日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

トリプタノール錠10基本情報

一般名:アミトリプチリン塩酸塩錠

製薬会社:日医工

薬価・規格: 9.6円(10mg1錠) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

薬効分類

三環系抗うつ薬(第一世代)詳しく見る

  • ノルアドレナリンやセロトニンといった脳内の神経伝達を改善し、意欲を高め、憂鬱な気分などを改善する薬
三環系抗うつ薬(第一世代)の代表的な商品名
  • アナフラニール
  • トフラニール イミドール
  • トリプタノール

効能・効果詳しく見る

  • 夜尿症
  • 末梢性神経障害性疼痛
  • うつ状態
  • うつ病

注意すべき副作用詳しく見る

口渇嘔吐悪心振戦発汗眠気頻脈パーキンソン症状下痢便秘焦燥眩暈食欲不振意識障害痙攣運動失調過敏症

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 1.うつ病・うつ状態:アミトリプチリン塩酸塩として、1日30〜75mgを初期用量とし、1日150mgまで漸増し、分割経口投与する
  • まれに300mgまで増量することもある
    • なお、年齢、症状により適宜減量する
  • 2.夜尿症:アミトリプチリン塩酸塩として、1日10〜30mgを就寝前に経口投与する
    • なお、年齢、症状により適宜減量する
  • 3.末梢性神経障害性疼痛:アミトリプチリン塩酸塩として、1日10mgを初期用量とし、その後、年齢、症状により適宜増減するが、1日150mgを超えない

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症
    • 心筋梗塞の回復初期
    • 尿閉
    • 緑内障
    • 前立腺疾患
    • モノアミン酸化酵素阻害剤投与中
    • モノアミン酸化酵素阻害剤投与中止後2週間以内

副作用

主な副作用

口渇嘔吐悪心振戦発汗眠気頻脈パーキンソン症状下痢便秘焦燥眩暈食欲不振

重大な副作用

意識障害運動失調過敏症痙攣血圧低下下痢倦怠感口渇抗利尿ホルモン不適合分泌症候群四肢知覚異常視調節障害焦燥食欲不振心筋梗塞頭痛譫妄腸管麻痺排尿困難発疹発熱不安不随意運動ふらつき便秘麻痺性イレウスセロトニン症候群

上記以外の副作用

著しい便秘嚥下困難黄疸肝機能障害眼内圧亢進急性腎不全ミオクロヌス血圧上昇血圧変動幻覚倦怠感構音障害高熱が持続興奮呼吸困難骨髄抑制錯乱重篤な血液障害循環虚脱腎機能低下心ブロック心発作蕁麻疹頭痛精神錯乱体重増加高張尿脱水症状低浸透圧血症低ナトリウム血症動悸尿中ナトリウム排泄量増加尿閉排尿困難白血球減少白血球増加反射亢進腹部膨満不整脈不眠ふらつきミオグロビン尿味覚異常無顆粒球症無動緘黙口周部不随意運動腹部弛緩悪性症候群顔浮腫舌部浮腫強度筋強剛腸内容物うっ滞

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 過敏症
    • 心筋梗塞の回復初期
    • 尿閉
    • 緑内障
    • 前立腺疾患
    • モノアミン酸化酵素阻害剤投与中
    • モノアミン酸化酵素阻害剤投与中止後2週間以内
  • 慎重投与
    • 眼内圧亢進
    • 狭心症
    • 痙攣性疾患
    • 甲状腺機能亢進症
    • 自殺企図
    • 刺激伝導障害
    • 自殺念慮
    • 心筋梗塞
    • 心疾患
    • 心不全
    • てんかん
    • 排尿困難
    • 発作性頻拍
    • 不整脈
    • 脳器質障害
    • 統合失調症素因
    • 衝動性が高い併存障害
    • 躁うつ病

患者の属性に応じた注意事項

  • 相対禁止
    • 妊婦・産婦
  • 希望禁止
    • 幼児・乳児
  • 慎重投与
    • 幼児・乳児
    • 高齢者
  • 注意
    • 新生児(低出生体重児を含む)
    • 乳児
    • 幼児・乳児

