日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

コスパノンカプセル40mg基本情報

先発品(後発品なし)

一般名:フロプロピオンカプセル

製薬会社:エーザイ

薬価・規格: 9円(40mg1カプセル) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

効能・効果詳しく見る

  • 肝胆道疾患の鎮痙
  • 膵疾患の鎮痙
  • 膵炎の鎮痙
  • 胆管炎の鎮痙
  • 胆石症の鎮痙
  • 胆嚢炎の鎮痙
  • 胆嚢剔出後遺症の鎮痙
  • 尿路結石の鎮痙
  • 胆道ジスキネジーの鎮痙

注意すべき副作用詳しく見る

嘔気悪心発疹腹部膨満感過敏症

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • フロプロピオンとして1回40〜80mgを1日3回経口投与する

副作用

重大な副作用

悪心嘔気過敏症発疹腹部膨満感胸やけ

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 慎重投与
    • 過敏症

患者の属性に応じた注意事項

  • 注意
    • 高齢者

年齢や性別に応じた注意事項

  • 注意
    • 高齢者(65歳〜)

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    次記の疾患に伴う鎮痙効果:肝胆道疾患(胆道ジスキネジー、胆石症、胆嚢炎、胆管炎、胆嚢剔出後遺症)、膵疾患(膵炎)、尿路結石。

    用法・用量(添付文書全文)

    フロプロピオンとして1回40〜80mgを1日3回経口投与する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    総症例4,273例中、194例(4.54%)の副作用が報告されている(副作用発現頻度調査終了時)。
    1.消化器:(0.1〜5%未満)悪心・嘔気、胸やけ、腹部膨満感。
    2.過敏症:(0.1〜5%未満)発疹[このような症状が現れたときには投与を中止する]。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (慎重投与)
    本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。
    (高齢者への投与)
    一般に高齢者では生理機能が低下しているので減量するなど注意する。
    (妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
    妊娠中の投与に関する安全性は確立していない(使用経験がない)。
    (小児等への投与)
    小児に対する安全性は確立していない(使用経験が少ない)。
    (適用上の注意)
    薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜に刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)。
    (保管上の注意)
    PTP包装はアルミ袋開封後、バラ包装は開栓後防湿(カプセル内容物が変色することがある)。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 非医師がタトゥーを彫るのは医師法違反か 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:23
    2. ここまで分かった! 2018診療報酬改定の中味 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:17
    3. 牛乳アレルギーの急速経口免疫療法で低酸素脳症 神奈川県立こども医療センターが事例報告 FBシェア数:165
    4. 抗認知症薬の使用・選択の5つの考え方 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:78
    5. 酒を飲んで仕事!? 待機中の飲酒はアリなのか 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:176
    6. 「早期診断が重要」って本当にできるの? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:9
    7. 昭和大学病院の「働き方改革」は成功するか シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:399
    8. いま書いてるの、もしかして「偽」の診断書? 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:39
    9. 「モルヒネだけは飲みたくない」への対応法 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:19
    10. 人生の最期は「眠って過ごしたい」と言われたら Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:182