日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

高カロリー輸液製剤(TPN製剤)解説

こうかろりーゆえきせいざい(てぃーぴーえぬせいざい)

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 中心静脈栄養(TPN)に用いる糖質などの栄養素を含む輸液製剤
    • 食事から栄養素(糖質、タンパク質(アミノ酸)、脂質、ビタミン、ミネラル)の摂取ができないと、体の脂質や筋肉の分解が進み生命の危機状態に近づく
    • 静脈から栄養素を含む輸液製剤を点滴することで飢餓状態が改善される
    • 中心静脈(上大静脈や下大静脈)から高濃度の栄養輸液を投与することを中心静脈栄養(TPN)と呼ぶ
  • TPN製剤は配合成分によって主に以下の種類に分かれる
    • 糖・電解質液
    • 糖・電解質・アミノ酸液
    • 糖・電解質・アミノ酸・総合ビタミン液
    • 糖・電解質・アミノ酸・総合ビタミン液・微量元素液 
    • 糖・電解質・アミノ酸・脂肪乳剤
  • 上記の中でさらに糖質などの濃度や含有量が規格によって分かれている場合があり、患者ごとの栄養状態に合わせた製剤が選択される

詳しい薬理作用

ヒトは通常、食事から糖質、タンパク質(アミノ酸)、脂質、ビタミン、ミネラルといった栄養素を摂っている。栄養が摂れない場合には、肝臓や筋肉のグリコーゲン(ブドウ糖が結合した多糖類)をエネルギー源として利用し、次に体内の脂質やタンパク質を分解してエネルギー源として利用する。このように栄養が摂れない状況が続くと、脂質や筋肉の分解が進み生命の危機状態に近づく。このような状況において、静脈から栄養素を含む輸液製剤を点滴することで飢餓状態の改善が期待できる。

輸液による補給の中でも心臓に近い太い血管である中心静脈(上大静脈や下大静脈)から高濃度の栄養輸液を投与することをTPN(Total Parenteral Nutorition:中心静脈栄養)と呼ぶ。

本剤はTPNに用いる糖質などを含む輸液製剤で高カロリー輸液と呼ばれる。[TPN自体を高カロリー輸液とも呼ぶ。また高カロリー輸液をIVH(Intravenous Hyperalimentation)と呼ぶ場合もあるが国際的にはTPNを用いる方向になっている]

本剤は配合成分によって主に以下の種類に分かれる。

  • 糖・電解質液
  • 糖・電解質・アミノ酸
  • 糖・電解質・アミノ酸・総合ビタミン液
  • 糖・電解質・アミノ酸・総合ビタミン液・微量元素液 
  • 糖・電解質・アミノ酸・脂肪乳剤

また上記の中でさらに糖質などの濃度や含有量が規格によって分かれていて、患者ごとの栄養状態に合わせた製剤が選択される。

主な副作用や注意点

  • 高血糖
    • 製剤中に高濃度のブドウ糖を含むため、過度の高血糖、口渇などがあらわれる可能性がある
    • 口渇、多飲、多尿、体重減少などがみられ、これらの症状が急にあらわれたり、持続したりする場合には、放置せず医師や薬剤師に連絡する
  • 代謝性アシドーシス
    • 主な理由としてビタミンB1の不足がある(通常、TPN施行時にはビタミンB1をはじめとするビタミン成分を併用するため頻度は稀だがおこる可能性がある)
    • 糖質からのエネルギー産生に必須なビタミンB1が不足すると乳酸が増え乳酸アシドーシスがおこる場合がある
    • 吐き気、腹痛、下痢、筋肉痛、倦怠感、脱力感などの症状がみられた場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する
  • ジギタリス製剤との相互作用について
    • 本剤中のカルシウムによりジギタリス製剤の作用が増強される場合がある
    • 脈の乱れなどがあらわれた場合には医師や薬剤師に連絡する

一般的な商品とその特徴

ハイカリック

  • 糖・電解質液の製剤
  • 製剤ごとの特徴について
    • ハイカリック液-1号、2号、3号・1号→2号→3号の順に糖濃度が高くなる
    • ハイカリックNCーL、N、H・「ハイカリック液-1〜3号」には含まれていない、ナトリウム(Na)とクロール(Cl)を含んでいる・L→N→Hの順に糖濃度が高くなる
    • ハイカリックRF・RFは「Renal Failure(腎不全)」の略で、腎不全時などの電解質排泄障害を考慮して、カリウム(K)とリン(P)を含まず、Naなど他の電解質も少量を含む製剤になっている

リハビックス

  • 糖・電解質液の製剤
  • 小児における代謝の特殊性を考慮した高カロリー輸液
    • 1号、2号では糖濃度の違いだけでなく電解質などのバランスも異なる

トリパレン

  • 糖・電解質液の製剤
  • 主に耐糖能が低下している状態での血糖管理を行いやすくする目的で開発された製剤
    • 各糖質の配合比・ブドウ糖:果糖:キシリトール=4:2:1
    • 3種類の糖質配合によりブドウ糖が相対的に減量されていて、血糖値の過度な上昇が軽減される
    • 耐糖能低下時や糖尿病時においても糖質の利用効率が高く、エネルギー源として利用されやすい

