日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ニトロール注5mg基本情報

先発品(後発品あり)

一般名:硝酸イソソルビド注射液

製薬会社:エーザイ

薬価・規格: 2.3E+2円(0.05%10mL1管) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

薬効分類

硝酸薬詳しく見る

  • 心臓のまわりの冠動脈を広げ血流量を増やし、心臓に酸素などを補給することで、全身の血管抵抗を減らして心臓の負担を軽くする薬
硝酸薬の代表的な商品名
  • アイトロール
  • ニトロール
  • ニトロペン
  • フランドル
  • ミオコール

効能・効果詳しく見る

  • 急性心不全
  • 不安定狭心症
  • 冠動脈造影時の冠攣縮の緩解
  • 慢性心不全の急性増悪期

注意すべき副作用詳しく見る

ショック嘔吐嘔気四肢浮腫眩暈血圧低下

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 1.急性心不全:本剤を注射液そのまま、又は生理食塩液、5%ブドウ糖注射液等で希釈して0.05〜0.001%溶液とし、硝酸イソソルビドとして1時間あたり1.5〜8mgを点滴静注する
  • 投与量は患者の病態に応じて適宜増減するが、増量は1時間あたり10mgまでとする
  • 2.不安定狭心症:本剤を注射液そのまま、又は生理食塩液、5%ブドウ糖注射液等で希釈して0.05〜0.001%溶液とし、硝酸イソソルビドとして1時間あたり2〜5mgを点滴静注する
  • 投与量は患者の病態に応じて適宜増減する
  • 3.冠動脈造影時の冠攣縮緩解:冠動脈造影時に本剤を注射液そのまま、硝酸イソソルビドとして5mgをカテーテルを通し、バルサルバ洞内に1分以内に注入する
    • なお、投与量は、患者の症状に応じて適宜増減するが、投与量の上限は10mgまでとする

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • Eisenmenger症候群
    • 右室梗塞
    • 過敏症
    • 原発性肺高血圧症
    • 重篤な低血圧
    • 神経循環無力症
    • 心原性ショック
    • 脱水症状
    • 頭部外傷
    • 脳出血
    • 閉塞隅角緑内障
    • ホスホジエステラーゼ5阻害作用を有する薬剤投与中
    • グアニル酸シクラーゼ刺激作用を有する薬剤投与中

副作用

主な副作用

ショック

重大な副作用

嘔気嘔吐血圧低下眩暈四肢浮腫ショック心室細動心拍出量低下頭痛動悸動脈血酸素分圧低下

上記以外の副作用

GOT上昇GPT上昇過敏症期外収縮危険な不整脈血圧低下興奮徐脈心室頻拍心拍出量低下心房細動全身倦怠感ALT上昇AST上昇発疹陽気メトヘモグロビン血症食欲低下

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • Eisenmenger症候群
    • 右室梗塞
    • 過敏症
    • 原発性肺高血圧症
    • 重篤な低血圧
    • 神経循環無力症
    • 心原性ショック
    • 脱水症状
    • 頭部外傷
    • 脳出血
    • 閉塞隅角緑内障
    • ホスホジエステラーゼ5阻害作用を有する薬剤投与中
    • グアニル酸シクラーゼ刺激作用を有する薬剤投与中
  • 慎重投与
    • 左室充満圧の低い
    • 低血圧
  • 注意
    • 血圧低下
    • 心拍出量低下
  • 投与に際する指示
    • 血圧低下
    • 心拍出量低下

患者の属性に応じた注意事項

  • 相対禁止
    • 妊婦・産婦
  • 希望禁止
    • 授乳婦
  • 注意
    • 高齢者

年齢や性別に応じた注意事項

  • 注意
    • 高齢者(65歳〜)

相互作用

薬剤との相互作用

薬剤名 影響
血管拡張剤 過度の血圧低下
硝酸・亜硝酸エステル系薬剤 過度の血圧低下
シルデナフィル 降圧作用を増強
PDE5阻害薬 降圧作用を増強
塩酸バルデナフィル 降圧作用を増強
タダラフィル 降圧作用を増強
リオシグアト 降圧作用を増強
sGC刺激剤 降圧作用を増強
利尿剤 過度の血圧低下

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    1.急性心不全(慢性心不全の急性増悪期を含む)。
    2.不安定狭心症。
    3.冠動脈造影時の冠攣縮緩解。

    用法・用量(添付文書全文)