年齢や性別に応じた注意事項

  • 希望禁止
    • うつ病
  • 慎重投与
    • 高齢者(65歳〜)
    • 小児(0歳〜14歳)
  • 注意
    • 24歳以下(0歳〜24歳)
    • 50歳以上(50歳〜)

相互作用

飲食物との相互作用

  • アルコールを含むもの<ジン、ウオッカ、ラム、ウイスキー、ブランデー など>
  • セントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ)を含むもの

処方理由

三環系抗うつ薬この薬をファーストチョイスする理由(2017年8月更新)もっと見る

  • ・抗うつ効果は群を抜いていると思う。SSRIがかすむ程に。(40歳代病院勤務医、精神科)
  • ・口渇・便秘・立ちくらみなどの副作用はあるが、いざという時のために頭の隅にある。以前はアナフラニールを点滴投与で使ったが、他院で薬剤による不整脈で問題があったのを聞いてからは使わないようにしている。(60歳代病院勤務医、精神科)
  • ・妄想性うつ病にはアモキサン、意欲低下にはノリトレンを使っていましたが、最近は新患を診る機会が減り、これらを使用することがなくなりました。今は疼痛治療にも使えるトリプタノールがこの種の薬剤の中では処方頻度が高くなりました。(60歳代病院勤務医、精神科)
  • ・本来の目的ではなく、睡眠の増強や不安焦燥の軽減薬として重宝しております。処方量はごくわずかですみます。新しい薬剤に捕らわれすぎの昨今ですが、この薬剤をもっとうまく使っていく掘り起こしをするべきです。(50歳代開業医、精神科)
  • ・SSRI、SNRI、NaSSA無効時の効果の高さ、疼痛抑制効果。しかし便秘・口渇等の副作用は多い。(50歳代病院勤務医、精神科)
  • ・神経障害性疼痛に有効なので使用することが多い。(40歳代病院勤務医、神経内科)
  • ・帯状疱疹後神経痛に時々使用し有効性を感じている。(50歳代診療所勤務医、皮膚科)
  • ・内科なのであまり積極的に三環系抗うつ薬を使うことはないのですが、頭痛予防効果を狙ってアミトリプチリンの処方を考慮することがあります。(40歳代診療所勤務医、循環器内科)
  • ・片頭痛予防薬、末梢神経障害性疼痛治療薬として用いているが、エビデンスほど効果を感じにくい印象がある。(30歳代病院勤務医、一般内科)
  • ・夜尿や特殊なADHDで治療の選択肢となる。(40歳代病院勤務医、小児科)
  • ・痛みの治療、夜間頻尿に使用しています。入眠障害がある人が多いので、アミトリプチリンを少量で使用して、漸増しています。(60歳代病院勤務医、麻酔科)
  • ・緊張型頭痛で症状がしつこい場合、神経障害性疼痛に効果があるので使用しています。ただし、抗コリン作用が強めなので、高齢者には使用しづらいと感じています。(40歳代病院勤務医、神経内科)

三環系抗うつ薬この薬をファーストチョイスする理由(2015年11月更新)もっと見る

  • ・抑うつ症状の改善のみならず、焦燥感の改善も期待できるから。(40代勤務医、精神科)
  • ・セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)のリフレックスやレメロンと効果が似ている。不眠を改善し、抗うつ効果も強い。副作用も見られるが、少量投与なら大きな障害にはならない。睡眠薬を併用するより断然勝っている。リフレックスなどより安価なのでよく使用している。(60代開業医、精神科)
  • ・エビデンスが多い、副作用が分かっている、基本薬である。選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)ではアクティベートからの事故を起こす恐れがあるので、非専門医としてはクラシックな三環系を選んでいる。(60代開業医、循環器内科)
  • ・三環系抗うつ薬の代表薬であり、うつ(病)はもとより慢性疼痛、片頭痛や難治性腰痛にも有効性が期待されるから。(50代勤務医、神経内科)
  • ・アモキサンとほぼ同じぐらい使用するが、やはり使い慣れているのでトリプタノールを処方する。うつ病に対してというよりは、慢性疼痛などへの処方がほとんど。救急外来で大量服薬に困った経験があるため、多くは処方しない。(30代勤務医、総合診療科)
  • ・癌性疼痛の鎮痛補助薬として使用しやすい。(40代勤務医、呼吸器内科)
  • ・皮膚科なので、帯状疱疹後神経痛のひどい方に処方する場合がありますが、効果的だと思います。(30代勤務医、皮膚科)
  • ・抗うつ作用を期待して処方することは、あまりないです。中高年女性に多い舌の痛みに、まず少量試してみるといった具合です。うつ病には、一般内科でハンドルできるレベルであればSNRIを出しています。(40代診療所勤務医、一般内科)
  • ・通常のうつ病に使うことは少ない。緊張性頭痛の中年以降の人で、ストレスを強く感じている人に、5mgの投与で頭部の締め付け感が消失することがあり、他の筋弛緩剤などと併用することもよくあります。(50代開業医、総合診療科)

