日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

キノロン系外用抗菌薬解説

きのろんけいがいようこうきんやく

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • アクネ菌やブドウ球菌などの細菌への抗菌作用により、尋常性ざ瘡(ニキビ)や表在性皮膚感染症を治療する薬
    • ニキビはアクネ菌など、伝染性膿痂疹(とびひ)などの表在性皮膚感染症はブドウ球菌などの細菌が皮膚症状をおこす原因の一つになる
    • 細菌の増殖には遺伝情報をもつDNAの複製が必要となる
    • キノロン系抗菌薬はDNA複製に必要な酵素を阻害することで抗菌作用をあらわす

詳しい薬理作用

尋常性ざ瘡(ニキビ)は主にホルモン(男性ホルモン)などの影響により皮脂の分泌が増えたり古い角質により毛穴が塞がれたりすることで毛穴の中に菌(アクネ菌など)が増殖することによっておこる。ニキビが進行すると炎症があらわれ、悪化すると化膿し場合によっては瘢痕(ニキビ痕)が残ることもある。

表在性皮膚感染症は黄色ブドウ球菌などの皮膚表在菌が毛穴や傷に入り炎症をおこす皮膚疾患で、尋常性毛瘡(かみそり負け など)、伝染性膿痂疹(とびひ)、化膿性皮膚炎、毛嚢炎などが含まれる。

細菌の増殖にはタンパク質の合成が必要で、それには遺伝情報をもつDNA(デオキシリボ核酸)という物質の複製が必要となる。DNA複製にはDNAジャイレースやトポイソメラーゼといった酵素の働きが必要となる。キノロン系抗菌薬はDNA複製に必要なDNAジャイレースやトポイソメラーゼIVといった酵素を阻害することで抗菌作用をあらわす。

本剤はキノロン系抗菌薬の外用製剤で尋常性ざ瘡(ニキビ)の原因菌となるアクネ菌や伝染性膿痂疹(とびひ)の原因菌となる黄色ブドウ球菌などに対して抗菌作用をあらわすことで、主にこれら皮膚疾患の治療薬として使われる。

主な副作用や注意点

  • 皮膚症状
    • 痒み、乾燥、刺激感、ほてり感などがあらわれる場合がある

一般的な商品とその特徴

アクアチム

  • 剤形(剤型)に軟膏剤、クリーム剤、液剤(ローション剤)があり用途などに合わせて選択される
  • 使用方法
    • 通常、1日2回、患部に塗布する

ゼビアックス

  • 外用液剤(ローション剤)で主に表在性皮膚感染症や尋常性ざ瘡(ニキビ)などに使用する
  • 使用方法
    • 通常、1日1回、患部に塗布する

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 2018年度診療報酬改定に向けた基本方針案 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:57
  2. 相撲界の日馬富士騒動を医療界に例えたら…… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:27
  3. 失敗しやすい第2のポイントは針の進め方と深さ EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:11
  4. 叱られた時のヘコみ度 病院珍百景 FBシェア数:20
  5. TIAを見逃し後遺症 循環器科医の過失を認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:23
  6. 「かぜ診療の見直し」は日英共通の課題 特別対談 日英で進む薬剤耐性(AMR)対策 FBシェア数:217
  7. 政策誘導の「はしご」は外されるのが当たり前? 記者の眼 FBシェア数:24
  8. 服用中にチーズを食べない方がいい薬って? 医師のための薬の時間 FBシェア数:6
  9. たばこじゃなくて加熱式たばこなら大丈夫ですか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:133
  10. アラフォー医師に訪れる危機(クライシス) 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:79