日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

分子標的薬(BRAF阻害薬)解説

ぶんしひょうてきやく(びーらふそがいやく)

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 異常な細胞増殖の因子となる変異型BRAFというキナーゼタンパク質の活性を阻害し抗腫瘍効果をあらわす薬
    • がん細胞は無秩序な増殖を繰り返したり転移を行うことで正常ながん細胞を障害し組織を壊す
    • 細胞増殖のシグナル伝達で重要な因子となるBRAFというキナーゼタンパク質があり、このBRAFに変異がおこると細胞増殖が異常に促進する
    • 転移性悪性黒色腫ではBRAF変異がみられる場合がある
    • 本剤は活性化変異型のBRAFキナーゼを阻害することで抗腫瘍効果をあらわす
  • 本剤はがん細胞の増殖などに関わる特定の分子の情報伝達を阻害することで抗腫瘍効果をあらわす分子標的薬となる

詳しい薬理作用

がん細胞は無秩序な増殖を繰り返し、正常な細胞を障害し転移を行うことで本来がんのかたまりがない組織でも増殖する。

細胞増殖のシグナル伝達で重要な因子となるBRAFというキナーゼタンパク質があり、このBRAFに変異がおこると、常に活性をもち細胞増殖が異常に促進する。転移性悪性黒色腫ではBRAF変異がみられる場合がある。

本剤はBRAFのV600変異(アミノ酸配列600番目のバリンが変異:V600E、V600D など)を含む活性化変異型のBRAFキナーゼを阻害することで、BRAFのV600変異を有する腫瘍の増殖抑制作用をあらわす。本剤は通常、BRAF変異がみられる悪性黒色腫に使用し、がん細胞の増殖などに関わる分子の情報伝達を阻害することで抗腫瘍効果をあらわす分子標的薬となる。

主な副作用や注意点

  • 皮膚症状
    • 発疹、過敏症、脱毛などがあらわれる場合がある
    • 皮膚状態の確認や紫外線対策なども重要となる
  • 筋・骨格症状
    • 関節痛、筋骨格痛、四肢痛などがあらわれる場合がある
  • 消化器症状
    • 吐き気・嘔吐、下痢、腹痛、口内炎などがあらわれる場合がある
  • 肝機能障害
    • 頻度は稀だがおこる場合がある
    • 倦怠感、食欲不振、発熱、黄疸、吐き気・嘔吐、痒みなどがみられ症状が続く場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する
  • 循環器症状(QT間隔延長 など)
    • 動悸、めまいなどがあらわれる場合があり十分注意する

一般的な商品とその特徴

ゼルボラフ

  • 食事の影響に関して
    • 本剤を食後に服用した場合、血中濃度が上昇するなどの可能性がある
    • 本剤は通常、食事の1時間前から食後2時間までの間の服用は“避けること”が望ましい

薬の種類一覧

分子標的薬(BRAF阻害薬)の医療用医薬品(処方薬)

内用薬:錠剤

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 32歳男性。全手指の爪症状 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  2. レセプト査定される糖尿病処方、教えます 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:225
  3. インフルエンザ脳症を疑う3つのポイント インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:150
  4. 今から区分マンション投資?それは自殺行為です Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:117
  5. いつから、何を使って、どれくらい勉強する? 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:76
  6. 「おちんちんが小さいのでは?」と聞かれたら 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:78
  7. 結核病棟からの脱走劇 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:65
  8. 刃物を持ってくる患者の「予兆」を見逃さないで 院内暴力・セクハラSOS FBシェア数:140
  9. 杏林大病院、診療体制維持での働き方改革に挑戦 シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:252
  10. 日本一高いアイスクリームに医療費高騰の片鱗を見る Inside Outside FBシェア数:91
医師と医学研究者におすすめの英文校正