日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

シェルガン0.5眼粘弾剤基本情報

後発品(加算対象)

一般名:精製ヒアルロン酸ナトリウム・コンドロイチン硫酸エステルナトリウム液

製薬会社:生化学

薬価・規格: 5658.7円(0.5mL1筒) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

効能・効果詳しく見る

  • 眼内レンズ挿入術の手術補助
  • 超音波乳化吸引法による白内障摘出術の手術補助

注意すべき副作用詳しく見る

眼圧上昇

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 超音波乳化吸引法による白内障摘出時には0.1〜0.4mL、眼内レンズ挿入時には0.1〜0.3mLを前房内へ注入する
  • 又、必要に応じて眼内レンズのコーティングに0.1mL使用する

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症
    • 蛋白系薬剤に対し過敏症

副作用

重大な副作用

眼圧上昇

上記以外の副作用

眼内レンズ表面混濁虹彩後癒着炎症反応角膜混濁角膜浮腫かゆみ結膜癒着不全虹彩新生血管嚢胞様黄斑浮腫散瞳水晶体混濁浅前房前房出血疼痛霧視

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 原則禁止
    • 過敏症
    • 蛋白系薬剤に対し過敏症

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    次の一連の眼科手術における手術補助:超音波乳化吸引法による白内障摘出術及び眼内レンズ挿入術。

    用法・用量(添付文書全文)

    超音波乳化吸引法による白内障摘出時には0.1〜0.4mL、眼内レンズ挿入時には0.1〜0.3mLを前房内へ注入する。又、必要に応じて眼内レンズのコーティングに0.1mL使用する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
    1.その他の副作用:次のような副作用が現れた場合には、症状に応じて適切な処置を行う。
    眼:(頻度不明)眼圧上昇[眼圧上昇が現れた場合には、眼圧降下剤を投与する等、適切な処置をとる]、角膜浮腫、角膜混濁。
    2.その他の副作用(類薬)
    類薬(ヒアルロン酸ナトリウム)で、炎症反応、嚢胞様黄斑浮腫、前房出血、虹彩新生血管、虹彩後癒着、結膜癒着不全、水晶体混濁、散瞳、浅前房、疼痛、霧視、かゆみ、眼内レンズ表面混濁が現れたとの報告がある。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (原則禁忌)
    本剤の成分に対し過敏症又は蛋白系薬剤に対し過敏症の既往歴のある患者。
    (重要な基本的注意)
    1.本剤の使用にあたっては、必ず添付のカニューレを使用し、カニューレが完全にシリンジに装着したことを確認してから使用する(装着が完全でないと、使用中にカニューレが外れ重篤な事故が生ずる可能性がある)。
    2.注意深く、ゆっくりと注入する。
    3.過量に注入しない[術後の眼圧上昇の原因となる可能性がある]。
    4.超音波乳化吸引術を行う前に吸引灌流を行い、水晶体と本剤との間に灌流液で満たした空間を作る[空間が不十分なまま超音波乳化吸引を行うとチップの閉塞により、灌流不全となり角膜熱傷を起こすことがある]。
    5.特に手術後は、注意深く眼圧を観察する(もし、眼圧上昇が現れた場合は適切な処置を行う)。
    6.手術後、洗浄により本剤を除去する(但し、本剤は低凝集性のため、高凝集性の類薬に比べて洗浄に時間を要するので慎重に行う)。
    (小児等への投与)
    低出生体重児、新生児、乳児、幼児又は小児に対する安全性は確立していない(使用経験がない)。
    (適用上の注意)
    1.投与経路:血管内へ投与しない。
    2.使用時:
    1).本剤の使用にあたっては、気泡の混入を防ぐため使用方法に十分留意する。
    2).術後は本剤を十分に除去する。
    3.開封後:本剤の開封後の使用は1回限りとし、残液は容器とともに廃棄する。
    (取扱い上の注意)
    1.投与前の注意:
    1).ブリスター包装内は滅菌済みのため、使用直前に開封する。開封後は速やかに使用する。
    2).ブリスター包装が開封していたり、破損している場合、使用しない。
    2.安定性試験:最終包装製品を用いた長期保存試験(25℃、相対湿度60%、2年間)の結果、シェルガン0.5眼粘弾剤は通常の市場流通下において2年間安定であることが確認された。
    (シェルガン0.5眼粘弾剤の使用法)
    正確なセッティングを行うために、次記の順序を必ず守る。
    1.パッケージを開け本体、カニューレを取り出す。
    2.カニューレのキャップを取り外す。
    3.先端のゴム栓をつまみ、一旦強く押し込んでから、ゆっくりねじるようにして取り外す。
    4.しっかり固定されるようカニューレを装着する。本品はカニューレ脱落防止のためにルアーロック式容器を採用している。添付のカニューレのみを使用し、しっかり回して固定する。
    5.カニューレ内の空気を除くため、本剤が先端から出てくるまでプランジャーロッドをゆっくり押す。
    (保管上の注意)
    1〜30℃。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 2018改定で加速! 診療実績ない病院は淘汰へ 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:78
    2. 「おちんちんが小さいのでは?」と聞かれたら 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:29
    3. インフルエンザ発症直後は心筋梗塞が増える NEJM誌から FBシェア数:93
    4. 心血管疾患二次予防のLDL-C目標値は70未満 特集◎生活習慣病 7つの新常識《3》 FBシェア数:70
    5. なぜ医療機関で「残念な上司」が増殖するのか 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:449
    6. 褥瘡治癒の決め手は「亜鉛」にあった リポート◎木を見て森を見ずの褥瘡治療 FBシェア数:616
    7. 脳卒中で逝った大奥の支配者 天璋院篤姫 病と歴史への招待 FBシェア数:2
    8. デイサービスで感じた女子力とは? 病院珍百景 FBシェア数:33
    9. コールドポリペクトミーは抗凝固薬服用中の大腸ポリ… 学会トピック◎第14回日本消化管学会総会学術集会 FBシェア数:45
    10. 『君たちはどう生きるか』と救急受け入れ拒否 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:77
    医師と医学研究者におすすめの英文校正