  • 0.5mg/1.5mg製剤1バイアル、専用溶解液(50mL)2バイアル:専用溶解液(50mL)2本より2mLずつ注射筒を用いて合計4mLを正確に取り、本剤バイアル内に注入する
  • 溶解した液を全て注射筒内にとり、正確に2mLずつ専用溶解液2本に戻す
  • 0.5mg/1.5mg製剤2バイアル、専用溶解液(50mL)2バイアル:専用溶解液(50mL)2本より2mLずつ注射筒を用いて合計4mLを正確に取り、本剤バイアル内に2mLずつ注入する
  • 溶解した液を全て注射筒内にとり、正確に2mLずつ専用溶解液2本に戻す
  • 0.5mg/1.5mg製剤3バイアル、専用溶解液(50mL)2バイアル:専用溶解液(50mL)2本より1.5mLずつ注射筒を用いて合計3mLを正確に取り、本剤バイアル内に1mLずつ注入する
  • 溶解した液を全て注射筒内にとり、正確に1.5mLずつ専用溶解液2本に戻す
  • 0.5mg/1.5mg製剤4バイアル、専用溶解液(50mL)2バイアル:専用溶解液(50mL)2本より2mLずつ注射筒を用いて合計4mLを正確に取り、本剤バイアル内に1mLずつ注入する
  • 溶解した液を全て注射筒内にとり、正確に2mLずつ専用溶解液2本に戻す

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    静注用フローランの溶解。

    用法・用量(添付文書全文)

    <参考:注射液の調製法の例示>
    静注用フローランの調製には必ず本溶解液を用い、次を参考に調製する。
    1.調製する注射液の濃度(5000ng/mL):凍結乾燥品(エポプロステノール0.5mg)1バイアル、専用溶解液(50mL)2バイアル。
    2.調製する注射液の濃度(10000ng/mL):凍結乾燥品(エポプロステノール0.5mg)1バイアル、専用溶解液(50mL)1バイアル。
    3.調製する注射液の濃度(10000ng/mL):凍結乾燥品(エポプロステノール0.5mg)2バイアル、専用溶解液(50mL)2バイアル。
    4.調製する注射液の濃度(15000ng/mL):凍結乾燥品(エポプロステノール1.5mg)1バイアル、専用溶解液(50mL)2バイアル。
    5.調製する注射液の濃度(20000ng/mL):凍結乾燥品(エポプロステノール0.5mg)1バイアル、凍結乾燥品(エポプロステノール1.5mg)1バイアル、専用溶解液(50mL)2バイアル。
    6.調製する注射液の濃度(30000ng/mL):凍結乾燥品(エポプロステノール1.5mg)1バイアル、専用溶解液(50mL)1バイアル。
    7.調製する注射液の濃度(30000ng/mL):凍結乾燥品(エポプロステノール1.5mg)2バイアル、専用溶解液(50mL)2バイアル。
    8.調製する注射液の濃度(40000ng/mL):凍結乾燥品(エポプロステノール0.5mg)2バイアル、凍結乾燥品(エポプロステノール1.5mg)2バイアル、専用溶解液(50mL)2バイアル。
    9.調製する注射液の濃度(50000ng/mL):凍結乾燥品(エポプロステノール0.5mg)1バイアル、凍結乾燥品(エポプロステノール1.5mg)3バイアル、専用溶解液(50mL)2バイアル。
    <調製方法>
    0.5mg/1.5mg製剤1バイアル、専用溶解液(50mL)1バイアル:専用溶解液(50mL)1本より4mLを注射筒を用いて正確に取り、本剤バイアル内に注入し、溶解した液の全量を再び専用溶解液1本に戻す。
    0.5mg/1.5mg製剤1バイアル、専用溶解液(50mL)2バイアル:専用溶解液(50mL)2本より2mLずつ注射筒を用いて合計4mLを正確に取り、本剤バイアル内に注入する。溶解した液を全て注射筒内にとり、正確に2mLずつ専用溶解液2本に戻す。
    0.5mg/1.5mg製剤2バイアル、専用溶解液(50mL)2バイアル:専用溶解液(50mL)2本より2mLずつ注射筒を用いて合計4mLを正確に取り、本剤バイアル内に2mLずつ注入する。溶解した液を全て注射筒内にとり、正確に2mLずつ専用溶解液2本に戻す。
    0.5mg/1.5mg製剤3バイアル、専用溶解液(50mL)2バイアル:専用溶解液(50mL)2本より1.5mLずつ注射筒を用いて合計3mLを正確に取り、本剤バイアル内に1mLずつ注入する。溶解した液を全て注射筒内にとり、正確に1.5mLずつ専用溶解液2本に戻す。
    0.5mg/1.5mg製剤4バイアル、専用溶解液(50mL)2バイアル:専用溶解液(50mL)2本より2mLずつ注射筒を用いて合計4mLを正確に取り、本剤バイアル内に1mLずつ注入する。溶解した液を全て注射筒内にとり、正確に2mLずつ専用溶解液2本に戻す。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (重要な基本的注意)
    本剤は、静注用フローランの溶解のみに使用する。
    (適用上の注意)
    1.調製時:
    1).無色澄明に溶解しなかったものは、使用しない。
    2).本剤は保存剤を含まないため、残液は廃棄する。
    2.調製後溶液の保存及び取扱い:
    1).調製後は溶液中の有効成分が徐々に分解するため、調製後すぐに投与開始しない場合は溶液を冷蔵保存(2〜8℃)する。
    2).調製後、冷蔵保存する場合は8日間(192時間)を超えない。
    3).本剤及び調製後溶液を凍結させない(凍結した場合には、溶解後も使用しない)。
    4).調製後溶液は投与開始前の冷蔵保存の有無に関わらず、次の設定温度毎の規定時間内(25℃以下72時間以内、30℃以下48時間以内、35℃以下24時間以内、40℃以下12時間以内)で投与を終了し投与中は遮光することが望ましい。
    5).一旦投与を開始した溶液の残液は使用しない。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. マッチング最終結果、市中病院人気が再び加速 【2017年度】フルマッチ校は11校、東京医科歯科大は5年連続 FBシェア数:239
    2. 不足だけでないインフルエンザワクチンへの懸念 記者の眼 FBシェア数:375
    3. ベルソムラは就寝前に飲んじゃダメ!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:122
    4. 高齢でもピロリ除菌を行うべきもう1つの理由 リポート◎ピロリ除菌の目的は胃癌発症抑制と潰瘍予防だけじゃない! FBシェア数:185
    5. キャラクターで抗菌薬を覚える!? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:82
    6. 診療所の運動器リハ、意外だった査定の理由は? あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:91
    7. 待望の内服薬が承認、治療アドヒアランス向上に期待 Unmet Medical Needs 2017 秋 FBシェア数:2
    8. 国内初の『慢性便秘症診療GL』の特徴は? 学会トピック◎JDDW2017 FBシェア数:124
    9. 「医療訴訟がとにかく怖いんです!」 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:19
    10. 意外と世間から誤解されている「救急」 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:96