日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

微小管阻害薬(エリブリンメシル酸塩製剤)解説

びしょうかんそがいやく

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 細胞分裂に不可欠な紡錘体の形成を阻害し細胞分裂を停止させ、がん細胞の自滅を誘導することで抗腫瘍効果をあらわす薬
    • がん細胞は無秩序に増殖を繰り返したり転移を行うことで、正常な細胞を障害し組織を壊す
    • 細胞増殖は細胞が分裂することでおこるが、細胞分裂に重要な役割を果たす微小管という物質がある
    • 細胞分裂の中期くらいまでは微小管同士が束になり(重合し)微小管が伸長し、分裂に不可欠な紡錘体というものが形成される
    • 本剤は微小管の重合を阻害し紡錘体形成を阻害することで細胞分裂を停止させる作用をあらわす

詳しい薬理作用

がんは無秩序な増殖を繰り返し、細胞を障害し組織を壊したり、転移を行うことで本来がんのかたまりがない組織でも増殖する。

細胞増殖は細胞の分裂によっておこるが、細胞分裂に重要な役割を果たす微小管という物質がある。細胞分裂の中期くらいまでは微小管同士が束になって(重合して)いる状態で微小管が伸長し、分裂に必要不可欠な紡錘体というものが形成される。

本剤は微小管の重合を阻害し微小管伸長を抑制することで正常な紡錘体形成を妨げる作用をあらわす。これにより、細胞分裂を停止させ、がん細胞の自滅による細胞死を誘導し抗腫瘍効果をあらわす殺細胞性抗がん薬となる。

主な副作用や注意点

  • 皮膚症状
    • 脱毛、発疹などがあらわれる場合がある
  • 消化器症状
    • 吐き気、口内炎、食欲不振、嘔吐、便秘、下痢などがあらわれる場合がある
  • 精神神経系症状
    • 味覚異常、頭痛、めまいなどがあらわれる場合がある
  • 骨髄抑制
    • 好中球減少、白血球減少、リンパ球減少などがあらわれる場合がある
    • 上記などの副作用に伴い、敗血症、肺炎などの重篤な感染症があらわれる場合もある
    • 突然の高熱、寒気、喉の痛み、手足に点状出血、あおあざができやすい、出血しやすいなどがみられた場合は放置せず、医師や薬剤師へ連絡する
  • 末梢神経障害
    • 手や足がピリピリとしびれる・ジンジンと痛む・感覚がなくなる、物がつかみづらい、歩行時につまずくことが多いなどがみられた場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する

一般的な商品とその特徴

ハラヴェン

  • アルコール過敏の患者への注意
    • 本剤は添加物としてアルコール(無水エタノール)を含有する
    • 投与前にアルコール過敏の有無を確認し、アルコールに特に過敏である場合は十分に注意する

薬の種類一覧

微小管阻害薬(エリブリンメシル酸塩製剤)の医療用医薬品(処方薬)

注射薬:液剤

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 2018年度診療報酬改定に向けた基本方針案 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:57
  2. 相撲界の日馬富士騒動を医療界に例えたら…… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:27
  3. 失敗しやすい第2のポイントは針の進め方と深さ EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:11
  4. 叱られた時のヘコみ度 病院珍百景 FBシェア数:20
  5. TIAを見逃し後遺症 循環器科医の過失を認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:23
  6. 「かぜ診療の見直し」は日英共通の課題 特別対談 日英で進む薬剤耐性(AMR)対策 FBシェア数:217
  7. 政策誘導の「はしご」は外されるのが当たり前? 記者の眼 FBシェア数:24
  8. 服用中にチーズを食べない方がいい薬って? 医師のための薬の時間 FBシェア数:6
  9. たばこじゃなくて加熱式たばこなら大丈夫ですか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:133
  10. アラフォー医師に訪れる危機(クライシス) 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:79