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    精神科領域におけるうつ病・うつ状態、夜尿症、末梢性神経障害性疼痛。
    <効能・効果に関連する使用上の注意>
    1.抗うつ剤の投与により、24歳以下の患者で、自殺念慮、自殺企図のリスクが増加するとの報告があるため、本剤の投与にあたっては、リスクとベネフィットを考慮する。
    2.末梢性神経障害性疼痛に対して本剤を投与する場合は、自殺念慮、自殺企図、敵意、攻撃性等の精神症状の発現リスクを考慮し、本剤の投与の適否を慎重に判断する。

    用法・用量(添付文書全文)

    1.うつ病・うつ状態:アミトリプチリン塩酸塩として、1日30〜75mgを初期用量とし、1日150mgまで漸増し、分割経口投与する。まれに300mgまで増量することもある。なお、年齢、症状により適宜減量する。
    2.夜尿症:アミトリプチリン塩酸塩として、1日10〜30mgを就寝前に経口投与する。なお、年齢、症状により適宜減量する。
    3.末梢性神経障害性疼痛:アミトリプチリン塩酸塩として、1日10mgを初期用量とし、その後、年齢、症状により適宜増減するが、1日150mgを超えない。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    再評価結果:総症例1,962例中副作用を集計した結果、主なものは口渇195件(9.94%)、眠気165件(8.41%)、振戦等のパーキンソン症状48件(2.45%)、眩暈35件(1.78%)であった。
    1.重大な副作用:次のような副作用が現れることがあるので、症状が現れた場合には、投与を中止し、適切な処置を行う。
    1).悪性症候群(Syndrome malin)(頻度不明):無動緘黙、強度筋強剛、嚥下困難、頻脈、血圧変動、発汗等が発現し、それに引き続き発熱がみられる場合は、投与を中止し、体冷却、水分補給等の全身管理とともに適切な処置を行う(本症発症時には、白血球増加や血清CK上昇(血清CPK上昇)がみられることが多く、またミオグロビン尿を伴う腎機能低下がみられることがある)、なお、高熱が持続し、意識障害、呼吸困難、循環虚脱、脱水症状、急性腎不全へと移行し、死亡した例が報告されている。
    2).セロトニン症候群(頻度不明):不安、焦燥、譫妄、興奮、発熱、発汗、頻脈、振戦、ミオクロヌス、反射亢進、下痢等を主症状とするセロトニン症候群が現れることがあるので、これらの症状が現れた場合には投与を中止し、水分の補給等の全身管理とともに適切な処置を行う。
    3).心筋梗塞(頻度不明):心筋梗塞が現れることがあるので、症状が現れた場合には、直ちに投与を中止し適切な処置を行う。
    4).幻覚、譫妄、精神錯乱、痙攣(いずれも頻度不明):このような症状が現れた場合には減量又は休薬等の適切な処置を行う。
    5).顔・舌部の浮腫(0.1%未満):顔浮腫・舌部浮腫が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行う。
    6).無顆粒球症、骨髄抑制(いずれも頻度不明):重篤な血液障害が現れることがあるので、定期的に検査を実施するなど観察を十分に行う。
    7).麻痺性イレウス(頻度不明):腸管麻痺(食欲不振、悪心・嘔吐、著しい便秘、腹部膨満あるいは腹部弛緩及び腸内容物うっ滞等の症状)を来し、麻痺性イレウスに移行することがあるので、腸管麻痺が現れた場合には投与を中止する。なお、この悪心・嘔吐は、本剤の制吐作用により不顕性化することもあるので注意する。
    8).抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)(頻度不明):低ナトリウム血症、低浸透圧血症、尿中ナトリウム排泄量増加、高張尿、痙攣、意識障害等を伴う抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)が現れることがあるので、このような場合には投与を中止し、水分摂取の制限等適切な処置を行う。
    2.その他の副作用:次のような症状又は異常が現れた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行う。
