日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

デュオドーパ配合経腸用液基本情報

先発品(後発品なし)

一般名:レボドパ・カルビドパ水和物液

製薬会社:アッヴィ

薬価・規格: 15004.3円(100mL1カセット) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

薬効分類

レボドパ製剤(パーキンソン病治療薬)詳しく見る

  • 脳内に移行しドパミンへ変化し、パーキンソン病における手足の震えや筋肉のこわばりなどを改善する薬
レボドパ製剤(パーキンソン病治療薬)の代表的な商品名
  • ネオドパストン,メネシット
  • イーシー・ドパール,ネオドパゾール,マドパー
  • スタレボ
  • デュオドーパ配合経腸用

効能・効果詳しく見る

  • パーキンソン病のwearing−off現象の改善
  • パーキンソン病の症状の日内変動の改善

注意すべき副作用詳しく見る

切開部位痛過剰肉芽組織術後疼痛切開部位紅斑ジスキネジー頭痛腹痛便秘口腔咽頭痛腹部不快感

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 本剤投与前の経口レボドパ量に応じて初回投与量を決定し、朝の投与及び持続投与に分けて胃瘻を通じて空腸に直接投与する
  • その後は患者の症状により、次の用量範囲で投与量を調整する
    • なお、必要に応じて持続投与中に追加投与を行うことができる
  • 朝の投与として5〜10mL(レボドパ/カルビドパ水和物として100/25〜200/50mg)を10〜30分かけて投与した後、2〜6mL/時間(レボドパ/カルビドパ水和物として40/10〜120/30mg/時間)で持続投与する
    • なお、1日の最大投与時間は16時間とする
  • 1回あたりの追加投与は0.5〜2.0mL(レボドパ/カルビドパ水和物として10/2.5〜40/10mg)とする
  • 本剤の投与量は症状により適宜増減するが、朝の投与は15mL(レボドパ/カルビドパ水和物として300/75mg)、持続投与は10mL/時間(レボドパ/カルビドパ水和物として200/50mg/時間)を超えないこととする
    • また、1日総投与量は100mL(レボドパ/カルビドパ水和物として2000/500mg)を超えないこととする

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症
    • 閉塞隅角緑内障
  • 患者の属性に応じた注意事項
    • 授乳婦

副作用

主な副作用

切開部位痛過剰肉芽組織術後疼痛切開部位紅斑ジスキネジー頭痛腹痛便秘口腔咽頭痛腹部不快感腹部膨満

重大な副作用

悪性症候群高熱意識障害高度筋強剛不随意運動ショック状態精神状態変化激越錯乱昏睡自律神経症状CK上昇CPK上昇横紋筋融解症幻覚抑うつ胃潰瘍悪化十二指腸潰瘍悪化溶血性貧血血小板減少症突発的睡眠悪性黒色腫閉塞隅角緑内障急激な眼圧上昇霧視眼痛充血嘔気

上記以外の副作用

気腹鼻出血異常高熱医療機器挿入合併症ストーマ部感染切開部位発疹縫合関連合併症下痢悪心消化管穿孔皮膚潰瘍不眠症誤嚥性肺炎血圧低下血圧上昇体重減少食欲減退筋骨格系胸痛筋骨格痛転倒チューブ留置部位疼痛チューブ留置部位そう痒感チューブ位置異常チューブ屈曲チューブ留置部位感染切開部位蜂巣炎切開部位皮膚炎切開部位感染ストーマ部蜂巣炎術後イレウスストーマ部紅斑創合併症貧血放屁虚血性大腸炎上腹部痛嚥下障害口内乾燥流涎過多胃腸出血食欲不振胸やけ口内炎ALT上昇AST上昇血中アルカリホスファターゼ増加LDH上昇発疹蕁麻疹脱毛症精神病性障害失見当識自殺企図多発ニューロパチー睡眠発作睡眠障害病的賭博病的性欲亢進不安感焦燥感歩行障害傾眠眩暈味覚異常興奮振戦増強しびれ感ドパミン調節障害症候群心拍数不整動悸低血圧起立性低血圧血中ホモシステイン増加高ホモシステイン血症ビタミンB12減少ビタミンB12欠乏ビタミンB6減少ビタミンB6欠乏胸痛筋痙縮筋肉痛視覚異常排尿異常BUN上昇顆粒球減少疲労無力症浮腫倦怠感脱力感抗DNA抗体陽性のぼせ感発汗嗄声唾液の変色痰の変色口腔内粘膜の変色汗の変色便の変色尿の変色唾液の黒色変色痰の黒色変色口腔内粘膜の黒色変色汗の黒色変色便の黒色変色尿の黒色変色

