日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

プロテアーゼ阻害薬(抗HIV薬)解説

ぷろてあーぜそがいやく(こうえいちあいぶいやく)

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • プロテアーゼという酵素を阻害し、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)の体内での感染拡大を抑える薬
    • HIVはリンパ球に感染し、免疫系を徐々に破壊することでHIV感染症を引き起こす
    • HIVは標的となる細胞に感染しウイルス粒子を産生することで増殖していくが、ウイルス粒子産生に必要な機能タンパク質を作るためにはプロテアーゼという酵素などが必要となる
    • 本剤はプロテアーゼを阻害しウイルス粒子の産生を抑える作用をあらわす
  • 本剤は他の抗HIV薬と併用し多剤併用療法に用いる

詳しい薬理作用

ヒト免疫不全ウイルス(HIV)は、免疫の中心的な役割を担うリンパ球(主にCD4というタンパク質を発現しているリンパ球)に感染し、免疫系を徐々に破壊することでHIV感染症を引き起こす。

HIV感染症の治療は、抗HIV薬を3剤(3成分の薬剤)以上併用した強力な多剤併用療法(ART)を行う。抗HIVはその作用機序により、NRTI(核酸系逆転写酵素阻害薬)、NNRTI(非核酸系逆転転写酵素阻害薬)、PI(プロテアーゼ阻害薬)、INSTI(インテグラーゼ阻害薬)などに分かれる。

HIVは標的細胞に吸着し細胞内に侵入した後、いくつかの工程を経て自身の遺伝子を宿主の染色体に組み込み感染を成立させる。その後、ウイルス粒子に必要な複合タンパク質が合成されるが、この複合タンパク質が機能するタンパク質になるにはプロテアーゼという酵素によって切断される必要がある。

本剤はプロテアーゼを阻害し、機能タンパク質の産生を抑える作用をあらわす。これによりウイルス粒子の組み立てが阻害され感染性ウイルス粒子を産生させないため、感染拡大が阻止される。

主な副作用や注意点

  • 消化器症状
    • 下痢、吐き気・嘔吐などがあらわれる場合がある
  • 精神神経系症状
    • 頭痛、めまい、不眠などがあらわれる場合がある
  • 皮膚症状
    • 発疹、痒み、紅斑などがあらわれる場合がある
    • 頻度は非常に稀だが、重度の発疹、粘膜症状を伴う発疹などがあらわれる場合もあり、医師や薬剤師に連絡するなど適切に対処する
  • 筋骨格症状
    • 筋肉痛、関節痛、骨減少症などがあらわれる場合がある
  • 高血糖
    • 口渇、多飲、多尿、体重減少などがみられ、これらの症状が急にあらわれたり続いたりする場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する
  • 出血傾向
    • 突発性の出血性関節症などがあらわれる場合がある
  • 脂肪代謝異常
    • 総コレステロール、LDL、空腹時TGなどの上昇などに伴う脂質異常症があらわれる場合がある
    • 動脈硬化や心血管障害などを促す場合もあり十分注意する
    • リポジストロフィーという体脂肪分布異常があらわれる場合がある
  • 肝機能障害
    • 倦怠感、食欲不振、発熱、黄疸、発疹、吐き気、痒みなどがみられ症状が続く場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する
  • 本剤は他の抗HIV薬と併用し多剤併用療法(ART)に用いる

一般的な商品とその特徴

ノービア

  • リトナビル製剤(略号:RTV)
    • 錠剤、液剤があり嚥下機能の低下した患者などへのメリットも考えられる
    • 他のプロテアーゼ阻害薬の血中濃度を高く維持する(ブースター)目的で使用する場合がある

カレトラ

  • ロピナビルとリトナビル(ノービアの成分)配合剤(略号:LPV/r〔又はLPV/RTV〕)
    • 錠剤(配合錠)、液剤(配合内用液)があり、嚥下機能の低下した患者などへのメリットも考えられる
  • 本剤は食事有無に関わらず服用可能

プリジスタ プリジスタナイーブ

  • ダルナビル製剤(略号:DRV)
    • 通常、リトナビル及び他の抗HIV薬と併用する
  • プリジスタ錠(600mg)に関して
    • 通常、本剤1回600mgとリトナビル1回100mgを併用し、それぞれ1日2回食事中又は食直後に服用する
    • 「抗HIV薬による治療経験があり少なくとも1つのダルナビル耐性関連変異を持つ患者」へ使用する
  • プリジスタナイーブ(800mg)に関して
    • 通常、本剤1回800mgとリトナビル1回100mgを併用し、それぞれ1日1回食事中又は食直後に服用する
    • 「抗HIV薬による治療経験がないHIV感染患者」又は「抗HIV薬による治療経験がありダルナビル耐性関連変異を持たない患者」へ使用する

レクシヴァ

  • ホスアンプレナビル製剤(略号:FPV)
  • リトナビル(ノービアの成分)をブースターとして併用する場合がある
  • 服用方法などに関して
    • 治療内容などにより、1日1回で服用する場合と1日2回で服用する場合がある(処方医の指示に従い適切に服用する)
    • 食事の有無に関わらず服用可能

レイアタッツ

  • アタザナビル製剤(略号:ATV)
  • 通常、1日1回、食事中又は食直後に服用する

プレジコビックス

  • ダルナビル(DRV:プリジスタの成分)とコビシスタット(COBI)の配合製剤
    • コビシスタットは他剤の血中濃度を高めるブースターの役割
  • 服用方法に関して
    • 通常、1日1回、食事中又は食直後に服用する
  • 併用薬に関する注意
    • 本剤中のコビシスタットは薬物代謝酵素阻害薬であり、他の薬剤の効果を過度に高める可能性があるため併用薬に関しては特に注意が必要となる
    • シンバスタチン(商品名:リポバスなど)、トリアゾラム(商品名:ハルシオンなど)などとは本剤と併用禁忌(併用しないこと)となる

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. マッチング最終結果、市中病院人気が再び加速 【2017年度】フルマッチ校は11校、東京医科歯科大は5年連続 FBシェア数:239
  2. 不足だけでないインフルエンザワクチンへの懸念 記者の眼 FBシェア数:375
  3. ベルソムラは就寝前に飲んじゃダメ!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:122
  4. 高齢でもピロリ除菌を行うべきもう1つの理由 リポート◎ピロリ除菌の目的は胃癌発症抑制と潰瘍予防だけじゃない! FBシェア数:185
  5. キャラクターで抗菌薬を覚える!? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:82
  6. 診療所の運動器リハ、意外だった査定の理由は? あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:91
  7. 待望の内服薬が承認、治療アドヒアランス向上に期待 Unmet Medical Needs 2017 秋 FBシェア数:2
  8. 国内初の『慢性便秘症診療GL』の特徴は? 学会トピック◎JDDW2017 FBシェア数:124
  9. 「医療訴訟がとにかく怖いんです!」 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:19
  10. 意外と世間から誤解されている「救急」 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:96