    1).循環器:(頻度不明)血圧上昇、動悸、不整脈、心発作、心ブロック、(0.1〜5%未満)血圧低下、頻脈。
    2).精神神経系:(5%以上)眠気、(頻度不明)不眠、不安、*口周部不随意運動等の*不随意運動(*:長期投与時)、(0.1〜5%未満)振戦等のパーキンソン症状、運動失調、四肢知覚異常、焦燥、(0.1%未満)構音障害。
    3).過敏症:(0.1〜5%未満)発疹、(0.1%未満)蕁麻疹。
    4).血液:(頻度不明)白血球減少。
    5).肝臓:(頻度不明)肝機能障害、AST上昇(GOT上昇)、ALT上昇(GPT上昇)、(0.1%未満)黄疸。
    6).消化器:(5%以上)口渇、(0.1〜5%未満)悪心・嘔吐、食欲不振、下痢、便秘、(0.1%未満)味覚異常。
    7).泌尿器:(頻度不明)尿閉、(0.1〜5%未満)排尿困難。
    8).その他:(頻度不明)体重増加、(0.1〜5%未満)ふらつき、頭痛、眩暈、倦怠感、発汗、視調節障害、(0.1%未満)眼内圧亢進。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    1.緑内障のある患者[抗コリン作用を有するため、緑内障が悪化する恐れがある]。
    2.三環系抗うつ剤に対し過敏症の患者。
    3.心筋梗塞の回復初期の患者[循環器系に影響を及ぼすことがあり、心筋梗塞が悪化する恐れがある]。
    4.尿閉(前立腺疾患等)のある患者[抗コリン作用を有するため、症状が悪化する恐れがある]。
    5.モノアミン酸化酵素阻害剤投与中(セレギリン)あるいはモノアミン酸化酵素阻害剤投与中止後2週間以内の患者。
    (慎重投与)
    1.排尿困難のある患者[抗コリン作用を有するため、症状が悪化する恐れがある]。
    2.眼内圧亢進のある患者[抗コリン作用を有するため、症状が悪化する恐れがある]。
    3.心不全・心筋梗塞・狭心症・不整脈(発作性頻拍・刺激伝導障害等)等の心疾患のある患者[循環器系に影響を及ぼすことがあり、これらの症状が悪化する恐れがある]。
    4.甲状腺機能亢進症の患者[循環器系に影響を及ぼすことがある]。
    5.てんかん等の痙攣性疾患又はこれらの既往歴のある患者[痙攣を起こすことがある]。
    6.躁うつ病患者[躁転、自殺企図が現れることがある]。
    7.脳器質障害又は統合失調症素因のある患者[精神症状を増悪させることがある]。
    8.衝動性が高い併存障害を有する患者[精神症状を増悪させることがある]。
    9.自殺念慮又は自殺企図の既往のある患者、自殺念慮のある患者[自殺念慮、自殺企図が現れることがある]。
    10.小児。
    11.高齢者。
    (重要な基本的注意)
    1.眠気、注意力・集中力・反射運動能力等の低下が起こることがあるので、本剤投与中の患者には、自動車の運転等危険を伴う機械の操作に従事させないよう注意する。
    2.うつ症状を呈する患者は希死念慮があり、自殺企図の恐れがあるので、このような患者は投与開始早期ならびに投与量を変更する際には患者の状態及び病態の変化を注意深く観察する。
    3.不安、焦燥、興奮、パニック発作、不眠、易刺激性、敵意、攻撃性、衝動性、アカシジア/精神運動不穏、軽躁、躁病等が現れることが報告されている。また、因果関係は明らかではないが、これらの症状・行動を来した症例において、基礎疾患の悪化又は自殺念慮、自殺企図、他害行為が報告されているので、患者の状態及び病態の変化を注意深く観察するとともに、不安増悪、焦燥増悪、興奮増悪、パニック発作増悪、不眠増悪、易刺激性増悪、敵意増悪、攻撃性増悪、衝動性増悪、アカシジア増悪/精神運動不穏増悪、軽躁増悪、躁病増悪等が観察された場合には、服薬量を増量せず、徐々に減量し、中止するなど適切な処置を行う。
    4.自殺目的での過量服用を防ぐため、自殺傾向が認められる患者に処方する場合には、1回分の処方日数を最小限にとどめる。
    5.家族等に自殺念慮や自殺企図、興奮、攻撃性、易刺激性等の行動の変化及び基礎疾患悪化が現れるリスク等について十分説明を行い、医師と緊密に連絡を取り合うよう指導する。