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 過敏症
    • 閉塞隅角緑内障
  • 慎重投与
    • 胃潰瘍
    • 肝機能障害
    • 気管支喘息
    • 自殺傾向
    • 重篤な心疾患
    • 十二指腸潰瘍
    • 腎機能障害
    • 精神症状
    • 糖尿病
    • 内分泌系疾患
    • 肺疾患
    • 慢性開放隅角緑内障
  • 注意
    • 閉塞隅角緑内障

患者の属性に応じた注意事項

  • 禁止
    • 授乳婦
  • 希望禁止
    • 妊婦・産婦
  • 慎重投与
    • 高齢者

年齢や性別に応じた注意事項

  • 慎重投与
    • 高齢者(65歳〜)

相互作用

薬剤との相互作用

薬剤名 影響
血圧降下剤 起立性低血圧等の症候性低血圧
メチルドパ 起立性低血圧等の症候性低血圧
レセルピン 起立性低血圧等の症候性低血圧
節遮断剤 起立性低血圧等の症候性低血圧
レセルピン 本剤の作用が減弱
テトラベナジン 本剤の作用が減弱
ドパミンD2受容体遮断作用を有する薬剤 本剤の作用が減弱
ドパミンD2受容体遮断作用を有する抗精神病薬 本剤の作用が減弱
フェノチアジン系薬剤 本剤の作用が減弱
ブチロフェノン系製剤 本剤の作用が減弱
リスペリドン 本剤の作用が減弱
ペロスピロン塩酸塩 本剤の作用が減弱
鉄剤<服用> 本剤の作用が減弱
イソニアジド 本剤の作用が減弱
塩酸パパベリン製剤 本剤の作用が減弱
レセルピン パーキンソン症状の悪化
テトラベナジン パーキンソン症状の悪化
ドパミンD2受容体遮断作用を有する薬剤 パーキンソン症状の悪化
ドパミンD2受容体遮断作用を有する抗精神病薬 パーキンソン症状の悪化
フェノチアジン系薬剤 パーキンソン症状の悪化
ブチロフェノン系製剤 パーキンソン症状の悪化
リスペリドン パーキンソン症状の悪化
ペロスピロン塩酸塩 パーキンソン症状の悪化
鉄剤<服用> パーキンソン症状の悪化
イソニアジド パーキンソン症状の悪化
塩酸パパベリン製剤 パーキンソン症状の悪化
NMDA受容体拮抗作用を有する薬剤 本剤の作用を増強
メマンチン塩酸塩 本剤の作用を増強
抗パーキンソン剤 精神神経系等の副作用が増強
抗コリン作用を有する薬剤 精神神経系等の副作用が増強
アマンタジン塩酸塩 精神神経系等の副作用が増強
ブロモクリプチン 精神神経系等の副作用が増強

飲食物との相互作用

  • 蛋白質が多い食事
  • 鉄分を含むもの<バジル、海苔、あゆ、ひじき、あさり など>

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    レボドパ含有製剤を含む既存の薬物療法で十分な効果が得られないパーキンソン病の症状の日内変動(wearing−off現象)の改善。
    <効能・効果に関連する使用上の注意>
    本剤は経口レボドパ含有製剤に対する治療反応性及び忍容性が認められるパーキンソン病患者に対して使用する。

    用法・用量(添付文書全文)

