日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ゾピクロン錠7.5mg「トーワ」基本情報

後発品(加算対象)

一般名:ゾピクロン錠

製薬会社:東和薬品

薬価・規格: 7.9円(7.5mg1錠) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

薬効分類

非ベンゾジアゼピン系睡眠薬(非BZD系睡眠薬)詳しく見る

  • 脳の活動を抑えることで眠りやすくし、睡眠障害などを改善する薬
非ベンゾジアゼピン系睡眠薬(非BZD系睡眠薬)の代表的な商品名
  • アモバン
  • マイスリー
  • ルネスタ

効能・効果詳しく見る

  • 麻酔前投薬
  • 不眠症

注意すべき副作用詳しく見る

不快感アナフィラキシー呼吸抑制意識障害肝機能障害

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 1.不眠症:1回、ゾピクロンとして、7.5〜10mgを就寝前に経口投与する
    • なお、年齢・症状により適宜増減するが、10mgを超えない
  • 2.麻酔前投薬:1回、ゾピクロンとして、7.5〜10mgを就寝前又は手術前に経口投与する
    • なお、年齢・症状・疾患により適宜増減するが、10mgを超えない

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症
    • 急性狭隅角緑内障
    • 重症筋無力症
    • 気管支喘息
    • 呼吸機能が高度に低下
    • 脳血管障害の急性期
    • 肺気腫
    • 肺性心

副作用

主な副作用

不快感

重大な副作用

アナフィラキシー意識障害肝機能障害呼吸抑制精神症状もうろう状態一過性前向性健忘

上記以外の副作用

転倒悪夢易刺激性異常行動胃部不快感嘔気黄疸過敏症筋緊張低下症状筋緊張低下痙攣痙攣発作血管浮腫血小板減少眩暈幻覚倦怠感口渇攻撃性口中苦味口内不快感錯乱消化不良食欲不振振戦蕁麻疹頭重頭痛赤血球減少譫妄そう痒症脱力感炭酸ガスナルコーシス蛋白尿眠気白血球減少発疹中途覚醒時の出来事をおぼえていない不眠ふらつきヘモグロビン減少薬物依存離脱症状錯感覚夢遊症状

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 過敏症
    • 急性狭隅角緑内障
    • 重症筋無力症
  • 原則禁止
    • 気管支喘息
    • 呼吸機能が高度に低下
    • 脳血管障害の急性期
    • 肺気腫
    • 肺性心
  • 慎重投与
    • 肝障害
    • 心障害
    • 腎障害
    • 脳器質的障害
  • 注意
    • 肝障害
    • 投与した薬剤が特定されないままにフルマゼニルを投与された
  • 投与に際する指示
    • 肝障害

患者の属性に応じた注意事項

  • 相対禁止
    • 妊婦・産婦
    • 授乳婦
  • 希望禁止
    • 授乳婦
    • 新生児(低出生体重児を含む)
  • 慎重投与
    • 高齢者
    • 虚弱者(衰弱者を含む)
  • 注意
    • 高齢者

年齢や性別に応じた注意事項

  • 希望禁止
    • 新生児(0日〜27日)
  • 慎重投与
    • 高齢者(65歳〜)

相互作用

薬剤との相互作用

薬剤名 影響
スキサメトニウム塩化物水和物 作用が増強
中枢抑制剤 作用が増強
筋弛緩剤 作用が増強
ツボクラリン塩化物塩酸塩水和物 作用が増強
バルビツール酸誘導体 作用が増強
パンクロニウム臭化物 作用が増強
フェノチアジン系薬剤 作用が増強
リファンピシン類 本剤の作用を減弱
肝薬物代謝酵素<CYP3A4>を誘導する薬剤 本剤の作用を減弱
薬物代謝酵素<CYP3A4>を阻害する薬剤 本剤の作用を増強
イトラコナゾール 本剤の作用を増強
エリスロマイシン 本剤の作用を増強
エタノール摂取 相互に作用を増強
麻酔剤 呼吸抑制

飲食物との相互作用

  • アルコールを含むもの<ジン、ウオッカ、ラム、ウイスキー、ブランデー など>

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    1.不眠症。
    2.麻酔前投薬。

    用法・用量(添付文書全文)

