日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

レボホリナートカルシウム解説

れぼほりなーとかるしうむ

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 抗がん薬であるフルオロウラシルのDNA合成阻害作用を増強し、抗腫瘍効果を高める薬
    • がん細胞は無秩序な増殖を繰り返したり転移を行うことで、正常な細胞を障害し組織を壊す
    • 消化器がんなどで使用されるフルオロウラシルはチミジル酸合成酵素(TS)という酵素と結合することでTSを阻害しDNA合成を阻害することで、抗腫瘍効果をあらわす
    • 本剤は体内でフルオロウラシルの代謝活性物質と一緒にTSと強固な複合体を形成し、フルオロウラシルの抗腫瘍効果を増強する

詳しい薬理作用

がん細胞は無秩序な増殖を繰り返し正常な細胞を障害し、転移を行うことで本来がんのかたまりがない組織でも増殖する。

消化器がんなどで使用される抗がん薬のフルオロウラシル(略号:5-FU)は体内で代謝を受ける(代謝活性物質〔FdUMP〕になる)と、DNA合成に必要なチミジル酸合成酵素(TS)という酵素と結合し、この酵素活性を阻害することでチミジル酸合成阻害作用によりDNA合成を阻害し結果、細胞の増殖を抑える作用をあらわす。

本剤自体は抗がん薬ではないが細胞内で還元されて5,10メチレンテトラヒドロ葉酸となりこの物質がフルオロウラシルの代謝活性物質(FdUMP)及びチミジル酸合成酵素(TS)と強固な複合体を形成し、TSの解離を遅延させることでこの酵素活性をより阻害し、フルオロウラシルによる抗腫瘍効果を増強する作用をあらわす。

本剤の成分であるレボホリナート(l-ロイコボリン)はホリナート(dl-ロイコボリン)からd体を除き活性本体のl体のみを製剤化したもので、フルオロウラシルによる抗腫瘍効果を効率よく高めることなどが期待できる。

主な副作用や注意点

  • 消化器症状(本剤とフルオロウラシルなどの抗がん薬併用時)
    • 下痢、食欲不振、吐き気・嘔吐、腹痛、口内炎などがあらわれる場合がある
    • 場合によっては激しい下痢などがおこり脱水症状に至ることもあるため十分注意する
  • 骨髄抑制(本剤とフルオロウラシルなどの抗がん薬併用時)
    • 血小板減少、白血球減少、貧血、好中球減少などがあらわれる場合がある
    • 発熱、息切れ、出血しやすい、手足に点状出血、あおあざができやすいなどがみられた場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する
  • 白質脳症(本剤とフルオロウラシルなどの抗がん薬併用時)
    • 歩行時のふらつき、口のもつれ、物忘れ、動作緩慢などがみられた場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する
  • 肝機能障害(本剤とフルオロウラシルなどの抗がん薬併用時)
    • 倦怠感、食欲不振、発熱、黄疸、発疹、吐き気・嘔吐、痒みなどがみられ症状が続く場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する

一般的な商品とその特徴

アイソボリン

  • 主に、胃がん、結腸・直腸がんに対する「レボホリナート・フルオロウラシル療法」や結腸・直腸がん、膵がんに対する「レボホリナート・フルオロウラシル持続静注併用療法」などで使用する

薬の種類一覧

レボホリナートカルシウムの医療用医薬品(処方薬)

注射薬:散剤

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「医療訴訟がとにかく怖いんです!」 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:1
  2. キャラクターで抗菌薬を覚える!? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:41
  3. 39歳男性。両下肢のしびれ、痛み 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  4. 立て続けにレセプト査定、今講じるべき対策は? 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:2
  5. ビギナーの助手は「術野展開」への専念が大切 学会トピック◎JDDW2017 FBシェア数:15
  6. CKDの原因に便秘 便秘薬に腎保護作用 Unmet Medical Needs 2017 秋 FBシェア数:4
  7. 関節リウマチの原因は腸内細菌の乱れ Unmet Medical Needs 2017 秋 FBシェア数:68
  8. 地裁が「パワハラで解雇は無効」 群馬大医学系研究科教授の懲戒解雇処分 FBシェア数:3
  9. 再発膀胱癌で生じた発汗、動悸、呼吸困難 カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:0
  10. 超拡大内視鏡とAIの活用で大腸癌リンパ節転移の予… 学会トピック◎JDDW2017 FBシェア数:6