    本剤投与前の経口レボドパ量に応じて初回投与量を決定し、朝の投与及び持続投与に分けて胃瘻を通じて空腸に直接投与する。その後は患者の症状により、次の用量範囲で投与量を調整する。なお、必要に応じて持続投与中に追加投与を行うことができる。
    朝の投与として5〜10mL(レボドパ/カルビドパ水和物として100/25〜200/50mg)を10〜30分かけて投与した後、2〜6mL/時間(レボドパ/カルビドパ水和物として40/10〜120/30mg/時間)で持続投与する。なお、1日の最大投与時間は16時間とする。1回あたりの追加投与は0.5〜2.0mL(レボドパ/カルビドパ水和物として10/2.5〜40/10mg)とする。
    本剤の投与量は症状により適宜増減するが、朝の投与は15mL(レボドパ/カルビドパ水和物として300/75mg)、持続投与は10mL/時間(レボドパ/カルビドパ水和物として200/50mg/時間)を超えないこととする。また、1日総投与量は100mL(レボドパ/カルビドパ水和物として2000/500mg)を超えないこととする。
    <用法・用量に関連する使用上の注意>
    1.本剤の投与開始時は、原則として入院管理下で十分な観察を行い、患者毎の適切な投与量を決定する。
    2.本剤は専用のポンプ(CADD−Legacy1400ポンプ)及びチューブ等(アッヴィPEGキット及びアッヴィJチューブ)を使用して投与する。
    3.胃瘻造設前に本治療システムが患者に適合することを確認するため、専用の経鼻空腸内投与用チューブ(アッヴィNJチューブ)を使用した、本剤の短期間の経鼻空腸内投与を考慮する。
    4.本剤の投与時間は日中の16時間以内とし、本剤投与終了後の夜間及び就寝後にパーキンソン病の症状管理が必要な場合は、経口レボドパ・カルビドパ水和物製剤を用いて管理を行う[日中16時間を超えて投与したとき、及び夜間の就寝中に投与したときの有効性及び安全性は確立していない]。
    5.本剤開始前までに、使用中の全てのレボドパ含有製剤を経口レボドパ・カルビドパ水和物製剤に切り替え、経口レボドパ・カルビドパ水和物製剤のレボドパ量をもとに本剤投与開始日の投与量を決定する。その他のパーキンソン病治療薬は、本剤開始前までに可能な限り中止することが望ましいが、やむを得ず本剤と併用する場合には、当該薬剤の用量を漸減し、本剤の用量調整中は当該薬剤の用量を変更しない。なお、併用薬を中止する場合は各薬剤の添付文書を参照し、必要に応じて用量を漸減する。
    6.朝の投与は次に従い行う。
    1).本剤投与開始日の朝の投与量:前日の朝に使用した経口レボドパ・カルビドパ水和物製剤のレボドパ量に応じ、次に従って算出する。
    前日朝のレボドパ量0〜200mg:本剤投与開始日の朝の投与量[前日朝の経口レボドパ量(mg)×0.8÷20(mg/mL)](mL)。
    前日朝のレボドパ量201〜399mg:本剤投与開始日の朝の投与量[前日朝の経口レボドパ量(mg)×0.7÷20(mg/mL)](mL)。
    前日朝のレボドパ量400mg以上:本剤投与開始日の朝の投与量[前日朝の経口レボドパ量(mg)×0.6÷20(mg/mL)](mL)。
    2).チューブ充填量:本剤を経胃瘻空腸内投与する場合、毎日、朝の投与量とともにチューブ充填量を投与する。本剤を経鼻空腸内投与する場合は、本剤投与開始日のみ、朝の投与量とともにチューブ充填量を投与する。なお、チューブ充填量は、次のとおりである。
    経胃瘻空腸内投与用チューブ(アッヴィJチューブ):チューブ充填量3mL。
    経鼻空腸内投与用チューブ(アッヴィNJチューブ):チューブ充填量5mL。
    3).用量調整:前日の朝の投与後1時間以内の臨床反応が不十分な場合、次に従って朝の投与量を調整する;前日の朝の投与量が6mL以下の場合:朝の投与量を1mL毎に増量し、前日の朝の投与量が6mLを超えている場合:朝の投与量を2mL毎に増量する。
    7.持続投与は次に従い行う。
    1).本剤投与開始日の持続投与速度:前日に使用したレボドパ量に応じ、次式に従って算出する。
