日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ユベラNソフトカプセル200mg基本情報

準先発品

一般名:トコフェロールニコチン酸エステルカプセル

製薬会社:エーザイ

薬価・規格: 10.2円(200mg1カプセル) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

薬効分類

ビタミンE製剤詳しく見る

  • 血管の血流改善により血行をよくしたり、コレステロールを低下させることなどにより、頭痛、肩こり、冷えや動脈硬化などを改善する薬
ビタミンE製剤の代表的な商品名
  • ユベラ
  • ユベラN

効能・効果詳しく見る

  • 高血圧症の随伴症状
  • 高脂質血症
  • 閉塞性動脈硬化症の末梢循環障害

注意すべき副作用詳しく見る

下痢悪心胃痛胃部不快感食欲不振

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 1日トコフェロールニコチン酸エステルとして600mgを3回に分けて経口投与する
    • なお、年齢、症状により適宜増減する
    • なお、トコフェロールニコチン酸エステルとしての用法及び用量は、1日300〜600mgを3回に分けて経口投与する

副作用

重大な副作用

悪心胃痛胃部不快感下痢食欲不振浮腫便秘

上記以外の副作用

温感過敏症肝機能障害顔面浮腫潮紅発疹

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    1.次記に伴う随伴症状:高血圧症。
    2.高脂質血症。
    3.次記に伴う末梢循環障害:閉塞性動脈硬化症。

    用法・用量(添付文書全文)

    1日トコフェロールニコチン酸エステルとして600mgを3回に分けて経口投与する。
    なお、年齢、症状により適宜増減する。
    なお、トコフェロールニコチン酸エステルとしての用法及び用量は、1日300〜600mgを3回に分けて経口投与する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    総症例5,621例中、105例(1.87%)の副作用が報告されている(臨床試験成績集計)。
    1.消化器:(0.1〜5%未満)食欲不振、胃部不快感、胃痛、悪心、下痢、便秘。
    2.過敏症:(0.1%未満)発疹[このような症状が現れた場合には投与を中止するなど適切な処置を行う]。
    3.肝臓:(0.1%未満)肝機能障害(AST上昇(GOT上昇)、ALT上昇(GPT上昇)等)。
    4.その他:(0.1%未満)温感、潮紅、(頻度不明)顔面浮腫、浮腫。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (適用上の注意)
    薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜に刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)。
    (取扱い上の注意)
    長期間にわたる予製及び投薬に際しては、高温、高湿を避けて保存する(カプセル皮膜が癒着することがある)。
    (保管上の注意)
    PTP包装はアルミ袋開封後、バラ包装は開栓後、高温、湿気を避けて保存する(カプセル皮膜が軟化することがある)。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. インフルエンザ脳症で30代患者死亡、今季2例目 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:276
    2. 「2025年」大予測! 医療改革は成功?失敗? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:2
    3. 2018年度ダブル改定で「看取り」の解釈が拡大 記者の眼 FBシェア数:230
    4. 他界した弟に導かれて医師の道へ 人物ルポ■奄美群島の産婦人科医療に挑む小田切幸平氏 FBシェア数:145
    5. 神になりたかった男 徳田虎雄 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:237
    6. 外傷性気胸に胸腔ドレナージは要らない? Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:155
    7. 「人生の最終段階に関するGL」改訂へ 3月末までの改訂予定で、厚労省がたたき台を提示 FBシェア数:2
    8. 主訴<腰痛>での救急搬送で見逃せない疾患は? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:21
    9. 民間の医療保険? そんなの入る必要ありません Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:22
    10. サイトメガロウイルスのDNA検査薬が保険収載 新生児の尿で検査可能、既存の抗体薬に比べて高感度 FBシェア数:4
    医師と医学研究者におすすめの英文校正