日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

チアゾリジン薬・ビグアナイド薬配合剤解説

ちあぞりじんやく・びぐあないどやくはいごうざい

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 筋肉や脂肪細胞での糖の取り込みや糖利用の促進作用、肝臓からの糖の放出を抑える作用など複数の作用により血糖を下げる薬
    • 糖尿病は血糖値の高い状態が続くことで様々な合併症をひきおこす
    • チアゾリジン薬はインスリン抵抗性の改善により、筋肉・脂肪組織での糖取り込みや糖利用の促進、肝臓からの糖放出抑制作用により血糖を下げる
    • ビグアナイド薬は肝臓からの糖放出を抑える他、筋肉・脂肪組織での糖取り込み促進作用、小腸での糖吸収抑制作用により血糖を下げる
    • 本剤はチアゾリジン薬とビグアナイド薬の配合剤

詳しい薬理作用

糖尿病は血液中の血糖(ブドウ糖)が適正な量を超えて増えてしまった状態で、血糖値が高い状態が続くと様々な合併症がおこる。

インスリンは血糖値を下げるホルモンであり、インスリンの分泌量が十分でもインスリンが効きにくくなっている状態(インスリン抵抗性がある状態)では血糖が下がりづらくなる。

インスリンへの抵抗性が増えると、末梢(筋肉組織、脂肪組織)での糖の取り込みや糖利用の低下、肝臓からの糖放出の増加などにより血糖が上がりやすくなる。

肝臓からの糖の放出、小腸での糖吸収は血糖を上げる要因となる。

チアゾリジン薬はインスリン抵抗性の改善により、筋肉・脂肪組織での糖取り込みや糖利用の促進作用、肝臓での糖放出の抑制作用により血糖を下げる効果をあらわす。

ビグアナイド薬は主に肝臓からの糖の放出を抑える作用をあらわす他、インスリン抵抗性改善により筋肉や脂肪組織における糖の取り込みを促進させる作用、腸管(小腸)からの糖吸収を抑える作用といった複数の作用により血糖を下げる効果をあらわす。

本剤はチアゾリジン薬とビグアナイド薬の配合製剤で、 両成分による血糖降下作用や2成分をひとつの製剤にすることによるアドヒアランス(患者が積極的に治療方針の決定に参加し、その決定に従って治療を受けること)などへのメリットが考えられる。

主な副作用や注意点

  • 低血糖
    • 冷や汗がでる、気持ちが悪くなる、手足がふるえる、ふらつく、力がぬけた感じがするなどの症状が急に出現したり持続したりする
    • 上記のような症状がみられる場合は、吸収の速い糖分などを摂取する
    • 糖分を摂取しても症状の改善がみられない場合は、医師や薬剤師に連絡する
    • 高所作業、自動車の運転などに従事している場合は特に注意する
  • 肝機能障害
    • 頻度は稀とされる
    • 倦怠感、食欲不振、発熱、黄疸、吐き気・嘔吐、痒みなどがみられ症状が続く場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する
  • 乳酸アシドーシス
    • 頻度は稀とされる
    • 吐き気、腹痛、下痢、筋肉痛、倦怠感、脱力感などの症状がみられた場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する
    • 慢性腎不全、心疾患、慢性肺疾患、高齢者などは乳酸アシドーシスの危険因子となる
  • 浮腫に関する注意
    • 主に本剤中のチアゾリジン系薬によりおこることがあり、一般的に男性よりも女性の方がおこりやすいとされる
    • 疲れやすい、足がむくむ、急に体重が増えたなどがみられた場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する

一般的な商品とその特徴

メタクト配合錠

  • ピオグリタゾン(チアゾリジン薬)とメトホルミン(ビグアナイド薬)の配合製剤
    • LD:ピオグリタゾン15mg、メトホルミン500mg含有
    • HD:ピオグリタゾン30mg、メトホルミン500mg含有

薬の種類一覧

チアゾリジン薬・ビグアナイド薬配合剤の医療用医薬品(処方薬)

内用薬:錠剤

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:280
  2. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:377
  3. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  4. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:17
  5. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  6. 院外と院内の価格差、中医協でも議論に トレンド(DIオンライン) FBシェア数:21
  7. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:682
  8. NAFLD患者は脳の萎縮が早くなる可能性あり JAMA Neurology誌から FBシェア数:58
  9. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:17
  10. 高齢者にも脳症リスクあるA(H3)は流行する? 寄稿◎2017ー18シーズンのインフルエンザ診療の要点《上》 FBシェア数:1