日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

HCゾロン点眼液0.5%「日点」基本情報

基本情報

薬効分類

副腎皮質ホルモン(眼科用外用薬)詳しく見る

  • 抗炎症作用や抗アレルギー作用によって眼瞼炎、結膜炎、角膜炎などの炎症性疾患や手術後の眼の炎症などを抑える薬
副腎皮質ホルモン(眼科用外用薬)の代表的な商品名
  • プレドニン
  • オルガドロン
  • サンテゾーン
  • フルメトロン オドメール
  • リンデロン

効能・効果詳しく見る

  • 角膜炎の対症療法
  • 眼瞼炎の対症療法
  • 強膜炎の対症療法
  • 結膜炎の対症療法
  • 術後炎症の対症療法
  • 上強膜炎の対症療法
  • 前眼部ぶどう膜炎の対症療法
  • 外眼部の炎症性疾患の対症療法
  • 前眼部の炎症性疾患の対症療法

注意すべき副作用詳しく見る

緑内障眼圧亢進角膜ヘルペス角膜真菌症緑膿菌感染症角膜穿孔後嚢下白内障過敏症刺激感下垂体・副腎皮質系機能抑制

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 1日数回、1回1〜2滴宛点眼する
    • なお、症状により適宜増減する
  • 使用前によく振り混ぜる

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症
    • 角膜潰瘍
    • 化膿性眼疾患
    • 結核性眼疾患
    • 真菌性眼疾患
    • ウイルス性角膜疾患
    • ウイルス性結膜疾患
  • 患者の属性に応じた注意事項
    • 妊婦・産婦

副作用

主な副作用

過敏症刺激感下垂体・副腎皮質系機能抑制創傷治癒遅延

重大な副作用

緑内障眼圧亢進角膜ヘルペス角膜真菌症緑膿菌感染症角膜穿孔後嚢下白内障

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 過敏症
  • 原則禁止
    • 角膜潰瘍
    • 化膿性眼疾患
    • 結核性眼疾患
    • 真菌性眼疾患
    • ウイルス性角膜疾患
    • ウイルス性結膜疾患

患者の属性に応じた注意事項

  • 禁止
    • 妊婦・産婦
  • 慎重投与
    • 新生児(低出生体重児を含む)
    • 乳児
    • 幼児・小児
  • 注意
    • 高齢者
  • 投与に際する指示
    • 高齢者

年齢や性別に応じた注意事項

  • 慎重投与
    • 2歳未満(0歳〜1歳)
  • 注意
    • 高齢者(65歳〜)
  • 投与に際する指示
    • 高齢者(65歳〜)

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    外眼部及び前眼部の炎症性疾患の対症療法(眼瞼炎、結膜炎、角膜炎、強膜炎、上強膜炎、前眼部ぶどう膜炎、術後炎症の対症療法)。

    用法・用量(添付文書全文)

    1日数回、1回1〜2滴宛点眼する。なお、症状により適宜増減する。使用前によく振り混ぜる。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
    1.重大な副作用(頻度不明)
    眼:
    1).緑内障:連用により、数週後から眼圧亢進、緑内障が現れることがあるので、定期的に眼圧検査を実施する。
    2).角膜ヘルペス、角膜真菌症、緑膿菌感染症:角膜ヘルペス、角膜真菌症、緑膿菌感染症等を誘発することがある。このような場合には、適切な処置を行う。
    3).穿孔:角膜ヘルペス、角膜潰瘍又は角膜外傷等に使用した場合には角膜穿孔を生じることがある。
    4).後嚢下白内障:長期使用により、後嚢下白内障が現れることがある。
    2.その他の副作用:副作用が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行う。
    1).過敏症:(頻度不明)刺激感。
    2).下垂体・副腎皮質系機能(長期連用した場合):(頻度不明)下垂体・副腎皮質系機能抑制。
    3).その他:(頻度不明)創傷治癒遅延。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。
    (原則禁忌)
    1.角膜潰瘍のある患者[本剤の投与により症状が悪化する恐れがある]。
    2.ウイルス性結膜疾患・ウイルス性角膜疾患、結核性眼疾患、真菌性眼疾患又は化膿性眼疾患のある患者[本剤の投与により症状が悪化する恐れがある]。
    (高齢者への投与)
    一般に高齢者では生理機能が低下しているので減量するなど注意する。
    (妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
    妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には長期・頻回投与を避ける[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない]。
    (小児等への投与)
    特に2歳未満の場合には、慎重に投与する[乳児・小児に対する安全性は確立していない]。
    (適用上の注意)
    1.投与経路:点眼用にのみ使用する。
    2.投与時:薬液汚染防止のため、点眼のとき、容器の先端が直接目に触れないように注意するよう指導する。
    (保管上の注意)
    気密容器、遮光。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 眼科専攻医登録数、愛知県の人数はなぜ突然変わった… ニュース追跡◎専門医機構の内部資料から見えてきたこと FBシェア数:43
    2. 腎機能を確認せずに造影CTを行うのは罪? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:86
    3. 1歳男児。躯幹の小丘疹と手掌・足底の水疱 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
    4. 手術で体重3割減、合併する糖尿病も高率で寛解 トレンド◎肥満外科治療が日本でも普及の兆し FBシェア数:156
    5. 76歳女性。動悸、ふらつき 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
    6. スタチンだけで下げられないリスクを減らすか? トレンド◎フィブラート系薬に20数年ぶりの新薬ペマフィブラート登場 FBシェア数:15
    7. 尿閉を生じた高齢患者で想起すべき疾患は? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:36
    8. 糖尿病による合併症、忘れてはいけない認知症 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:29
    9. 見えにくい静脈への穿刺を助ける新兵器 リポート【動画付き】◎血管可視化装置の使い勝手は? FBシェア数:96
    10. 「腹膜透析は使えない」は過去のもの 日本透析医学会理事長の中元秀友氏に聞く FBシェア数:13
    医師と医学研究者におすすめの英文校正