    1時間あたりの投与速度(mL/時間)=[前日の日中16時間の経口レボドパ・カルビドパ水和物製剤のレボドパ量(mg)−前日朝の経口レボドパ・カルビドパ水和物製剤のレボドパ量(mg)]×0.9÷20(mg/mL)÷16(時間)。
    2).用量調整:持続投与速度の調整は0.1mL/時間(レボドパとして2mg/時間)毎を目安とする。
    8.追加投与を行う場合には、次に従い行う。
    1).追加投与を行う場合には、1回あたり1mL(レボドパとして20mg)から開始する。
    2).追加投与を行う場合には、前回の追加投与から2時間以上あけることとし、頻回(1日5回を超える)の追加投与が必要となった場合は持続投与量の増量を検討する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    承認時:日本人被験者を含む第3相試験(総症例31例)において30例(96.8%)で副作用が認められた。主な副作用は切開部位痛(13例、41.9%)、過剰肉芽組織(10例、32.3%)、術後疼痛(5例、16.1%)、切開部位紅斑(4例、12.9%)、ジスキネジー(4例、12.9%)であった。
    1.重大な副作用
    1).悪性症候群(頻度不明):急激な減量又は投与中止により、高熱、意識障害、高度筋強剛、不随意運動、ショック状態、精神状態変化(激越、錯乱、昏睡等)、自律神経症状、CK上昇(CPK上昇)等が現れ、まれに横紋筋融解症を続発する恐れがあるので、本剤の急激な減量又は中止は避けるとともに、このような症状が認められた場合には、再投与後、漸減し、体冷却、水分補給等適切な処置を行う。
    2).幻覚(頻度不明)、錯乱(頻度不明)、抑うつ(頻度不明):このような症状が現れた場合には減量又は休薬等の適切な処置を行う。
    3).胃潰瘍・十二指腸潰瘍の悪化(頻度不明):胃潰瘍悪化・十二指腸潰瘍悪化が現れることがあるので、このような症状が現れた場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行う。
    4).溶血性貧血(頻度不明)、血小板減少症(頻度不明):溶血性貧血、血小板減少症が現れることがあるので、定期的に血液検査を実施するなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
    5).突発的睡眠(頻度不明):前兆のない突発的睡眠が現れることがあるので、このような場合には、減量、休薬又は投与中止等の適切な処置を行う。
    6).悪性黒色腫(頻度不明):悪性黒色腫が現れることがある。観察を十分に行い、異常が認められた場合には適切な処置を行う。
    7).閉塞隅角緑内障(頻度不明):急激な眼圧上昇を伴う閉塞隅角緑内障を起こすことがあるので、霧視、眼痛、充血、頭痛、嘔気等が認められた場合には、投与を中止し、直ちに適切な処置を行う。
    2.その他の副作用:次の症状が現れた場合には、症状に応じて適切な処置を行う(発現頻度は日本人被験者を含む第3相試験に基づく)。
    1).消化器:(5%以上)腹痛、便秘、口腔咽頭痛、(5%未満)下痢、悪心、腹部不快感、腹部膨満、消化管穿孔、気腹、(頻度不明)放屁、虚血性大腸炎、上腹部痛、嚥下障害、口内乾燥、流涎過多、胃腸出血、食欲不振、胸やけ、口内炎。
    2).肝臓:(頻度不明)ALT上昇(GPT上昇)、AST上昇(GOT上昇)、血中アルカリホスファターゼ増加、LDH上昇。
    3).皮膚:(5%未満)皮膚潰瘍、(頻度不明)発疹、蕁麻疹、脱毛症。
    4).精神・神経:(5%以上)ジスキネジー、頭痛、(5%未満)不眠症、(頻度不明)激越、精神病性障害、失見当識、自殺企図、多発ニューロパチー、睡眠発作、睡眠障害、不随意運動、病的賭博、病的性欲亢進、不安感・焦燥感、歩行障害、傾眠、眩暈、味覚異常、興奮、振戦増強、しびれ感、ドパミン調節障害症候群。
    5).呼吸器:(5%以上)鼻出血、(5%未満)誤嚥性肺炎。
    6).循環器:(5%未満)血圧低下、血圧上昇、(頻度不明)心拍数不整、動悸、低血圧、起立性低血圧。