    1.急性心不全:本剤を注射液そのまま、又は生理食塩液、5%ブドウ糖注射液等で希釈して0.05〜0.001%溶液とし、硝酸イソソルビドとして1時間あたり1.5〜8mgを点滴静注する。投与量は患者の病態に応じて適宜増減するが、増量は1時間あたり10mgまでとする。
    2.不安定狭心症:本剤を注射液そのまま、又は生理食塩液、5%ブドウ糖注射液等で希釈して0.05〜0.001%溶液とし、硝酸イソソルビドとして1時間あたり2〜5mgを点滴静注する。投与量は患者の病態に応じて適宜増減する。
    3.冠動脈造影時の冠攣縮緩解:冠動脈造影時に本剤を注射液そのまま、硝酸イソソルビドとして5mgをカテーテルを通し、バルサルバ洞内に1分以内に注入する。なお、投与量は、患者の症状に応じて適宜増減するが、投与量の上限は10mgまでとする。
    <用法・用量に関連する使用上の注意>
    冠動脈造影時に冠攣縮を誘発した場合は、迅速に攣縮緩解のための処置を行う。また、まれに完全閉塞緩解時にreperfusion injuryによると考えられる心室細動などの危険な不整脈や血圧低下を起こすことがあるので電気的除細動などの適切な処置を行う。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤を静脈内投与した場合、総症例1,806例中、71例(3.93%)の副作用が報告されている(再審査終了時)。
    本剤をバルサルバ洞内に投与した場合、総症例2,983例中、25例(0.84%)の副作用が報告されている(再審査終了時)。
    1.重大な副作用
    1).ショック:ショック(0.1〜5%未満)が現れることがあるので、このような場合には投与を中止し、昇圧剤投与等の適切な処置を行う。
    2).心室細動、心室頻拍:冠動脈造影時の冠攣縮緩解に際し、reperfusion injuryによると考えられる心室細動などの危険な不整脈(0.1%未満)が現れることがあるので、このような場合には、電気的除細動などの適切な処置を行う。
    2.その他の副作用
    1).循環器:(0.1〜5%未満)血圧低下、眩暈、動悸、四肢浮腫、心拍出量低下、(0.1%未満)徐脈、期外収縮、心房細動。
    2).精神神経系:(0.1〜5%未満)頭痛、(0.1%未満)全身倦怠感、興奮、陽気。
    3).消化器:(0.1〜5%未満)嘔気、嘔吐、(0.1%未満)食欲低下。
    4).血液:(0.1〜5%未満)動脈血酸素分圧低下、(頻度不明)メトヘモグロビン血症。
    5).肝臓:(0.1〜5%未満)AST上昇(GOT上昇)、ALT上昇(GPT上昇)等。
    6).過敏症:(頻度不明)発疹。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    1.重篤な低血圧又は心原性ショックのある患者[血管拡張作用により更に血圧を低下させ、症状を悪化させる恐れがある]。
    2.Eisenmenger症候群又は原発性肺高血圧症の患者[血圧低下によりショックを起こすことがある]。
    3.右室梗塞の患者[血圧低下によりショックを起こすことがある]。
    4.脱水症状のある患者[血圧低下によりショックを起こすことがある]。
    5.神経循環無力症の患者[本剤の効果がないので、本剤投与により血圧低下等が現れることがある]。
    6.閉塞隅角緑内障の患者[眼圧を上昇させる恐れがある]。
    7.硝酸・亜硝酸エステル系薬剤に対し過敏症の既往歴のある患者。
    8.頭部外傷又は脳出血のある患者[頭蓋内圧を上昇させる恐れがある]。
    9.ホスホジエステラーゼ5阻害作用を有する薬剤投与中(シルデナフィルクエン酸塩、バルデナフィル塩酸塩水和物、タダラフィル)又はグアニル酸シクラーゼ刺激作用を有する薬剤投与中(リオシグアト)の患者[併用により降圧作用が増強され、過度に血圧を低下させることがある]。
    (慎重投与)
    1.低血圧の患者[更に血圧を低下させる恐れがある]。
    2.左室充満圧の低い患者[血圧低下及び心拍出量低下の恐れがある]。
    (重要な基本的注意)
    1.本剤投与中は、頻回の血圧測定と血行動態のモニターを行う(また、投与量の調節は患者の血行動態、症状をみて徐々に行う)。
    2.投与中に血圧低下などの異常が観察された場合には、減量又は投与を中止する(また、必要に応じて昇圧剤投与等の適切な処置を行う)。
    3.血圧低下の可能性のある患者や心拍出量低下している患者に投与する場合には、カテコールアミン系薬剤などと併用することが望ましい。
    4.投与中に左心不全状態が改善した場合は、患者の様子をみて投与を中止する。
    5.本剤とホスホジエステラーゼ5阻害作用を有する薬剤(シルデナフィルクエン酸塩、バルデナフィル塩酸塩水和物、タダラフィル)との併用又はグアニル酸シクラーゼ刺激作用を有する薬剤(リオシグアト)との併用により降圧作用が増強し、過度に血圧を低下させることがあるので、本剤投与前にホスホジエステラーゼ5阻害作用を有する薬剤又はグアニル酸シクラーゼ刺激作用を有する薬剤を服用していないことを十分確認する。また、本剤投与中及び投与後においてホスホジエステラーゼ5阻害作用を有する薬剤又はグアニル酸シクラーゼ刺激作用を有する薬剤を服用しないよう十分注意する。