    6.投与量の急激な減少ないし投与の中止により、嘔気、頭痛、倦怠感、易刺激性、情動不安、睡眠障害等の離脱症状が現れることがあるので、投与を中止する場合には、徐々に減量するなど慎重に行う。
    7.本剤による末梢性神経障害性疼痛の治療は原因療法ではなく対症療法であることから、疼痛の原因となる疾患の診断及び治療を併せて行い、本剤を漫然と投与しない。
    (相互作用)
    本剤は、主に肝代謝酵素チトクロームP450・2D6(CYP2D6)により代謝される。また、CYP3A4、CYP2C19及びCYP1A2によっても代謝されることが示されている。
    1.併用禁忌:モノアミン酸化酵素阻害剤(セレギリン<エフピー>)[発汗、不穏、全身痙攣、異常高熱、昏睡等が現れることがあるので、モノアミン酸化酵素阻害剤の投与を受けた患者に本剤を投与する場合には、少なくとも2週間の間隔をおき、また本剤からモノアミン酸化酵素阻害剤に切り替えるときには、2〜3日間の間隔をおくことが望ましい(モノアミン酸化酵素阻害剤は本剤の代謝を阻害し、また、本剤は活性アミンのシナプス内への取り込みを阻害する)]。
    2.併用注意:
    1).アルコール[本剤の作用が増強されることがある(アルコールが肝での本剤の代謝を阻害し、血中濃度が上昇すると考えられる)]。
    2).抗コリン作動薬(ブチルスコポラミン臭化物)[本剤の作用が増強されることがある(併用によって受容体部位での抗コリン作用が相加される)]。
    3).コリン作動薬(ピロカルピン塩酸塩)[本剤がこれらの薬剤の作用を減弱することがある(本剤がこれらの薬剤の作用に拮抗すると考えられる)]。
    4).アドレナリン作動薬(アドレナリン、ノルアドレナリン)[アドレナリン作動薬の作用が増強されることがある(三環系抗うつ剤は交感神経末梢へのノルアドレナリンの取り込みを抑制し、受容体のアドレナリン作動性を上昇させ、作用を増強させることがある)]。
    5).中枢神経抑制剤:
    (1).中枢神経抑制剤(バルビツール酸誘導体)[本剤の治療量において本剤の血中濃度が減少することがある(本剤の治療量において、本剤の肝での代謝が増加することがある)]。
    (2).中枢神経抑制剤(バルビツール酸誘導体)[本剤の中毒量において本剤の作用が増強されることがある(本剤の中毒量における有害作用を増強することがある)]。
    6).降圧剤(グアネチジン硫酸塩、硫酸ベタニジン)[降圧剤の作用を減弱することがある(本剤はアドレナリン作動性神経末でのグアネチジンの取り込みを阻害し、降圧作用を減弱させると考えられている)]。
    7).スルファメトキサゾール・トリメトプリム[本剤の作用を減弱する恐れがある(機序不明)]。
    8).カリウム製剤<徐放性>、カリウム製剤<腸溶剤>[カリウム製剤の消化管粘膜刺激が現れやすい(本剤の抗コリン作用により消化管運動が抑制される)]。
    9).クマリン系抗凝血剤(ワルファリンカリウム)[抗凝血作用を増強する恐れがある(ワルファリンの肝での代謝が阻害されると考えられている)]。
    10).トラマドール塩酸塩[痙攣発作の危険性が増大するとの報告がある(機序不明)]。
    11).血糖降下剤(インスリン、経口血糖降下剤)[これらの薬剤の血糖降下作用を増強することがある(機序は不明であるが、他の三環系抗うつ剤でインスリン感受性を増強する等の報告がある)]。
    12).バルプロ酸ナトリウム[本剤の作用が増強されることがある(本剤の血中濃度が上昇することがある)]。
    13).CYP3A4誘導作用を有する薬剤等(カルバマゼピン、フェニトイン、セイヨウオトギリソウ<セント・ジョーンズ・ワート>含有食品(St.John’s Wort))[本剤の作用を減弱する恐れがある(本剤の血中濃度を減少させると考えられる)]。
    14).CYP3A4阻害作用を有する薬剤(リトナビル、ホスアンプレナビル)[本剤の作用を増強する恐れがある(本剤の血中濃度を増加させると考えられる)]。
    15).CYP2D6阻害作用を有する薬剤(選択的セロトニン再取り込み阻害剤(フルボキサミン、パロキセチン)、抗不整脈剤(キニジン、プロパフェノン、フレカイニド)、シメチジン、フェノチアジン系製剤)[本剤の作用を増強する恐れがある(本剤の血中濃度を増加させると考えられる)]。
