日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ケトチフェン点眼液0.05%「SW」基本情報

後発品(加算対象)

一般名:ケトチフェンフマル酸塩液

製薬会社:沢井製薬

薬価・規格: 285.8円(3.45mg5mL1瓶) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

薬効分類

抗アレルギー薬(点眼薬)詳しく見る

  • 目におけるアレルギー反応を抑えることで、目のかゆみや充血などのアレルギー症状を抑える薬
抗アレルギー薬(点眼薬)の代表的な商品名
  • アレジオン
  • パタノール
  • リボスチン
  • ケタス
  • リザベン

効能・効果詳しく見る

  • アレルギー性結膜炎

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 1回1〜2滴を1日4回(朝、昼、夕方及び就寝前)点眼する

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症

副作用

副作用

角膜糜爛過敏症眼瞼浮腫眼瞼炎眼刺激感眼瞼皮膚炎眼痛顔面浮腫結膜炎結膜充血口渇羞明頭痛そう痒感眠気発疹霧視眼乾燥眼部腫脹

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 過敏症

患者の属性に応じた注意事項

  • 相対禁止
    • 妊婦・産婦

処方理由

抗アレルギー点眼薬この薬をファーストチョイスする理由(2016年10月更新)もっと見る

  • ・アレルギー性結膜炎、角膜炎の症状の改善において、迅速な効果発現と持続性に優れると感じている。(60歳代病院勤務医、神経内科)
  • ・ザジテンは防腐剤無添加のザジテンUDもあるので、患者さんの要望などに合わせやすい。(30歳代病院勤務医、形成外科)
  • ・アレルギー性結膜炎に使用しているが、特に問題は起こっていない。(50歳代病院勤務医、一般内科)
  • ・比較的副作用もなく、効果も確かと思っています。古い薬ではありますが。(50歳代診療所勤務医、小児科)

抗アレルギー点眼薬この薬をファーストチョイスする理由(2015年5月更新)もっと見る

  • ・広く知られた薬剤であり、使い慣れている。効果もほぼ満足するもので、特にこれといった副作用というものもない。安心して使っている。(60代開業医、一般内科)
  • ・同成分の内服薬があり、内服している患者さんが点眼も希望した場合、同じ成分の薬でありアレルギーなどを心配せず処方できる。(30代病院勤務医、形成外科)
  • ・零細開業医では複数の同効薬使用は経済的に困難。比較的昔からあり、少々刺激性の使用感のあるザジテンを採用している。刺激性のない点眼薬は、頼りないという患者多し。(50代開業医、一般内科)
  • ・使い切りタイプの製剤があるので。(30代診療所勤務医、代謝・内分泌内科)
  • ・OTCになっているため、患者の理解度、受け入れ度が高い気がする。(30代病院勤務医、麻酔科)

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    アレルギー性結膜炎。

    用法・用量(添付文書全文)

    1回1〜2滴を1日4回(朝、昼、夕方及び就寝前)点眼する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
    副作用が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行う。
    1.過敏症:(頻度不明)眼瞼炎、眼瞼皮膚炎、そう痒感、発疹、眼部腫脹、眼瞼浮腫、顔面浮腫。
    2.眼:(頻度不明)結膜充血、眼刺激感、角膜糜爛、眼痛、霧視、眼乾燥、結膜炎、羞明。
    3.その他:(頻度不明)眠気、頭痛、口渇。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。
    (妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
    妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない]。
    (適用上の注意)
    1.投与経路:点眼用にのみ使用する。
    2.投与時:
    1).点眼した時に液が眼瞼皮膚等についた場合は、すぐにふき取るよう指導する。
    2).薬液汚染防止のため、点眼のとき、容器の先端が直接目に触れないように注意するよう指導する。
    3).ベンザルコニウム塩化物によりソフトコンタクトレンズを変色させることがあるので、ソフトコンタクトレンズを装用している場合は、点眼前にレンズを外し、点眼15分以上経過後に再装用する。
    (取扱い上の注意)
    安定性試験:最終包装製品を用いた長期保存試験(室温、3年)の結果、本剤は通常の市場流通下において3年間安定であることが確認された。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 62歳女性。下肢に多発する、浸潤を触れる紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
    2. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:298
    3. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:434
    4. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:779
    5. 「たかが過換気」と侮ってはいけない 酸・塩基・電解質マネジメント FBシェア数:94
    6. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
    7. 来シーズンには新機序の抗インフル薬登場 寄稿◎2017ー18シーズンのインフルエンザ診療の要点《下》 FBシェア数:2
    8. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
    9. 「給料泥棒なの?」 上司の言葉に夜も眠れず 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:90
    10. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:22