    (相互作用)
    1.併用禁忌:
    1).ホスホジエステラーゼ5阻害作用を有する薬剤(シルデナフィルクエン酸塩<バイアグラ、レバチオ>、バルデナフィル塩酸塩水和物<レビトラ>、タダラフィル<シアリス、アドシルカ、ザルティア>)[併用により、降圧作用を増強することがある(本剤はcGMPの産生を促進し、一方、ホスホジエステラーゼ5阻害作用を有する薬剤はcGMPの分解を抑制することから、両剤の併用によりcGMPの増大を介する本剤の降圧作用が増強する)]。
    2).グアニル酸シクラーゼ刺激作用を有する薬剤(リオシグアト<アデムパス>)[併用により、降圧作用を増強することがある(本剤とグアニル酸シクラーゼ刺激作用を有する薬剤は、ともにcGMPの産生を促進することから、両剤の併用によりcGMPの増大を介する本剤の降圧作用が増強する)]。
    2.併用注意:
    1).利尿剤[血圧低下等が増強される恐れがあるので、過度の血圧低下が起こった場合には、減量又は投与を中止し、必要に応じて昇圧剤投与等の適切な処置を行う(血圧低下作用を増強させる)]。
    2).血管拡張剤、硝酸・亜硝酸エステル系薬剤[血圧低下等が増強される恐れがあるので、過度の血圧低下が起こった場合には、減量又は投与を中止し、必要に応じて昇圧剤投与等の適切な処置を行う(血管拡張作用が増強される)]。
    (高齢者への投与)
    本剤は、主として肝臓で代謝されるが、高齢者では一般に肝機能が低下していることが多いため、高い血中濃度が持続する恐れがあるので、注意する。
    (妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
    1.妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない]。
    2.授乳中の婦人への投与は避けることが望ましいが、やむを得ず投与する場合は授乳を避けさせる[動物実験(ラット)で乳汁中へ移行することが報告されている]。
    (小児等への投与)
    小児に対する安全性は確立していない(使用経験がない)。
    (適用上の注意)
    1.輸液セットへの吸着:硝酸イソソルビドは、一般に使用されているポリ塩化ビニル製の輸液容器及び輸液セットに吸着するが、ガラス製、ポリエチレン製の容器、器具には吸着しない。添付文書の図に示す通り、硝酸イソソルビドのポリ塩化ビニル製輸液セットに対する吸着率は、点滴速度に影響され、ポリ塩化ビニル管100cmでは点滴速度60mL/時間(1mL/分)以上であれば、投与量の80%以上が静脈内に注入される。また、硝酸イソソルビドの吸着率は配合濃度に影響されないが、輸液セットが長い程高くなるので注意する。
    2.アンプルカット時:本品はワンポイントカットアンプルであるが、アンプルのカット部分をエタノール綿等で清拭してからカットすることが望ましい。
    (保管上の注意)
    外箱開封後遮光。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 2018年度ダブル改定で「看取り」の解釈が拡大 記者の眼 FBシェア数:192
    2. 「2025年」大予測! 医療改革は成功?失敗? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:2
    3. 神になりたかった男 徳田虎雄 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:224
    4. 民間の医療保険? そんなの入る必要ありません Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:18
    5. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:1
    6. 主訴<腰痛>での救急搬送で見逃せない疾患は? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:16
    7. 他界した弟に導かれて医師の道へ 人物ルポ■奄美群島の産婦人科医療に挑む小田切幸平氏 FBシェア数:113
    8. 外傷性気胸に胸腔ドレナージは要らない? Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:80
    9. 胸部や腹部のCT検査が腎切除術を増やす JAMA Intern Med誌から FBシェア数:72
    10. レビー小体型認知症の診断、改訂ポイントは? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:59
    医師と医学研究者におすすめの英文校正