基本情報

薬効分類

Naチャネル遮断薬(I群抗不整脈薬)詳しく見る

  • 脈に関与する電気信号の一つであるNa(ナトリウム)イオンの通り道を塞ぎ、乱れた脈(主に頻脈)を整える薬
Naチャネル遮断薬(I群抗不整脈薬)の代表的な商品名
  • リスモダン
  • シベノール
  • アスペノン
  • メキシチール
  • サンリズム

効能・効果詳しく見る

  • 電気ショック療法との併用
  • 急性心筋梗塞の心室性不整脈の予防
  • 手術の不整脈の予防
  • 新鮮心房細動
  • 陳旧性心房細動
  • 発作性心房細動の予防
  • 麻酔の不整脈の予防
  • 電気ショック療法後の洞調律の維持
  • 発作性頻拍<上室性>の治療
  • 発作性頻拍<上室性>の予防
  • 期外収縮<上室性>
  • 期外収縮<心室性>
  • 発作性頻拍<心室性>の予防
  • 発作性頻拍<心室性>の治療

注意すべき副作用詳しく見る

発熱心室粗動心室細動心室頻拍

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • プロカインアミド塩酸塩として、1回0.25〜0.5gを、3〜6時間ごとに経口投与する
    • なお、年齢、症状により適宜増減する

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症
    • 脚ブロック
    • 刺激伝導障害
    • 重症筋無力症
    • 洞房ブロック
    • 房室ブロック
    • モキシフロキサシン塩酸塩投与中
    • バルデナフィル塩酸塩水和物投与中
    • アミオダロン塩酸塩<注射剤>投与中
    • トレミフェンクエン酸塩投与中
    • 重篤なうっ血性心不全

副作用

主な副作用

発熱

重大な副作用

心室細動心室粗動心室頻拍心不全頭痛無顆粒球症

上記以外の副作用

悪心咽頭痛嘔吐悪寒過敏症関節炎期外収縮増加胸水胸部痛筋肉痛血圧下降血小板減少下痢幻視倦怠感幻聴好酸球増多紅斑食欲不振心膜炎多発性関節痛白血球減少発疹貧血不眠

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 過敏症
    • 脚ブロック
    • 刺激伝導障害
    • 重症筋無力症
    • 洞房ブロック
    • 房室ブロック
    • モキシフロキサシン塩酸塩投与中
    • バルデナフィル塩酸塩水和物投与中
    • アミオダロン塩酸塩<注射剤>投与中
    • トレミフェンクエン酸塩投与中
    • 重篤なうっ血性心不全
  • 慎重投与
    • 気管支喘息
    • 血清カリウム低下
    • 重篤な肝機能障害
    • 重篤な腎機能障害
    • 心筋梗塞
    • 心筋症
    • 低血圧
    • 弁膜症
    • 基礎心疾患
    • うっ血性心不全
  • 注意
    • 塞栓
    • 一過性脳虚血発作
    • 基礎心疾患があり心不全
    • 抗不整脈薬との併用
    • 心筋梗塞があり心不全
    • 心筋症があり心不全
    • 弁膜症があり心不全
    • うっ血性心不全
  • 投与に際する指示
    • 重篤な肝機能障害
    • 重篤な腎機能障害
    • 塞栓
    • 一過性脳虚血発作
    • 基礎心疾患があり心不全
    • 抗不整脈薬との併用
    • 心筋梗塞があり心不全
    • 心筋症があり心不全
    • 弁膜症があり心不全
    • うっ血性心不全

患者の属性に応じた注意事項

  • 相対禁止
    • 妊婦・産婦
  • 慎重投与
    • 高齢者
  • 注意
    • 高齢者

年齢や性別に応じた注意事項

  • 慎重投与
    • 高齢者(65歳〜)
  • 注意
    • 高齢者(65歳〜)

相互作用

薬剤との相互作用

薬剤名 影響
塩酸モキシフロキサシン 心室性頻拍<Torsades de Pointesを含む>
塩酸バルデナフィル 心室性頻拍<Torsades de Pointesを含む>
塩酸アミオダロン<注射> 心室性頻拍<Torsades de Pointesを含む>
クエン酸トレミフェン 心室性頻拍<Torsades de Pointesを含む>
スニチニブリンゴ酸塩 心室性頻拍<Torsades de Pointesを含む>
アミオダロン塩酸塩経口剤 本剤の抗不整脈作用等の心血管作用を増強
シメチジン 本剤の抗不整脈作用等の心血管作用を増強
β−遮断剤 過度の心機能抑制作用
サルファ剤 抗菌力を減弱

