日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

クリンダマイシン外用製剤解説

くりんだまいしんがいようせいざい

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 尋常性ざ瘡(ニキビ)の原因菌となるアクネ菌などに対して抗菌作用をあらわすことで主にニキビを治療する薬
    • 尋常性ざ瘡(ニキビ)は皮脂の分泌増加や毛穴が古い角質により塞がれることで菌(アクネ菌など)が増殖することによっておこる
    • 細菌の生命維持や増殖にはタンパク質合成が必要となる
    • クリンダマイシンはタンパク質合成阻害作用によりニキビの原因菌となるアクネ菌などに対して抗菌作用をあらわす
  • 本剤の成分(クリンダマイシン)はリンコマイシン系抗菌薬に分類される

詳しい薬理作用

尋常性ざ瘡(ニキビ)は主にホルモン(男性ホルモン)などの影響により皮脂の分泌が増えたり古い角質により毛穴が塞がれたりすることで毛穴の中に菌(アクネ菌など)が増殖することによっておこる。

細菌の生命維持や増殖にはタンパク質合成が必要となり、それはリボソームという器官で行われる。クリンダマイシンはリンコマイシン系という種類に分類される抗菌薬で、細菌のリボソーム50Sサブユニットに作用しペプチド転移酵素反応の阻害作用により、タンパク質合成阻害作用をあらわす。

クリンダマイシンは細菌の種類の中でグラム陽性球菌群、嫌気性菌群などに対して抗菌作用をあらわし、尋常性ざ瘡(ニキビ)の原因菌になるアクネ菌やコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)に対して抗菌作用をあらわす。

主な副作用や注意点

  • 皮膚症状
    • 痒み、つっぱり感、パリパリ感、刺激感、発赤などがあらわれる場合がある
  • 肝機能症状
    • 総ビリルビンの上昇などの数値異常があらわれる可能性がある

一般的な商品とその特徴

ダラシンT

  • 剤形(剤型)にゲル剤とローション剤があり皮膚状態などに合わせて選択が可能
  • 使用方法
    • 通常、1日2回、患部を洗った後、塗布する

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 32歳男性。全手指の爪症状 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  2. レセプト査定される糖尿病処方、教えます 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:225
  3. インフルエンザ脳症を疑う3つのポイント インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:150
  4. 今から区分マンション投資?それは自殺行為です Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:117
  5. いつから、何を使って、どれくらい勉強する? 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:76
  6. 「おちんちんが小さいのでは?」と聞かれたら 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:78
  7. 結核病棟からの脱走劇 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:65
  8. 刃物を持ってくる患者の「予兆」を見逃さないで 院内暴力・セクハラSOS FBシェア数:140
  9. 杏林大病院、診療体制維持での働き方改革に挑戦 シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:252
  10. 日本一高いアイスクリームに医療費高騰の片鱗を見る Inside Outside FBシェア数:91
医師と医学研究者におすすめの英文校正