日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

リュウアト1%眼軟膏基本情報

一般名:アトロピン硫酸塩水和物軟膏

製薬会社:参天製薬

薬価・規格: 50.4円(1%1g) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

効能・効果詳しく見る

  • 散瞳
  • 調節麻痺

注意すべき副作用詳しく見る

全身症状過敏症アレルギー性結膜炎眼瞼結膜炎続発性緑内障眼圧上昇血圧上昇心悸亢進幻覚痙攣

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • アトロピン硫酸塩水和物として、1%眼軟膏を1日1〜3回、適量を結膜嚢に塗布する

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 前房が浅い
    • 緑内障
    • 狭隅角
    • 眼圧上昇素因

副作用

主な副作用

全身症状過敏症アレルギー性結膜炎眼瞼結膜炎続発性緑内障眼圧上昇血圧上昇心悸亢進幻覚痙攣興奮

上記以外の副作用

悪心嘔吐口渇便秘顔面潮紅頭痛発熱

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 前房が浅い
    • 緑内障
    • 狭隅角
    • 眼圧上昇素因

患者の属性に応じた注意事項

  • 慎重投与
    • 幼児・小児
  • 注意
    • 幼児・小児
    • 高齢者
  • 投与に際する指示
    • 幼児・小児

年齢や性別に応じた注意事項

  • 慎重投与
    • 小児(0歳〜14歳)
  • 注意
    • 幼児(0歳〜6歳)
    • 小児(0歳〜14歳)
    • 高齢者(65歳〜)
  • 投与に際する指示
    • 幼児(0歳〜6歳)
    • 小児(0歳〜14歳)

相互作用

薬剤との相互作用

薬剤名 影響
抗コリン作用を有する薬剤 循環器系・精神神経系等の全身性の副作用
三環系抗うつ剤 循環器系・精神神経系等の全身性の副作用
四環系抗うつ剤 循環器系・精神神経系等の全身性の副作用
フェノチアジン系薬剤 循環器系・精神神経系等の全身性の副作用
抗ヒスタミン剤 循環器系・精神神経系等の全身性の副作用

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    診断又は治療を目的とする散瞳と調節麻痺。

    用法・用量(添付文書全文)

    アトロピン硫酸塩水和物として、1%眼軟膏を1日1〜3回、適量を結膜嚢に塗布する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
    副作用が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行う。
    全身症状が現れた場合には投与を中止する。
    1.過敏症:(頻度不明)アレルギー性結膜炎、眼瞼結膜炎。
    2.眼:(頻度不明)続発性緑内障、眼圧上昇。
    3.循環器:(頻度不明)血圧上昇、心悸亢進。
    4.精神神経系:(頻度不明)幻覚、痙攣、興奮。
    5.消化器:(頻度不明)悪心・嘔吐、口渇、便秘。
    6.その他:(頻度不明)顔面潮紅、頭痛、発熱。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    緑内障及び狭隅角や前房が浅いなどの眼圧上昇素因のある患者[急性閉塞隅角緑内障発作を起こす恐れがある]。
    (慎重投与)
    小児。
    (重要な基本的注意)
    散瞳又は調節麻痺が起こるので、本剤投与中の患者には、散瞳又は調節麻痺が回復するまで自動車の運転等危険を伴う機械の操作に従事させないよう注意する。また、サングラスを着用する等太陽光や強い光を直接見ないように指導する。
    (相互作用)
    併用注意:抗コリン作用を有する薬剤(三環系抗うつ剤及び四環系抗うつ剤、フェノチアジン系薬剤、抗ヒスタミン剤等)[循環器系・精神神経系等の全身性の副作用が現れる恐れがある(相加的に作用(抗コリン作用)を増強させる)]。
    (高齢者への投与)
    一般に高齢者では生理機能が低下しているので注意する。
    (小児等への投与)
    全身の副作用が起こりやすいので、幼児・小児には0.25%液を投与することが望ましい。
    (適用上の注意)
    1.投与経路:点眼用にのみ使用する。
    2.投与時:
    1).点眼に際しては患者は原則として仰臥位をとり患眼を開瞼させ、結膜嚢内に点眼し、1〜5分間閉瞼し、涙嚢部を圧迫させた後開瞼する。
    2).点眼後結膜嚢からあふれ出たものは拭きとるよう指導する。
    (その他の注意)
    長期にわたり散瞳していると虹彩が癒着するとの報告がある。
    (取扱い上の注意)
    安定性試験:最終包装製品を用いた長期保存試験(室温、3年間)の結果、外観及び含量等は規格の範囲内であり、本剤は通常の市場流通下において3年間安定であることが確認された。
    (保管上の注意)
    気密容器。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. エリートサラリーマンが子どもに私立医学部を勧める… 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:28
    2. 主訴「僕、麻疹かもしれない」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:88
    3. 某球団の熱烈ファンを狙った医師採用戦略 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:121
    4. 「オギノ式」を生んだ荻野久作夫妻の絆 病と歴史への招待 FBシェア数:3
    5. OSA患者のCPAP使用は性生活の質を改善する JAMA Otolaryngol Head Neck Surg誌から FBシェア数:10
    6. 探してます。自然な理由を 病院珍百景 FBシェア数:15
    7. 高齢者の結核に要注意、フレイルは治療のリスク 学会トピック◎第60回日本老年医学会学術集会 FBシェア数:39
    8. 麻疹で困っている、知りたい、気になることは? ソーシャルネットワークでAMRに挑む FBシェア数:13
    9. ムコイド型耐性肺炎球菌に新たな耐性菌が 学会トピック◎第92回日本感染症学会・第66回日本化学療法学会 FBシェア数:20
    10. どうして今さら訪問看護!? ぐるぐる訪問看護 FBシェア数:42
    医師と医学研究者におすすめの英文校正