日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

駆虫薬(フェノトリン)解説

くちゅうやく(ふぇのとりん)

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 寄生虫などの神経伝導を遮断し殺虫作用により疥癬などに効果をあらわす薬
    • 疥癬は皮膚にダニの一種であるヒゼンダニが寄生しておこる感染症
    • 動物は神経伝達が阻害されると正常に体を動かせなくなり場合によっては死に至る
    • 本剤は寄生虫や害虫などの神経伝導などを遮断し殺虫作用をあらわす
    • 本剤は駆虫薬(寄生虫を殺したり体外に排出するために用いる薬の一種)となる
  • 本剤は(家庭用殺虫剤などでも使用されている)ピレスロイド系化合物の一つ

詳しい薬理作用

疥癬は皮膚にダニの一種であるヒゼンダニが寄生しておこる感染症で、発疹などの皮膚症状や場合によっては激しい痒みなどがあらわれることもある。

動物がその体を動かすには神経が正常に働く必要があり、反対に神経の働きが阻害されれば伝達が阻害され動けなくなり場合によっては死に至る。神経細胞における神経伝達のシグナルとしてナトリウムイオン(Na+)などがある。

フェノトリンなどのピレスロイド系化合物(殺虫剤の成分として家庭用殺虫剤などで使用されている)は神経細胞におけるNa+の通り道であるNaチャネルに作用し神経伝導などを遮断することによって殺虫作用をあらわすとされる。また本剤は寄生虫を殺したり、体外に排出したりするために用いる薬の一種である駆虫薬となる。

主な副作用や注意点

  • 皮膚症状
    • 皮膚炎、ひびあかぎれ(皮膚亀裂)、水疱、末梢性浮腫などがあらわれる場合がある
  • 末梢神経系症状
    • ヒリヒリ感(錯感覚)があらわれる場合がある
  • 肝機能異常
    • 肝機能異常により、AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇などがあらわれる場合がある

一般的な商品とその特徴

スミスリン

  • 剤形や用途などが処方薬と市販薬(一般用医薬品)で異なる
    • 処方薬:液剤(スミスリンローション)で主に疥癬で使用する
    • 市販薬:液剤(スミスリンLシャンプータイプ)、粉剤(スミスリンパウダー)があり、主にシラミの駆除で使用する

薬の種類一覧

駆虫薬(フェノトリン)の医療用医薬品(処方薬)

外用薬:皮膚塗布剤

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 診療所の運動器リハ、意外だった査定の理由は? あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:73
  2. 辛い食事で下痢するのは機能性腸疾患の証!? 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:28
  3. 結婚や恋愛にパワーと時間はなかなか使えない Cadetto Special●女性医師の婚活事情 FBシェア数:6
  4. 意外と世間から誤解されている「救急」 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:88
  5. 「結婚は?」と聞かれるのは苦手 Cadetto Special●女性医師の婚活事情 FBシェア数:12
  6. 関節リウマチの原因は腸内細菌の乱れ Unmet Medical Needs 2017 秋 FBシェア数:20
  7. 11時間も待たされて、処方は痛み止めだけ? マイルバガナム恵美の「日本とカナダの薬局見聞録」 FBシェア数:10
  8. 電解質の良書 医学書ソムリエ FBシェア数:40
  9. こんないい薬があったなんて…! 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:26
  10. 健常者の肺はどのように映るのか? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:11