    (高齢者への投与)
    高齢者では、起立性低血圧、ふらつき、抗コリン作用による口渇、排尿困難、便秘、眼内圧亢進等が現れやすいので、少量から投与を開始するなど患者の状態を観察しながら慎重に投与する。
    (妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
    1.妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[三環系抗うつ剤には動物実験で催奇形作用が報告されているものがある]。
    2.本剤投与中は授乳を中止させる[ヒト母乳中へ移行することが報告されている]。
    (小児等への投与)
    小児等に対するうつ病治療の使用経験は少ないので、投与しないことが望ましい。
    (過量投与)
    1.過量投与時の徴候・症状:嗜眠、昏迷、幻視、錯乱、激越、痙攣、筋硬直、反射亢進等の中枢神経症状や重篤な低血圧、頻脈、不整脈、QT延長、伝導障害、心不全等の循環器症状並びに呼吸抑制、低体温、異常高熱、嘔吐、散瞳等が現れる。
    2.過量投与時の処置:特異的解毒剤はないので、対症療法かつ補助療法を行う。本剤を過量に服用した場合は、催吐並びに胃洗浄を行う(胃洗浄後、活性炭を投与してもよい)、気道を確保し、補液を十分に行い体温を調節し、また、心電図検査を行い、異常が認められた場合には少なくとも5日間は心機能を十分に観察することが望ましい。過量投与時の全身痙攣の管理には、ジアゼパム静注又は他の抗痙攣剤を投与する(但し、これらの薬剤による呼吸抑制、低血圧、昏睡の増悪に注意する)。
    (適用上の注意)
    薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔を起こして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)。
    (その他の注意)
    1.海外で実施された大うつ病性障害等の精神疾患を有する患者を対象とした、本剤を含む複数の抗うつ剤の短期プラセボ対照臨床試験の検討結果において、24歳以下の患者では、自殺念慮や自殺企図の発現のリスクが抗うつ剤投与群でプラセボ群と比較して高かった。なお、25歳以上の患者における自殺念慮や自殺企図の発現のリスクの上昇は認められず、65歳以上においてはそのリスクが減少した。
    2.主に50歳以上を対象に実施された海外の疫学調査において、選択的セロトニン再取り込み阻害剤及び三環系抗うつ剤を含む抗うつ剤を投与された患者で、骨折のリスクが上昇したとの報告がある。
    (保管上の注意)
    気密容器、遮光。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:128
    2. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
    3. 62歳女性。下肢に多発する、浸潤を触れる紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
    4. 意外と難しい運動誘発性喘息の診断 あなたの知らないスポーツ内科の世界 FBシェア数:35
    5. 卵アレルギーは「微量のゆで卵」で防ぐ リポート◎学会が提言、アトピー乳児は早期から卵摂取を FBシェア数:136
    6. 若年男性に生じた発熱と多関節痛、何を疑う? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
    7. 外国人診療で増えつつある「母国の親戚」問題 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:27
    8. 鳥インフルエンザ(H7N9)のヒト化が進む 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《4》 FBシェア数:6
    9. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:1
    10. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:466