日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

非核酸系逆転写酵素阻害薬・核酸系逆転写酵素阻害薬配合剤(抗HIV薬)解説

ひかくさんけいぎゃくてんしゃこうそそがいやく・かくさんけいぎゃくてんしゃこうそそがいやくはいごうざい

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • ヒト免疫不全ウイルス(HIV)の宿主細胞への感染を複数の薬剤で阻害し、ウイルスの増殖を抑える作用をあらわす薬
    • HIVはリンパ球に感染し、免疫系を徐々に破壊することでHIV感染症を引き起こす
    • HIVが宿主細胞への感染を成立させるには、自身の遺伝子をDNAに変換する逆転写反応が必要となる
    • 本剤は逆転写反応に必要な逆転写酵素を阻害する薬剤を複数含み、HIVの宿主細胞への感染を不成立にする作用をあらわす

詳しい薬理作用

ヒト免疫不全ウイルス(HIV)は、免疫の中心的な役割を担うリンパ球(主にCD4というタンパク質を発現しているリンパ球)に感染し、免疫系を徐々に破壊することでHIV感染症を引き起こす。

HIV感染症の治療は、抗HIV薬を3剤(3成分の薬剤)以上併用した強力な多剤併用療法(ART)を行う。抗HIV薬はその作用機序により、NRTI(核酸系逆転写酵素阻害薬)、NNRTI(非核酸系逆転写酵素阻害薬)、PI(プロテアーゼ阻害薬)、INSTI(インテグラーゼ阻害薬)などに分かれる。

HIVは宿主細胞に吸着し細胞内へ侵入、自身のRNA遺伝子を脱穀後、DNAに変換(逆転写反応)し、宿主の染色体に組み込むことで感染を成立させる。NRTIは逆転写反応に必要なHIV逆転写酵素と競合しDNAに取り込まれた後にDNA鎖の伸長を停止する作用をあらわすことで、NNRTIはHIV逆転写酵素の活性部位に結合しこの酵素活性を阻害することで、逆転転写反応を阻害しHIVの宿主細胞への感染を不成立にする作用をあらわす。

本剤はNRTIとNNRTIを配合した製剤で、複数の逆転写酵素阻害薬によりHIVの感染を不成立にさせ、ウイルスの増殖を抑制する作用をあらわす。

また本剤は多剤併用療法(ART)の問題点の一つである複数の製剤を併用するという点を改善し、ART成功に必要な良好なアドヒアランス(患者が積極的に治療方針の決定に参加し、その決定に従って治療を受けること)の維持などが期待できる製剤となる。

主な副作用や注意点

  • 消化器症状
    • 下痢、吐き気、腹痛などがあらわれる場合がある
  • 精神神経系症状
    • 頭痛、めまい、不眠、異常な夢などがあらわれる場合がある
  • 皮膚症状
    • 発疹、皮膚変色などがあらわれる場合がある
  • 筋骨格系障害
    • 筋力低下、骨軟化症などがあらわれる場合がある
  • 乳酸アシドーシス
    • 頻度は稀とされるがあらわれる可能性がある
    • 倦怠感、食欲不振、急な体重減少、胃腸障害、呼吸困難などがみられた場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する
  • 肝機能障害
    • 倦怠感、食欲不振、発熱、黄疸、発疹、吐き気、痒みなどがみられ症状が続く場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する

一般的な商品とその特徴

コムプレラ配合錠

  • 非核酸系逆転写酵素阻害薬(リルピビリン)と核酸系逆転写酵素阻害薬(テノホビル、エムトリシタビン)の配合製剤(略号:CMP[RPV/TDF/FTC])
  • 服用方法に関して
    • 通常、1日1回、食事中又は食直後に服用する
  • 胃酸分泌抑制薬との併用に関して
    • PPI(プロトンポンプ阻害薬)やH2受容体阻害薬などの胃内pHを上昇させる(酸性度が下がる)薬剤を併用することで、本剤中のリルピビリンの吸収が低下する可能性がある
    • 本剤服用中はPPIは併用禁忌(併用しないこと)となっている
    • 本剤服用中はH2阻害薬は併用注意となっている

薬の種類一覧

非核酸系逆転写酵素阻害薬・核酸系逆転写酵素阻害薬配合剤(抗HIV薬)の医療用医薬品(処方薬)

内用薬:錠剤

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 37歳男性の後頸部痛、見逃しNGの疾患は? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:0
  2. 東京医大の裏口入学贈収賄事件で憂うべきこと 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:226
  3. 熊本大、浜松医大の志願者が4割減少した理由 記者リポート FBシェア数:95
  4. 癒し系ドクターの裏の顔 病院珍百景 FBシェア数:56
  5. <胸痛>後に持続する心窩部圧迫感をどう診る? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:41
  6. お金が増える人は「国が用意した裏道」を歩く Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:49
  7. 専門医機構の内部資料が流出 ニュース追跡◎新専門医制度の持続のために必要なことは何だ? FBシェア数:255
  8. 職員の腕にタトゥー、報告を受けた院長の狼狽 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:102
  9. 心不全=利尿薬はもう古い!? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:264
  10. 究極の問題? 患者の「死にたい」への対応法 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:126
医師と医学研究者におすすめの英文校正