    1.不眠症:1回、ゾピクロンとして、7.5〜10mgを就寝前に経口投与する。なお、年齢・症状により適宜増減するが、10mgを超えない。
    2.麻酔前投薬:1回、ゾピクロンとして、7.5〜10mgを就寝前又は手術前に経口投与する。なお、年齢・症状・疾患により適宜増減するが、10mgを超えない。
    <用法・用量に関連する使用上の注意>
    1.本剤を投与する場合、反応に個人差があるため少量(高齢者では1回3.75mg)から投与を開始する。また、肝障害のある患者では3.75mgから投与を開始することが望ましく、やむを得ず増量する場合は観察を十分に行いながら慎重に投与する(但し、10mgを超えないこととし、症状の改善に伴って減量に努める)。
    2.不眠症には、就寝の直前に服用させる。また、服用して就寝した後、睡眠途中において一時的に起床して仕事等をする可能性があるときは服用させない。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
    1.重大な副作用(頻度不明)
    1).依存性:連用により薬物依存を生じることがあるので、観察を十分に行い、用量及び使用期間に注意し慎重に投与する。また、連用中における投与量の急激な減少ないし投与の中止により、振戦、痙攣発作、不眠等の離脱症状が現れることがあるので、投与を中止する場合には、徐々に減量するなど慎重に行う。
    2).呼吸抑制:呼吸抑制が現れることがある。また呼吸機能が高度に低下している患者に投与した場合、炭酸ガスナルコーシスを起こすことがあるので、このような場合には気道を確保し、換気を図るなど適切な処置を行う。
    3).肝機能障害:AST上昇(GOT上昇)、ALT上昇(GPT上昇)、Al−P上昇、γ−GTP上昇等を伴う肝機能障害、黄疸が現れることがあるので、観察を十分に行い異常が認められた場合には、中止するなど適切な処置を行う。
    4).精神症状、意識障害:幻覚、譫妄、錯乱、夢遊症状、悪夢、易刺激性、攻撃性、異常行動等の精神症状及び意識障害が現れることがあるので、患者の状態を十分に観察し、異常が認められた場合には投与を中止する。
    5).一過性前向性健忘、もうろう状態:一過性前向性健忘(中途覚醒時の出来事をおぼえていない等)、もうろう状態が現れることがあるので、本剤を投与する場合には少量から開始するなど、慎重に投与する(なお、十分に覚醒しないまま、車の運転、食事等を行い、その出来事を記憶していないとの報告があるので、異常が認められた場合には投与を中止する)。
    6).アナフィラキシー:アナフィラキシーが現れることがあるので、観察を十分に行い、蕁麻疹、血管浮腫等の異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
    2.その他の副作用:次のような副作用が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行う。
    1).精神神経系:(頻度不明)錯感覚、ふらつき、眠気、頭重、頭痛、不快感、眩暈等。
    2).肝臓:(頻度不明)AST上昇(GOT上昇)、ALT上昇(GPT上昇)、Al−P上昇。
    3).腎臓:(頻度不明)蛋白尿、BUN上昇。
    4).血液:(頻度不明)白血球減少、ヘモグロビン減少、赤血球減少、血小板減少。
    5).消化器:(頻度不明)消化不良、口中苦味、口渇、嘔気、食欲不振、口内不快感、胃部不快感等。
    6).過敏症:(頻度不明)そう痒症、発疹[発現した場合には、投与を中止する]。
    7).骨格筋:(頻度不明)倦怠感、脱力感等の筋緊張低下症状。
    8).その他:(頻度不明)転倒。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (警告)
    本剤の服用後に、もうろう状態、睡眠随伴症状(夢遊症状等)が現れることがある。また、入眠までの、あるいは中途覚醒時の出来事を記憶していないことがあるので注意する。
    (禁忌)
    1.本剤の成分又はエスゾピクロンに対し過敏症の既往歴のある患者。
    2.重症筋無力症の患者[筋弛緩作用により症状を悪化させる恐れがある]。
    3.急性狭隅角緑内障の患者[眼圧が上昇し、症状を悪化させる恐れがある]。
    (原則禁忌)
    肺性心、肺気腫、気管支喘息及び脳血管障害の急性期等で呼吸機能が高度に低下している場合[炭酸ガスナルコーシスを起こしやすい]。
    (慎重投与)
    1.衰弱者[薬物の作用が強く現れ、副作用が発現しやすい]。
    2.高齢者。
    3.心障害のある患者[血圧低下が現れる恐れがあり、心障害のある患者では症状の悪化につながる恐れがある]。
    4.肝障害、腎障害のある患者[作用が強く現れる恐れがある]。
    5.脳器質的障害のある患者[作用が強く現れる恐れがある]。
    (重要な基本的注意)
    1.連用により薬物依存を生じることがあるので、漫然とした継続投与による長期使用を避ける(本剤の投与を継続する場合には、治療上の必要性を十分に検討する)。
    2.本剤の影響が翌朝以後に及び、眠気、注意力・集中力・反射運動能力等の低下が起こることがあるので、自動車の運転等危険を伴う機械の操作に従事させないよう注意する。
    (相互作用)
    本剤は主に薬物代謝酵素CYP3A4、一部CYP2C8で代謝される。
    併用注意:
    1.筋弛緩薬(スキサメトニウム塩化物水和物、ツボクラリン塩化物塩酸塩水和物、パンクロニウム臭化物)、中枢神経抑制剤(フェノチアジン誘導体、バルビツール酸誘導体等)[これらの作用が増強されることがあるので、併用しないことが望ましいが、やむを得ず投与する場合には慎重に投与する(相加的に抗痙攣作用、中枢神経抑制作用が増強される可能性がある)]。
    2.アルコール(飲酒)[相互に作用を増強することがある(飲酒により中枢神経抑制作用が増強されることがある)]。
    3.麻酔時[呼吸抑制が現れることがあるので、慎重に投与する(本剤により呼吸抑制が現れることがあり、麻酔により相加的に呼吸が抑制される可能性がある)]。
    4.薬物代謝酵素CYP3A4を誘導する薬剤(リファンピシン等)[本剤の作用を減弱させることがある(これらの薬剤の肝代謝酵素誘導作用により、本剤の代謝が促進され、効果の減弱を来すことがある)]。
    5.薬物代謝酵素CYP3A4を阻害する薬剤(エリスロマイシン、イトラコナゾール等)[本剤の作用を増強させることがある(これらの薬剤の肝代謝酵素阻害作用により、本剤の代謝が阻害され、本剤の血漿中濃度が増加する恐れがある)]。
    (高齢者への投与)
    運動失調が起こりやすく、また、副作用が発現しやすいので、少量(1回3.75mg)から投与を開始する。
    (妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
    1.妊婦又は妊娠している可能性のある女性及び授乳中の女性には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[妊娠中及び授乳中の投与に関する安全性は確立していない。妊娠後期にゾピクロン製剤を投与された患者より出生した児に呼吸抑制、痙攣、振戦、易刺激性、哺乳困難等の離脱症状が現れることがあり、なお、これらの症状は、新生児仮死として報告される場合もある]。
    2.授乳婦への投与は避けることが望ましいが、やむを得ず投与する場合は授乳を避けさせる[ヒト母乳中に移行し、新生児に嗜眠を起こす可能性がある]。
    (小児等への投与)
    低出生体重児、新生児、乳児、幼児又は小児に対する安全性は確立していない。
    (過量投与)
    1.症状:本剤の過量投与により傾眠、錯乱、嗜眠を生じ、更には失調、筋緊張低下、血圧低下、メトヘモグロビン血症、呼吸機能低下、昏睡等に至ることがある。他の中枢神経抑制剤やアルコールと併用時の過量投与は致死的となることがある。また、過量投与時、合併症や衰弱状態などの危険因子がある場合は、症状は重篤化する可能性があり、ごくまれに致死的経過をたどることがある。
    2.処置:過量投与時、呼吸、脈拍、血圧の監視を行うとともに、催吐、胃洗浄、吸着剤・下剤の投与、輸液、気道の確保等の適切な処置を行う(また、本剤の過量投与が明白又は疑われた場合の処置としてフルマゼニル(ベンゾジアゼピン受容体拮抗剤)を投与する場合には、使用前にフルマゼニルの使用上の注意(禁忌、慎重投与、相互作用等)を必ず読む)[なお、血液透析による除去は有効ではない]。
    (適用上の注意)
    薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔を起こして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)。
    (その他の注意)
    1.投与した薬剤が特定されないままにフルマゼニルを投与された(ベンゾジアゼピン受容体拮抗剤)患者で、新たに本剤を投与する場合、本剤の鎮静・抗痙攣作用が変化、鎮静・抗痙攣作用が遅延する恐れがある。
    2.臨床用量の約800倍(100mg/kg/日)をマウス、ラットに2年間投与した試験において、マウス雄の皮下腫瘍、雌の肺腫瘍、ラット雄の甲状腺腫瘍、雌の乳腺腫瘍発生頻度が対照群に比べ高いとの報告がある。
    (取扱い上の注意)
    安定性試験:最終包装製品を用いた加速試験(40℃、相対湿度75%、6カ月)の結果、本剤は通常の市場流通下において3年間安定であることが推測された。
    (保管上の注意)
    遮光。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 62歳女性。下肢に多発する、浸潤を触れる紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
    2. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:298
    3. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:434
    4. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:779
    5. 「たかが過換気」と侮ってはいけない 酸・塩基・電解質マネジメント FBシェア数:94
    6. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
    7. 来シーズンには新機序の抗インフル薬登場 寄稿◎2017ー18シーズンのインフルエンザ診療の要点《下》 FBシェア数:2
    8. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
    9. 「給料泥棒なの?」 上司の言葉に夜も眠れず 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:90
    10. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:22