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    1.期外収縮<上室性>、期外収縮<心室性>。
    2.急性心筋梗塞における心室性不整脈の予防。
    3.新鮮心房細動。
    4.発作性頻拍<上室性>、発作性頻拍<心室性>の治療及び予防。
    5.発作性心房細動の予防。
    6.電気ショック療法との併用及び電気ショック療法後の洞調律の維持。
    7.手術及び麻酔に伴う不整脈の予防。
    8.陳旧性心房細動。

    用法・用量(添付文書全文)

    プロカインアミド塩酸塩として、1回0.25〜0.5gを、3〜6時間ごとに経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    (再審査対象外)。
    1.重大な副作用(頻度不明)
    1).心室頻拍、心室粗動、心室細動、心不全:心電図上QRS幅増大、心室頻拍、心室粗動、心室細動を起こすことがある。そのためQRS幅の異常な増大あるいは期外収縮増加を認めた時は投与を中止する。また、心筋収縮力を低下させ、心不全、血圧下降を起こすことがあるのでこのような場合にも投与を中止する。
    2).SLE様症状:SLE様症状(発熱、紅斑、筋肉痛、関節炎、多発性関節痛、胸部痛、心膜炎、胸水等)が現れることがあるので、観察を十分に行い、このような症状が現れた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
    3).無顆粒球症(初期症状:発熱、咽頭痛、倦怠感等):無顆粒球症が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
    2.その他の副作用:次記の副作用が現れることがあるので、異常が認められた場合には必要に応じ投与を中止するなど適切な処置を行う。
    1).過敏症:(0.1%未満)発熱、悪寒、発疹、好酸球増多等。
    2).消化器:(5%以上又は頻度不明)悪心、嘔吐、食欲不振、下痢。
    3).精神神経系:(5%以上又は頻度不明)頭痛、不眠、幻視、幻聴。
    4).血液:(0.1%未満)白血球減少、血小板減少、貧血等。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    1.刺激伝導障害(房室ブロック、洞房ブロック、脚ブロック等)のある患者[刺激伝導抑制作用により、これらの障害が更に悪化する恐れがある]。
    2.重篤なうっ血性心不全のある患者[不整脈(心室頻拍、心室細動等)が発現又は増悪する恐れが極めて高い]。
    3.モキシフロキサシン塩酸塩投与中、バルデナフィル塩酸塩水和物投与中、アミオダロン塩酸塩<注射剤>投与中、トレミフェンクエン酸塩投与中の患者。
    4.重症筋無力症の患者[筋力低下が亢進する恐れがある]。
    5.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。
    (慎重投与)
    1.うっ血性心不全のある患者。
    2.基礎心疾患(心筋梗塞、弁膜症、心筋症等)のある患者。
    3.低血圧の患者[血圧下降が発現する恐れがある]。
    4.重篤な肝機能障害・重篤な腎機能障害のある患者[血中濃度が持続するので、投与量を減量するか投与間隔をあけて使用する]。
    5.気管支喘息のある患者[症状が悪化する恐れがある]。
    6.高齢者。
    7.血清カリウム低下のある患者[一般的に血清カリウムの低下している状態では催不整脈作用が発現する恐れがある]。
    (重要な基本的注意)
    本剤の投与に際しては、頻回に患者の状態を観察し、心電図、脈拍、血圧、心胸比を定期的に調べ、PQ延長、QRS幅増大、QT延長、徐脈、血圧低下等の異常所見が認められた場合には、直ちに減量又は投与を中止する。特に、次の患者又は場合には、少量から開始するなど投与量に十分注意するとともに、頻回に心電図検査を実施する。
    1.うっ血性心不全のある患者又は基礎心疾患があり心不全(心筋梗塞があり心不全、弁膜症があり心不全、心筋症があり心不全等)を来す恐れのある患者には、少量から開始するなど投与量に十分注意するとともに、頻回に心電図検査を実施する[心室頻拍、心室細動等が発現する恐れが高いので、開始後1〜2週間は入院させる]。
    2.高齢者には、少量から開始するなど投与量に十分注意するとともに、頻回に心電図検査を実施する(入院させて開始することが望ましい)。
    3.他の抗不整脈薬との併用の場合には、少量から開始するなど投与量に十分注意するとともに、頻回に心電図検査を実施する[有効性、安全性が確立していない]。
    (相互作用)
