日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

分子標的薬(パニツムマブ〔ヒト型抗EGFRモノクローナル抗体〕)解説

ぶんしひょうてきやく(ぱにつむまぶ)

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • がん細胞の増殖に関わる上皮成長因子受容体に結合することでこの受容体の働きを抑え、がん細胞の増殖抑制作用などをあらわす薬
    • がん細胞は無秩序な増殖を繰り返したり転移を行うことで、正常な細胞を障害し組織を壊す
    • 細胞増殖のシグナル伝達で必要な上皮成長因子受容体(EGFR)というものがある
    • 本剤はがん細胞表面に存在するEGFRに結合することでこの受容体の働きを阻害し細胞増殖のシグナル伝達を遮断する
  • 本剤はがん細胞の増殖などに関わる特定分子の情報伝達を阻害することで抗腫瘍効果をあらわす分子標的薬となる

詳しい薬理作用

がん細胞は無秩序な増殖を繰り返し正常な細胞を障害し、転移を行うことで本来がんのかたまりがない組織でも増殖する。

細胞が増殖するために必要なシグナルを受け取る上皮成長因子受容体(EGFR)というものがあり、がん細胞表面に存在するこの受容体にシグナルが伝わり異常な細胞増殖が行われる。

本剤は細胞表面にあるEGFRに結合することで細胞増殖のシグナル伝達を阻害し抗腫瘍効果をあらわす。

本剤は特的物質に結合する抗体として免疫細胞から造られたモノクローナル抗体であり、がん細胞の増殖に関わる特的分子の情報伝達を阻害することで抗腫瘍効果をあらわす分子標的薬となる。(本剤はヒト型モノクローナル抗体であり、投与中及び投与後における免疫反応などによる有害事象が起こる可能性が少ないなどのメリットが考えられる)

主な副作用や注意点

  • 皮膚症状
    • ざ瘡様皮膚炎、発疹、皮膚乾燥、爪囲炎、痒み、紅斑などがあらわれ場合によっては症状が重度となることもある
    • 症状の悪化を防ぐため継続的なスキンケアなどが重要となる
  • 消化器症状
    • 口内炎、下痢、吐き気・嘔吐、口唇炎などがあらわれる場合がある
  • 低マグネシウム血症
    • QT延長、痙攣、しびれ、全身倦怠感などを伴う低マグネシウム血症があらわれる場合がある
  • 間質性肺炎
    • 少し無理をしたりすると息切れがする・息苦しくなる、空咳が出る、発熱するなどがみられこれらの症状が急に出現したり、持続したりする
    • 上記のような症状がみられた場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する

一般的な商品とその特徴

ベクティビックス

  • 通常、治癒切除不能な進行・再発の結腸・直腸がんで使用する

薬の種類一覧

分子標的薬(パニツムマブ〔ヒト型抗EGFRモノクローナル抗体〕)の医療用医薬品(処方薬)

注射薬:液剤

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. マッチング最終結果、市中病院人気が再び加速 【2017年度】フルマッチ校は11校、東京医科歯科大は5年連続 FBシェア数:239
  2. 不足だけでないインフルエンザワクチンへの懸念 記者の眼 FBシェア数:375
  3. ベルソムラは就寝前に飲んじゃダメ!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:122
  4. 高齢でもピロリ除菌を行うべきもう1つの理由 リポート◎ピロリ除菌の目的は胃癌発症抑制と潰瘍予防だけじゃない! FBシェア数:185
  5. キャラクターで抗菌薬を覚える!? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:82
  6. 診療所の運動器リハ、意外だった査定の理由は? あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:91
  7. 待望の内服薬が承認、治療アドヒアランス向上に期待 Unmet Medical Needs 2017 秋 FBシェア数:2
  8. 国内初の『慢性便秘症診療GL』の特徴は? 学会トピック◎JDDW2017 FBシェア数:124
  9. 「医療訴訟がとにかく怖いんです!」 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:19
  10. 意外と世間から誤解されている「救急」 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:96