日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ラモトリギン解説

らもとりぎん

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 興奮性神経伝達物質の放出を抑え神経の過剰な興奮を抑えることで、抗けいれん作用をあらわしたり気分の変動を抑える薬
    • てんかんは脳内神経の異常な興奮などによっておこるとされ、その症状はけいれんや体のこわばりなど多種多様となる
    • 脳内における神経細胞の興奮性シグナルとしてナトリウム(Na)イオンなどがある
    • 本剤は神経細胞の興奮性シグナルの通り道(Naチャネルなど)を阻害し、興奮性神経伝達物質の放出抑制作用などをあらわす
  • 本剤はてんかん治療薬としては、第二世代の抗てんかん薬に分類される
  • 本剤はてんかん治療薬の他、双極性障害における気分変動の治療薬などとして使用する場合がある

詳しい薬理作用

てんかんは脳内で神経が異常に興奮することなどによっておこり、その症状は全身のこわばりやけいれん、意識の消失、体の一部に症状があらわれるなど多種多様となる。

脳には神経細胞が集積していて、神経伝達物質などの作用により神経細胞が興奮しシグナルが伝わり神経伝達がおこる。神経の興奮伝達に関わる物質の一つにナトリウムイオン(Na+)があり興奮性のシグナルとして作用する。またカルシウムイオン(Ca2+)は興奮性のシグナルとして作用し、このシグナルが通り道であるCaチャネルから流入することで興奮性神経伝達物質のグルタミン酸が放出され神経興奮がおこる。

本剤はNa+の通り道であるNaチャネルの阻害作用、Caチャネルの阻害によるグルタミン酸の放出抑制作用により神経の過剰興奮及び伝達を抑え抗てんかん作用をあらわすとされる。本剤はてんかんの中でも、部分発作、強直間代発作、レノックスガストー症候群(幼児期に発症する難治性のてんかん)における全般発作に効果をあらわす他、双極性障害の治療などで使用する場合もある。また本剤はてんかんの治療薬としては2006年以降に承認された第二世代抗てんかん薬の一つとなる。

主な副作用や注意点

  • 精神神経系症状
    • 眠気、めまい、頭痛、不安・焦燥・興奮などがあらわれる場合がある
  • 消化器症状
    • 吐き気・嘔吐、下痢、食欲不振などがあらわれる場合がある
  • 皮膚症状
    • 発疹、脱毛などがあらわれる場合があり、非常に稀だが中毒性表皮壊死融解症や皮膚粘膜眼症候群などの重篤な皮膚症状があらわれる場合もある
    • 発熱、眼充血、顔面の腫脹、口唇や陰部などのびらん、水疱、紅斑、咽頭痛、そう痒、全身倦怠感などがみられた場合は放置せず、速やかに医師や薬剤師に連絡する
  • 汎血球減少症、無顆粒球症など
    • 頻度は非常に稀である
    • あおあざができやすい、歯ぐきや鼻の粘膜からの出血、突然の高熱、喉の痛み、寒気、動悸、息切れなどがみられた場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する
  • バルプロ酸ナトリウム製剤(商品名:デパケン など)を併用する場合の注意
    • 上記薬剤の影響により本剤の体内における代謝が阻害されるなどの可能性がある
    • 併用する場合は本剤を徐々に増やす(漸増)などの対処が必要な場合があり、医師の指示の下、適切に服用する

一般的な商品とその特徴

ラミクタール

  • 錠剤のタイプがチュアブル・ディスパーシブル錠と呼ばれる製剤
    • そのまま咀嚼して服用、錠剤を水とともに服用、錠剤を水に懸濁して服用と状況に応じて服用できる特徴をもつ

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 37歳男性の後頸部痛、見逃しNGの疾患は? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:0
  2. 東京医大の裏口入学贈収賄事件で憂うべきこと 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:226
  3. 熊本大、浜松医大の志願者が4割減少した理由 記者リポート FBシェア数:95
  4. 癒し系ドクターの裏の顔 病院珍百景 FBシェア数:56
  5. <胸痛>後に持続する心窩部圧迫感をどう診る? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:41
  6. お金が増える人は「国が用意した裏道」を歩く Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:49
  7. 専門医機構の内部資料が流出 ニュース追跡◎新専門医制度の持続のために必要なことは何だ? FBシェア数:255
  8. 職員の腕にタトゥー、報告を受けた院長の狼狽 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:102
  9. 心不全=利尿薬はもう古い!? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:264
  10. 究極の問題? 患者の「死にたい」への対応法 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:126
医師と医学研究者におすすめの英文校正