    1.併用禁忌:モキシフロキサシン塩酸塩<アベロックス>、バルデナフィル塩酸塩水和物<レビトラ>、アミオダロン塩酸塩注射剤<アンカロン注>、トレミフェンクエン酸塩<フェアストン>[QT延長、心室性頻拍<Torsades de Pointesを含む>を起こす恐れがある(併用によりQT延長作用が相加的に増加する恐れがある)]。
    2.併用注意:
    1).スニチニブリンゴ酸塩[QT延長、心室性頻拍<Torsades de Pointesを含む>を起こす恐れがある(併用によりQT延長作用が相加的に増加する恐れがある)]。
    2).アミオダロン塩酸塩経口剤[本剤の抗不整脈作用等の心血管作用を増強させる恐れがあるので、本剤の用量を調節する(本剤の代謝を阻害し、又は本剤及び活性代謝物(NAPA:N−アセチルプロカインアミド)の腎クリアランスを低下させ、排泄を遅延させると考えられており、また、併用によりQT延長作用が相加的に増加する恐れがある)]。
    3).β遮断薬[過度の心機能抑制作用が現れることがあるので、用量を調節する(相互に心機能抑制作用を増強すると考えられている)]。
    4).シメチジン[本剤の抗不整脈作用等の心血管作用を増強させる恐れがあるので、本剤の用量を調節する(本剤及び活性代謝物(NAPA:N−アセチルプロカインアミド)の腎クリアランスを低下させ、排泄を遅延させると考えられている)]。
    5).サルファ剤[サルファ剤の抗菌力を減弱させる(本剤は体内で代謝され、微生物の発育因子であるp−アミノ安息香酸を生じ、サルファ剤の抗菌作用と拮抗すると考えられている)]。
    (高齢者への投与)
    高齢者では、肝・腎機能が低下していることが多く、また、体重が少ない傾向があるなど副作用が発現しやすいので慎重に投与する。
    (妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
    1.妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない]。
    2.授乳中の婦人には本剤投与中は授乳を避けさせる[ヒト母乳中に移行することがある]。
    (過量投与)
    1.兆候・症状:本剤の過量投与により、刺激伝導障害(著明なQRS幅増大、QT延長等)、心室細動、心室頻拍、心不全悪化、血圧低下等を引き起こすことがある。
    2.処置等:本剤の過量投与による兆候・症状がみられた場合には、直ちに本剤の投与を中止し、次の処置を考慮する等適切な対症療法を行う;1)胃洗浄、2)体外ペーシングや直流除細動(なお、本剤の血液透析による除去率は約30%と報告されている)。
    (適用上の注意)
    薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)。
    (その他の注意)
    1.本剤により心房細動、心房粗動から洞調律に回復した時、塞栓を起こすことがあるので、その可能性が予測される時(塞栓の既往歴や一過性脳虚血発作等の症状のあるもの)には抗凝固薬の併用が望ましい。
    2.ジギタリスとの併用はさしつかえないが、ジギタリス中毒により房室ブロックが発生した際、本剤の投与を続けることは危険であるから注意を要する。
    (取扱い上の注意)
    本剤の主成分は潮解性を示すので、アルミラップ開封後の保管及び投薬調剤(特に夏季高温多湿時のPTP包装から取り出しての調剤)の場合は、吸湿に注意する。
    (保管上の注意)
    吸湿注意。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:294
    2. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:13
    3. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
    4. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:257
    5. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
    6. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:4
    7. 政策誘導の「はしご」は外されるのが当たり前? 記者の眼 FBシェア数:39
    8. 安定狭心症へのPCI、症状改善に有意差認めず 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎LECTURE FBシェア数:0
    9. 若年男性に生じた発熱と多関節痛、何を疑う? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
    10. インフルエンザウイルスの抗原変異は予測可能 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《Interview》 FBシェア数:3