    7).代謝・栄養:(5%未満)体重減少、食欲減退、(頻度不明)血中ホモシステイン増加、高ホモシステイン血症、ビタミンB12減少、ビタミンB12欠乏、ビタミンB6減少、ビタミンB6欠乏。
    8).筋骨格:(5%未満)筋骨格系胸痛、筋骨格痛、(頻度不明)筋痙縮、筋肉痛。
    9).感覚器:(頻度不明)視覚異常。
    10).泌尿器・生殖器:(頻度不明)排尿異常、BUN上昇。
    11).血液・リンパ:(頻度不明)顆粒球減少、貧血。
    12).全身症状:(5%以上)異常高熱、(5%未満)転倒、(頻度不明)疲労、無力症、胸痛、浮腫、倦怠感・脱力感。
    13).その他:(頻度不明)抗DNA抗体陽性・クームス試験陽性例、のぼせ感、発汗、嗄声、唾液の変色・痰の変色・口腔内粘膜の変色・汗の変色・便の変色・尿の変色(唾液の黒色変色・痰の黒色変色・口腔内粘膜の黒色変色・汗の黒色変色・便の黒色変色・尿の黒色変色等)。
    14).投与部位:(5%以上)切開部位痛、過剰肉芽組織、術後疼痛、切開部位紅斑、医療機器挿入合併症(腹痛、腹部不快感、腹部膨満、気腹等)、ストーマ部感染、切開部位発疹、縫合関連合併症、(5%未満)チューブ留置部位疼痛、チューブ留置部位そう痒感、チューブ位置異常、チューブ屈曲、チューブ留置部位感染、切開部位蜂巣炎、切開部位皮膚炎、切開部位感染、ストーマ部蜂巣炎、術後イレウス、ストーマ部紅斑、創合併症。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    1.閉塞隅角緑内障の患者[眼圧上昇を起こし、症状が悪化する恐れがある]。
    2.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。
    (慎重投与)
    1.肝機能障害又は腎機能障害のある患者[副作用の発現が増加する恐れがある]。
    2.胃潰瘍、十二指腸潰瘍のある患者又はその既往歴のある患者[症状が悪化する恐れがある]。
    3.重篤な心疾患のある患者又はその既往歴のある患者[症状が悪化する恐れがある]。
    4.肺疾患、気管支喘息又は内分泌系疾患のある患者[症状が悪化する恐れがある]。
    5.慢性開放隅角緑内障の患者[眼圧上昇を起こし、緑内障が悪化する恐れがある]。
    6.自殺傾向など精神症状のある患者又はその既往歴のある患者[精神症状が悪化する恐れがある]。
    7.糖尿病患者[血糖値の上昇を誘発し、インスリン必要量を増大させるとの報告がある]。
    (重要な基本的注意)
    1.本剤の投与にあたっては、パーキンソン病治療に精通し、本剤の治療システムについて十分な知識のある医師又はその指導の下で、本治療システムの使用が適切と判断される症例においてのみ使用する。
    2.ニューロパチーが現れることがあるため、本剤投与中は、関連症状(感覚障害等)に注意し、必要に応じて神経伝導検査の実施や必要なビタミン等の補充を考慮する。
    3.本剤の急激な減量又は中止により悪性症候群が現れることがあるため、本剤の減量、中止が必要な場合は、患者の状態を注意深く観察しながら用量を漸減する。
    4.医療機器<チューブ等>関連消化管事象及び胃瘻造設関連合併症として胃石、イレウス(腸閉塞)、胃瘻部位糜爛・胃瘻部位潰瘍、術後創傷感染、腸出血、腸管虚血、腸管穿孔、腸重積、膵炎、腹膜炎、気腹が発現する恐れがあり、これらは重篤な転帰(死亡等)に至る恐れがあるため、十分注意し、また、腹痛、悪心、嘔吐等の前記に関連する症状が認められた場合には、直ちに投与を中止し、適切な処置を行う。
    5.閉塞隅角緑内障の恐れのある場合は、隅角検査あるいは眼圧検査を行うことが望ましい。
    6.前兆のない突発的睡眠、傾眠、調節障害及び注意力・集中力・反射機能等の低下が起こることがあるので、本剤投与中の患者には自動車の運転等危険を伴う機械の操作には従事させないよう注意する。
