日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

セファドール錠25mg基本情報

先発品(後発品あり)

一般名:ジフェニドール塩酸塩錠

製薬会社:日本新薬

薬価・規格: 12.5円(25mg1錠) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

薬効分類

内耳循環改善薬(抗めまい薬)詳しく見る

  • 血流改善作用などにより内耳のむくみなどを改善し、メニエール病などのめまいや難聴などの症状を改善する薬
内耳循環改善薬(抗めまい薬)の代表的な商品名
  • イソメニール
  • セファドール
  • メリスロン

効能・効果詳しく見る

  • 内耳障害の眩暈

注意すべき副作用詳しく見る

不安定感動悸口渇浮動感胸やけ顔面熱感食欲不振嘔吐悪心眼調節障害胃痛胃部不快感

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 1回ジフェニドール塩酸塩として25〜50mg、1日3回経口投与する
  • 年齢、症状により適宜増減する

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症
    • 重篤な腎機能障害

副作用

主な副作用

不安定感動悸口渇浮動感胸やけ顔面熱感食欲不振

重大な副作用

悪心胃痛胃部不快感嘔吐眼調節障害傾眠口内違和感蕁麻疹頭重感頭痛発疹腹部不快感

上記以外の副作用

肝機能異常幻覚錯乱散瞳排尿困難

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 過敏症
    • 重篤な腎機能障害
  • 慎重投与
    • 蕁麻疹
    • 前立腺肥大
    • 尿路に閉塞性疾患
    • 薬疹
    • 緑内障
    • 胃腸管に閉塞

患者の属性に応じた注意事項

  • 相対禁止
    • 妊婦・産婦
  • 注意
    • 高齢者

年齢や性別に応じた注意事項

  • 注意
    • 高齢者(65歳〜)

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    内耳障害にもとづく眩暈。

    用法・用量(添付文書全文)

    1回ジフェニドール塩酸塩として25〜50mg、1日3回経口投与する。年齢、症状により適宜増減する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    総症例5,951例中副作用が発現した症例は454例(7.63%)で、口渇(4.45%)、食欲不振(0.43%)、胸やけ(0.42%)等の消化器症状が最も多く、次いで浮動感・不安定感(0.68%)、顔面熱感(0.28%)、動悸(0.26%)等であった(承認時〜1977年4月までの集計)。
    1.精神神経系:(0.1〜5%未満)*浮動感・*不安定感、頭痛・頭重感等、(0.1%未満)*幻覚[*:減量又は投与を中止する]、(頻度不明)錯乱。
    2.皮膚:(0.1〜5%未満)発疹・蕁麻疹等[投与を中止する]。
    3.眼:(0.1〜5%未満)眼調節障害、(0.1%未満)散瞳等[投与を中止する]。
    4.肝臓:(0.1%未満)肝機能異常[AST上昇(GOT上昇)、ALT上昇(GPT上昇)、Al−P上昇等]。
    5.消化器:(0.1〜5%未満)口渇、食欲不振、胃部不快感・腹部不快感、胸やけ、悪心・嘔吐、胃痛等。
    6.その他:(0.1〜5%未満)傾眠、動悸、顔面熱感、口内違和感、(0.1%未満)排尿困難。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    1.重篤な腎機能障害のある患者[本剤の排泄が低下し、蓄積が起こり副作用の発現の恐れがある]。
    2.本剤に過敏症の既往歴のある患者。
    (慎重投与)
    1.緑内障の患者[抗コリン作用により眼圧を上昇させる恐れがある]。
    2.薬疹、蕁麻疹等の既往歴のある患者。
    3.前立腺肥大等尿路に閉塞性疾患のある患者[抗コリン作用により排尿困難を悪化させることがある]。
    4.胃腸管に閉塞のある患者[抗コリン作用により症状を悪化させることがある]。
    (高齢者への投与)
    一般に高齢者では生理機能が低下しているので減量するなど注意する。
    (妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
    妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回る場合にのみ投与する[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない]。
    (適用上の注意)
    薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔を起こして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)。
    (その他の注意)
    制吐作用を有するため、他の薬物(ジギタリス等)の過量投与に基づく中毒、腸閉塞、脳腫瘍等による嘔吐症状を不顕性化することがある。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 32歳男性。全手指の爪症状 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
    2. レセプト査定される糖尿病処方、教えます 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:225
    3. インフルエンザ脳症を疑う3つのポイント インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:150
    4. 今から区分マンション投資?それは自殺行為です Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:117
    5. いつから、何を使って、どれくらい勉強する? 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:76
    6. 「おちんちんが小さいのでは?」と聞かれたら 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:78
    7. 結核病棟からの脱走劇 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:65
    8. 刃物を持ってくる患者の「予兆」を見逃さないで 院内暴力・セクハラSOS FBシェア数:140
    9. 杏林大病院、診療体制維持での働き方改革に挑戦 シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:252
    10. 日本一高いアイスクリームに医療費高騰の片鱗を見る Inside Outside FBシェア数:91
    医師と医学研究者におすすめの英文校正