日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

G-CSF製剤(顆粒球コロニー形成刺激因子製剤)解説

じーしーえすえふせいざい(かりゅうきゅうころにーけいせいしげきいんしせいざい)

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 好中球を増やす作用などをあらわし、がん化学療法などによって起こる好中球減少症に対して使われるG-CSF(顆粒球コロニー形成刺激因子)の製剤
    • がん化学療法などによって引き起こされる発熱性好中球減少症(FN)は発熱を伴う好中球減少症で、時に重篤な感染症を引き起こす
    • G-CSFは骨髄中の顆粒球系(特に好中球)の分化・増殖を促進する作用をあらわす
    • 本剤はG-CSF製剤であり、好中球への機能亢進作用や抗アポトーシス作用などをあらわす
  • 製剤によっては、造血幹細胞移植時の好中球数の増加促進などに使われる場合もある

詳しい薬理作用

白血球の一つである好中球は侵入した細菌などの異物を局所にとどめて処理(殺菌)するため、細菌感染などに対して前線で働く生体防御となる。成熟好中球の寿命は非常に短く、通常であれば長くても2〜3日程度でアポトーシス(細胞の自然死)を引き起こす。抗がん剤などによって白血球などに分化する造血幹細胞が障害を受けると、成熟好中球が補完されないため好中球が減少していく。

発熱性好中球減少症(FN:Febrile Neutropenia)は、発熱を伴う好中球減少症で時に重篤な感染症を引き起こし死に至ることもある病態であり、特にがん化学療法においては注意すべき副作用の一つとなる。

G-CSF(Granulocyte Colony Stimulating Factor:顆粒球コロニー形成刺激因子)は、骨髄中の顆粒球系(特に好中球)の分化・増殖を促進する作用や好中球機能亢進作用、好中球に対する抗アポトーシス作用などをあらわし、好中球減少症に有効な物質の一つとなる。

G-CSF製剤の使用の是非はがんの種類や使う抗がん剤の種類、化学療法のレジメン(がん治療における薬剤の種類や量、期間、手順などの計画書)などによっても変わってくるが、発熱性好中球減少症の発症率が20%を上回る化学療法や高齢者などの場合にはガイドライン(G-CSF適正使用ガイドライン)などに準じて適切な投与が検討される。また本剤の中には造血幹細胞移植時の好中球数の増加促進や再生不良性貧血に伴う好中球減少症などに対して使われる製剤もある。

G-CSF製剤としては、フィルグラスチム(商品名:グラン®)、レノグラスチム(商品名:ノイトロジン®)、ナルトグラスチム(商品名:ノイアップ®)といった製剤や、フィルグラスチムのバイオシミラー(バイオ後発品)の製剤がある。また2014年11月に発売されたペグフィルグラスチム(商品名:ジーラスタ®)は持続性のG-CSF製剤であり、フィルグラスチムにペグ(PEG:ポリエチレングリコール)という物質を結合させることで、従来のG-CSF製剤に比べ血中濃度半減期を延長させ「がん化学療法の1サイクルにつき1回の投与」を可能にしている。

主な副作用や注意点

  • 筋・骨格系症状
    • 背部痛、関節痛、筋肉痛、骨痛、四肢痛などがあらわれる場合がある
  • 皮膚症状
    • 発疹、発赤、痒みなどがあらわれ、場合によっては発熱を伴う皮膚障害があらわれる可能性もある
  • 肝機能障害
    • ALTやASTの上昇などを伴う肝機能の異常があらわれる場合がある
  • 呼吸器症状
    • 頻度は稀だが、咳嗽、呼吸困難、口腔咽頭痛などがあらわれる場合がある
    • 息苦しい、咳や痰が出る、呼吸がはやくなる、脈がはやくなるなどの症状がみられる場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する
  • ショック、アナフィラキシー
    • 頻度は非常に稀とされる
    • 皮膚の痒み、じんま疹、声のかすれ、息苦しさ、動悸、意識の混濁などの症状がみれれる場合には医師や薬剤師に連絡し、速やかに受診するなど適切に対処する

一般的な商品とその特徴

グラン

  • フィルグラスチム製剤
  • 造血幹細胞移植時の好中球数の増加促進や再生不良性貧血に伴う好中球減少症などに使われる場合もある

ノイトロジン

  • レノグラスチム製剤
  • 造血幹細胞移植時の好中球数の増加促進や再生不良性貧血に伴う好中球減少症などに使われる場合もある

ノイアップ

  • ナルトグラスチム製剤
  • 造血幹細胞移植時の好中球数の増加促進や再生不良性貧血に伴う好中球減少症などに使われる場合もある

ジーラスタ

  • ペグフィルグラスチム製剤
    • フィルグラスチムにペグ(PEG:ポリエチレングリコール)を結合することで、従来のG-CSF製剤に比べ持続性が担保されている
    • 主にがん化学療法による発熱性好中球減少症の発症を抑える目的で使われる

薬の種類一覧

G-CSF製剤(顆粒球コロニー形成刺激因子製剤)の医療用医薬品(処方薬)

注射薬:キット類

注射薬:液剤

注射薬:散剤

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 疼痛治療薬が効果なし…メンタルと思いきや 「こじらせ疼痛」にどう向き合う FBシェア数:0
  2. 45歳男性。自力で動けない。 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  3. 研修医が意識しておくべき最低限の心構えとは イケてる指導医が研修医に伝えたいこと FBシェア数:177
  4. かかりつけ医の普及に本腰、でも1人開業医は… 特集◎2018年度診療・介護報酬改定のインパクト《5》 FBシェア数:34
  5. 肺癌見落としで40代女性死亡、河北健診クリニック 河北医療財団「係争化はしていない。遺族と協議中」 FBシェア数:0
  6. N95マスクは何度まで使えるのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:0
  7. メジャー疾患のガイドライン改訂が目白押し 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:0
  8. 腎機能を確認せずに造影CTを行うのは罪? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:152
  9. 専門医機構の新理事長は医学会連合の寺本民生氏 2019年度の専攻医募集は「9月を目指す」 FBシェア数:0
  10. 熱中症で倒れた新撰組沖田総司 病と歴史への招待 FBシェア数:26
医師と医学研究者におすすめの英文校正