日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

駆虫薬(フェノトリン)解説

くちゅうやく(ふぇのとりん)

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 寄生虫などの神経伝導を遮断し殺虫作用により疥癬などに効果をあらわす薬
    • 疥癬は皮膚にダニの一種であるヒゼンダニが寄生しておこる感染症
    • 動物は神経伝達が阻害されると正常に体を動かせなくなり場合によっては死に至る
    • 本剤は寄生虫や害虫などの神経伝導などを遮断し殺虫作用をあらわす
    • 本剤は駆虫薬(寄生虫を殺したり体外に排出するために用いる薬の一種)となる
  • 本剤は(家庭用殺虫剤などでも使用されている)ピレスロイド系化合物の一つ

詳しい薬理作用

疥癬は皮膚にダニの一種であるヒゼンダニが寄生しておこる感染症で、発疹などの皮膚症状や場合によっては激しい痒みなどがあらわれることもある。

動物がその体を動かすには神経が正常に働く必要があり、反対に神経の働きが阻害されれば伝達が阻害され動けなくなり場合によっては死に至る。神経細胞における神経伝達のシグナルとしてナトリウムイオン(Na+)などがある。

フェノトリンなどのピレスロイド系化合物(殺虫剤の成分として家庭用殺虫剤などで使用されている)は神経細胞におけるNa+の通り道であるNaチャネルに作用し神経伝導などを遮断することによって殺虫作用をあらわすとされる。また本剤は寄生虫を殺したり、体外に排出したりするために用いる薬の一種である駆虫薬となる。

主な副作用や注意点

  • 皮膚症状
    • 皮膚炎、ひびあかぎれ(皮膚亀裂)、水疱、末梢性浮腫などがあらわれる場合がある
  • 末梢神経系症状
    • ヒリヒリ感(錯感覚)があらわれる場合がある
  • 肝機能異常
    • 肝機能異常により、AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇などがあらわれる場合がある

一般的な商品とその特徴

スミスリン

  • 剤形や用途などが処方薬と市販薬(一般用医薬品)で異なる
    • 処方薬:液剤(スミスリンローション)で主に疥癬で使用する
    • 市販薬:液剤(スミスリンLシャンプータイプ)、粉剤(スミスリンパウダー)があり、主にシラミの駆除で使用する

薬の種類一覧

駆虫薬(フェノトリン)の医療用医薬品(処方薬)

外用薬:皮膚塗布剤

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 疼痛治療薬が効果なし…メンタルと思いきや 「こじらせ疼痛」にどう向き合う FBシェア数:0
  2. 45歳男性。自力で動けない。 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  3. 研修医が意識しておくべき最低限の心構えとは イケてる指導医が研修医に伝えたいこと FBシェア数:177
  4. かかりつけ医の普及に本腰、でも1人開業医は… 特集◎2018年度診療・介護報酬改定のインパクト《5》 FBシェア数:34
  5. 肺癌見落としで40代女性死亡、河北健診クリニック 河北医療財団「係争化はしていない。遺族と協議中」 FBシェア数:0
  6. N95マスクは何度まで使えるのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:0
  7. メジャー疾患のガイドライン改訂が目白押し 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:0
  8. 腎機能を確認せずに造影CTを行うのは罪? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:152
  9. 専門医機構の新理事長は医学会連合の寺本民生氏 2019年度の専攻医募集は「9月を目指す」 FBシェア数:0
  10. 熱中症で倒れた新撰組沖田総司 病と歴史への招待 FBシェア数:26
医師と医学研究者におすすめの英文校正