    7.レボドパ又はドパミン受容体作動薬の投与により、病的賭博(個人的生活の崩壊等の社会的に不利な結果を招くにもかかわらず、持続的にギャンブルを繰り返す状態)、病的性欲亢進、強迫性購買、暴食等の衝動制御障害が報告されているので、このような症状が発現した場合には、減量又は投与を中止するなど適切な処置を行う。また、患者及び家族等に病的賭博(個人的生活の崩壊等の社会的に不利な結果を招くにもかかわらず、持続的にギャンブルを繰り返す状態)、病的性欲亢進、強迫性購買、暴食等の衝動制御障害の症状について説明する。
    8.セレギリン塩酸塩(B型モノアミン酸化酵素阻害剤)との併用に際しては、使用前に必ずセレギリン塩酸塩の添付文書を参照する。
    (相互作用)
    併用注意:
    1.血圧降下剤(メチルドパ水和物、レセルピン、節遮断剤等)[起立性低血圧等の症候性低血圧が発現する恐れがあるので、本剤開始時や増量時には血圧降下剤の減量を考慮する(レボドパの血圧降下作用により、相加的に血圧降下作用が増強すると考えられている)]。
    2.レセルピン製剤、テトラベナジン[本剤の作用が減弱する恐れがあるので、パーキンソン症状の悪化についてモニタリングする(併用薬剤の脳内ドパミン減少作用により、パーキンソン症状が悪化する)]。
    3.ドパミンD2受容体遮断作用を有する薬剤(ドパミンD2受容体遮断作用を有する抗精神病薬等)(フェノチアジン系薬剤、ブチロフェノン系薬剤、リスペリドン、ペロスピロン塩酸塩等)[本剤の作用が減弱する恐れがあるので、パーキンソン症状の悪化についてモニタリングする(ドパミン作動性神経において本剤と作用が拮抗するため)]。
    4.鉄剤<経口>[本剤の作用が減弱する恐れがあるので、パーキンソン症状の悪化についてモニタリングする(キレートを形成し、本剤の吸収が減少する)]。
    5.イソニアジド[本剤の作用が減弱する恐れがあるので、パーキンソン症状の悪化についてモニタリングする(機序不明であるが、イソニアジドによるドパ脱炭酸酵素阻害により脳内でのドパミンへの変換が抑制されるためと考えられている)]。
    6.パパベリン塩酸塩[本剤の作用が減弱する恐れがあるので、パーキンソン症状の悪化についてモニタリングする(機序不明)]。
    7.NMDA受容体拮抗剤(メマンチン塩酸塩等)[本剤の作用を増強する恐れがある(併用薬剤がドパミン遊離を促進する可能性がある)]。
    8.他の抗パーキンソン剤(抗コリン剤、アマンタジン塩酸塩、ブロモクリプチンメシル酸塩)[精神神経系等の副作用が増強することがある(併用によりレボドパの効果増強につながるが、同時に精神神経系等の副作用が増強する可能性がある)]。
    (高齢者への投与)
    一般に高齢者では生理機能が低下しているので、患者の状態を観察しながら慎重に投与する。
    (妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
    1.妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には投与しないことが望ましい[動物実験(ウサギ)で催奇形性が報告されている]。
    2.授乳中の婦人には投与しないか授乳を避けさせることが望ましい[乳汁分泌抑制される恐れがあり、レボドパはヒト乳汁中に分泌され、また、動物実験(ラット)でカルビドパの乳汁移行が報告されている]。
    (臨床検査結果に及ぼす影響)
    1.ニトロプルシドナトリウムの検尿テープによる尿検査ではケトン体が偽陽性になる場合がある。
    2.ブドウ糖酸化酵素法による尿検査では尿糖が偽陰性になる場合がある。
    (過量投与)
    本剤の過量投与により、異常な不随意運動、混乱、不眠、まれに悪心、嘔吐、不整脈等が起こる恐れがあるので、速やかに投与を中止しポンプを外す(呼吸や心機能(不整脈や低血圧等)のモニタリングを行いながら、必要に応じて補液投与、気道確保等の適切な処置を行うが、ピリドキシンは本剤の作用反転に有用でない、透析による除去効果は明らかでない)。
    (適用上の注意)