カロナリー

  • 糖・電解質液の製剤
    • L→M→Hの順に糖濃度が高くなる

ピーエヌツイン

  • 糖・電解質・アミノ酸液の製剤
    • 1バッグ中に糖とアミノ酸が別々に独立した室に入れてあり、使用直前に2室の隔壁部を開通させ、両液を混合させる製剤
    • 糖とアミノ酸の共存時に長期の安定性が得られないという欠点を改善している

アミノトリパ

  • 糖・電解質・アミノ酸液の製剤
    • 1バック中に糖とアミノ酸が別々に独立した室に入れてあり、使用時に2室の隔壁部を開通させ、両液を混合させる製剤
    • 糖とアミノ酸の共存時に長期の安定性が得られないという欠点を改善している
  • 糖濃度や糖質などについて
    • 1号→2号の順に糖濃度が高くなり、カリウム(K)やカルシウム(Ca)などの電解質は糖濃度に応じた配合量になっている
    • 各糖質の割合・ブドウ糖:果糖:キシリトール=4:2:1
    • 3種類の糖質配合により、耐糖能低下時にも糖質の利用効率を高める

ネオパレン

  • 糖・電解質・アミノ酸・総合ビタミン液の製剤
    • 糖とアミノ酸を別々に独立した室を入れ、さらに上室内に小室(第3室)を設け、使用直前に隔壁部を開通させ3液を混合させる製剤
    • 配合変化を防ぎ、総合ビタミン剤の混合調製の負担などを軽減させている
    • 3室の主な含有成分・上室:アミノ酸、電解質、ビタミン・小室:ビタミン・下室:糖質(ブドウ糖)、電解質、ビタミン
    • 1号→2号の順に糖濃度が高くなり、カリウム(K)やカルシウム(Ca)などの電解質は糖濃度に応じた配合量になっている

フルカリック

  • 糖・電解質・アミノ酸・総合ビタミン液の製剤
    • 大室、中室、小室の3室に成分を分け、使用直前に隔壁部を開通させ3液を混合させる製剤
    • 配合変化を防ぎ、総合ビタミン剤の混合調製の負担などを軽減させている
    • 3室の主な含有成分・大室:糖質(ブドウ糖)、電解質、ビタミン・中室:アミノ酸、電解質、ビタミン・小室:ビタミン
    • 誤投与防止のため、隔壁及び小室の両方を開通しなければ薬液が排出されない、未開通投与防止機構をもつ
    • 1号→2号→3号の順に糖濃度が高くなる

エルネオパ(エルネオパ輸液)

  • 糖・電解質・アミノ酸・総合ビタミン・微量元素液の製剤
    • 上室、小室V、小室T、下室の4室に成分を分け、使用直前に隔壁部を開通させ4液を混合させる製剤
    • 配合変化を防ぎ、微量元素やビタミンの混合調剤の負担などを軽減させている
    • 4室の主な含有成分・上室:糖質(ブドウ糖)、微量元素(ヨウ素)、電解質、ビタミン・小室V:ビタミン・小室T:微量元素(亜鉛、鉄、銅、マンガン)・下室:アミノ酸、電解質、ビタミン
  • 1号→2号の順で糖濃度が高くなる
  • エルネオパNF輸液について
    • エルネオパ輸液に比べ、ビタミンB1・B6・C・葉酸を増量、ビタミンKと鉄を減量させた製剤

ミキシッド

  • 糖・電解質・アミノ酸・脂肪乳剤
    • TPNにおいて、効率的なエネルギー補給と必須脂肪酸補給には脂肪乳剤の必要性が認識されている
    • 本剤は上室に糖質(ブドウ糖)と脂肪、下室にアミノ酸と電解質を分け、使用直前に隔壁部を開通させ両液を混合させる製剤・配合変化を防ぎ、3大栄養素(アミノ酸、ブドウ糖、脂肪)及び電解質を簡便かつ無菌的に混合調製できるメリットがある
    • L→Hの順で糖濃度が高くなる

薬の種類一覧

高カロリー輸液製剤(TPN製剤)の医療用医薬品(処方薬)

注射薬:キット類

注射薬:液剤

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 新制度、おまえはもう… 思案橋に夜9時でよかですか? FBシェア数:37
  2. いつから、何を使って、どれくらい勉強する? 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:67
  3. 32歳男性。全手指の爪症状 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. 刃物を持ってくる患者の「予兆」を見逃さないで 院内暴力・セクハラSOS FBシェア数:72
  5. 頭に何かできました。もしかしてガンですか? 佐藤俊次の「毎日使うダーモスコピー!」 FBシェア数:33
  6. 働き方改革とは働き方の多様性を認めること シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:35
  7. 血糖値スパイクが発覚した意外な食事 堀籠淳之の「日々是精進!薬剤師道場」 FBシェア数:174
  8. 慢性便秘に対する大建中湯の効果を検証する試験が進… 学会トピック◎第14回日本消化管学会総会学術集会 FBシェア数:86
  9. HER2陽性進行乳癌への毒性を軽減したエリブリン… 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:23
  10. 一酸化炭素中毒の後遺症をMRIで予測する JAMA Neurology誌から FBシェア数:41
医師と医学研究者におすすめの英文校正