日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ミグレニン「マルイシ」基本情報

一般名:ミグレニン

製薬会社:丸石製薬

薬価・規格: 9.7円(1g) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

効能・効果詳しく見る

  • 頭痛

注意すべき副作用詳しく見る

ショック倦怠感無顆粒細胞症頭痛

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 1日1.0gを2〜3回に分割経口投与する
    • なお、年齢、症状により適宜増減する
    • 但し、長期連用は避けるべきである

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症

副作用

重大な副作用

倦怠感ショック頭痛無顆粒細胞症

上記以外の副作用

悪心咽頭痛嘔吐過敏症眼障害顔面蒼白胸内苦悶血圧低下血小板減少眩暈紅斑呼吸困難小疱性角膜炎食欲不振腎障害そう痒眠気発疹発熱貧血脈拍異常

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 過敏症
  • 慎重投与
    • アレルギー性鼻炎
    • 肝障害
    • 気管支喘息
    • 血液障害
    • 食物アレルギー
    • 腎障害
    • 蕁麻疹
    • 白血球減少
    • 貧血
    • 薬物に対するアレルギー

患者の属性に応じた注意事項

  • 希望禁止
    • 妊婦・産婦
  • 注意
    • 高齢者

年齢や性別に応じた注意事項

  • 注意
    • 長期間投与されている女性
    • 高齢者(65歳〜)

相互作用

薬剤との相互作用

薬剤名 影響
インターフェロン−α製剤 本剤中に含まれるアンチピリンの血中濃度が高まる
インターフェロン 本剤中に含まれるアンチピリンの血中濃度が高まる
インターフェロン−β 本剤中に含まれるアンチピリンの血中濃度が高まる

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    頭痛。

    用法・用量(添付文書全文)

    1日1.0gを2〜3回に分割経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。但し、長期連用は避けるべきである。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
    1.重大な副作用
    1).ショック:ショック(頻度不明)が現れることがあるので、観察を十分に行い、胸内苦悶、血圧低下、顔面蒼白、脈拍異常、呼吸困難等が現れた場合には適切な処置を行う。
    2).無顆粒細胞症(初期症状:発熱、咽頭痛、倦怠感等):無顆粒細胞症(頻度不明)が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には中止する。
    2.その他の副作用(頻度不明)
    1).過敏症:発疹・紅斑、小疱性角膜炎、そう痒等[このような症状が現れた場合には投与を中止する]。
    2).血液:血小板減少、貧血等[観察を十分に行い、このような症状が現れた場合には中止し、適切な処置を行う]。
    3).肝臓:AST上昇(GOT上昇)・ALT上昇(GPT上昇)等[このような症状が現れた場合には投与を中止する]。
    4).腎臓:腎障害[このような症状が現れた場合には投与を中止する]。
    5).消化器:食欲不振、悪心・嘔吐等。
    6).眼:眼障害。
    7).その他:頭痛、眩暈、眠気、倦怠感。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    本剤又はピラゾロン系化合物(スルピリン等)に対し、過敏症の既往歴のある患者。
    (慎重投与)
    1.本人又は両親・兄弟が他の薬物に対するアレルギー、蕁麻疹、気管支喘息、アレルギー性鼻炎又は食物アレルギー等の患者。
    2.肝障害又は腎障害のある患者[症状が悪化する恐れがある]。
    3.血液障害(貧血、白血球減少等)のある患者[症状が悪化する恐れがある]。
    (重要な基本的注意)
    1.ショック等を予測するため、十分な問診を行う。
    2.原則として長期投与を避ける。
    (相互作用)
    併用注意:インターフェロン製剤(インターフェロン−α、インターフェロン−β等)[インターフェロン製剤との併用で本剤中に含まれるアンチピリンの血中濃度が高まることが報告されているので注意する(併用薬剤により、肝臓でのアンチピリンの代謝が抑制されると考えられている)]。
    (高齢者への投与)
    一般に高齢者では生理機能が低下しているので減量するなど注意する。
    (妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
    1.類似化合物(スルピリン等)による動物実験で催奇形作用が報告されているので、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には投与しないことが望ましい。
    2.妊娠末期のラットに投与した実験で、弱い胎仔動脈管収縮が報告されている。
    (小児等への投与)
    低出生体重児、新生児、乳児、幼児又は小児に対する安全性は確立していない。
    (その他の注意)
    非ステロイド性消炎鎮痛剤を長期間投与されている女性において、一時的不妊が認められたとの報告がある。
    (保管上の注意)
    遮光し、防湿。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 診療所の運動器リハ、意外だった査定の理由は? あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:73
    2. 辛い食事で下痢するのは機能性腸疾患の証!? 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:28
    3. 結婚や恋愛にパワーと時間はなかなか使えない Cadetto Special●女性医師の婚活事情 FBシェア数:6
    4. 意外と世間から誤解されている「救急」 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:88
    5. 「結婚は?」と聞かれるのは苦手 Cadetto Special●女性医師の婚活事情 FBシェア数:12
    6. 関節リウマチの原因は腸内細菌の乱れ Unmet Medical Needs 2017 秋 FBシェア数:20
    7. 11時間も待たされて、処方は痛み止めだけ? マイルバガナム恵美の「日本とカナダの薬局見聞録」 FBシェア数:10
    8. 電解質の良書 医学書ソムリエ FBシェア数:40
    9. こんないい薬があったなんて…! 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:26
    10. 健常者の肺はどのように映るのか? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:11