    1.本剤の投与は専用の治療システムと組み合わせて行うため、ポンプ及びチューブ等の専用機器の添付文書、説明書等を熟読し、これらの指示及び注意に従い適切に投与する。
    2.投与前:
    1).ポンプの誤操作等により、過量投与若しくは不足となる可能性があるため、本剤の投与前にポンプ等の操作を十分習得する。
    2).投与を開始する20分前に冷蔵庫及び外箱からカセットを取り出しておく。
    3).本剤のカセットのチューブとアッヴィJチューブ又はアッヴィNJチューブが正常に接続されていることを確認する。
    3.投与時:
    1).本剤のカセットは単回使用とし、開封したカセットを再度使用しない。冷蔵庫から取り出した後は16時間を超えて使用しないこととし、残薬があっても廃棄する(室温ではカルビドパの分解が進みやすく、経時的にヒドラジンの量が増加することが示されている)。
    2).急激な治療反応の低下が見られた場合はチューブの状態(アッヴィJチューブ先端部位の転位、本剤のカセットのチューブならびにアッヴィJチューブ又はアッヴィNJチューブの閉塞、本剤のカセットのチューブとアッヴィJチューブ又はアッヴィNJチューブとの接続不良等)やポンプの動作等を調査し、必要に応じて適切な処置を行う。
    3).日中に一時的に投与中断する場合やポンプの故障や誤作動が生じた場合等に備えて、経口レボドパ・カルビドパ水和物製剤を常に用意しておく。
    4.投与終了時:経胃瘻空腸投与する場合は、本剤の投与終了後、毎日、アッヴィJチューブをフラッシングする(本剤を長期投与することによりチューブが閉塞する恐れがある)。
    (その他の注意)
    1.抗パーキンソン剤はフェノチアジン系化合物、レセルピン誘導体等による口周部等の不随意運動(遅発性ジスキネジー)を通常軽減しない(場合によってはこのような症状を増悪顕性化させることがある)。
    2.高蛋白食によりレボドパの吸収が低下するとの報告がある。
    3.本剤には、カルビドパの分解物であるヒドラジンが含有されており、ヒドラジンは動物試験において遺伝毒性及びがん原性を示すことが報告されている。
    (保管上の注意)
    遮光、凍結を避け2〜8℃で保存(冷蔵庫内では外箱に入れて保存する)。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. かかりつけ医の普及に本腰、でも1人開業医は… 特集◎2018年度診療・介護報酬改定のインパクト《5》 FBシェア数:2
    2. 手術で体重3割減、合併する糖尿病も高率で寛解 トレンド◎肥満外科治療が日本でも普及の兆し FBシェア数:204
    3. 疼痛治療薬が効果なし…メンタルと思いきや 「こじらせ疼痛」にどう向き合う FBシェア数:0
    4. メジャー疾患のガイドライン改訂が目白押し 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:0
    5. 腎機能を確認せずに造影CTを行うのは罪? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:134
    6. N95マスクは何度まで使えるのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:0
    7. 悩ましい新・看護必要度、先進病院の対策は? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:0
    8. 7対1看護から降りる病院、現場から反発も 特集◎2018年度診療・介護報酬改定のインパクト《2》 FBシェア数:151
    9. 小児急性中耳炎診療にある小児科と耳鼻咽喉科のギャ… 学会トピック◎第13回日本小児耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会 FBシェア数:10
    10. 眼科専攻医登録数、愛知県の人数はなぜ突然変わった… ニュース追跡◎専門医機構の内部資料から見えてきたこと FBシェア数:47
    医師と医学研究者におすすめの英文校正