日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

インスリン製剤解説

いんすりんせいざい

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • インスリンを体内に投与することで、血糖値を下げ糖尿病による合併症を防ぐ薬
    • 糖尿病は血糖値が高い状態で、この状態が続くと様々な合併症を引き起こす
    • インスリンは血糖を下げるホルモン
  • インスリン製剤はインスリンアナログ製剤とヒトインスリン製剤に分かれる
  • インスリン製剤は作用発現時間や作用持続時間などにより以下の種類に分かれる
    • 超速効型:作用発現時間が10〜20分、作用持続時間は3〜5時間で「食直前に投与」
    • 速効型:作用発現時間は30分〜1時間、作用持続時間は5〜8時間で「食前30分に投与」
    • 持効型:作用持続時間は約24時間又はそれ以上で、継続使用時に明らかなピークが見られないため、中間型に比べてよりスムーズに基礎分泌を補いやすいメリットが考えられる
    • 中間型:作用発現時間は30分〜3時間、作用持続時間は18〜24時間(同じ中間型でも製剤によっては作用持続時間に開きがある場合もある)
    • 混合型:超速効型又は速効型に、一定量の添加物を加えたり中間型を組み合わせた製剤(超速効型又は速効型の配合割合が複数存在する)

詳しい薬理作用

糖尿病は血液中の糖(ブドウ糖)が適正な量を超えて増えてしまった状態で、血糖値が高い状態が続くと様々な合併症がおこる。

インスリンは血糖値を下げるホルモンであり、通常は膵臓から放出される。しかし、1型糖尿病のように膵臓の障害でインスリンが出なくなってしまったり、2型糖尿病のようにインスリンの効きが悪くなったり、インスリンが不足した状態では血糖値が下がらなくなってしまう。

本剤はインスリンを含有した注射製剤であり、体内で不足しているインスリンを主に皮下注射(バイアル製剤の一部で場合によっては筋肉内や静注内投与で使用するものもある)により投与することで、血糖値を下げ合併症の発症を防ぐ作用をあらわす。インスリン製剤は大きく分けて、インスリンアナログ製剤とヒトインスリン製剤に分かれる。

インスリンアナログ(「インスリンに似たもの」の意味をもつ)製剤はインスリンと同じ生理作用を持ちながら、体内におけるインスリンの作用持続時間などを調節したもので、超速効型(作用発現時間が10〜20分で作用持続時間が3〜5時間)や持効型(作用持続時間が約24時間又はそれ以上)などがある。

ヒトインスリン製剤は微生物によってヒト型のインスリンを産生させ精製などを行い製剤化したもので、速効型(作用発現時間が30〜1時間で作用持続時間が5〜8時間)、中間型(作用持続時間は18〜24時間〔同じ中間型でも製剤によって作用時間に開きがある〕)などがある。

また超速効型あるいは速効型製剤に一定量の添加物(プロタミンという物質の添加により成分の解離が遅延し、血中への移行が緩徐となる)を加えたものや中間型を組み合わせたものである、混合型インスリン製剤(ノボラピッド30ミックス注、ヒューマログミックス25注 など)があり、血糖の状態や患者のライフスタイルなどに合わせた使用量の調節や製剤選択などが行われている。

剤形に関してもプレフィルド製剤及びキット製剤(インスリン製剤と注入器が一体となったディスポーザブル〔使い捨て〕タイプ)、カートリッジ製剤(専用のペン型注入器と組み合わせて使用するタイプ)、バイアル製剤(注射器で吸引して使用するタイプ)があり用途などによって選択される。

インスリン製剤は通常、専用の注射針などを用いて注射するが近年では針の太さが細く、長さも短い針が開発され、注射時の痛みなどが改善されてきている。

主な副作用や注意点

  • 低血糖
    • 冷や汗がでる、気持ちが悪くなる、手足がふるえる、ふらつく、力が抜けた感じがするなどの症状が急に出現したり持続したりする
    • 上記のような症状がみられる場合は、吸収の速い糖分などを摂取する
    • 糖分を摂取しても症状の改善がみられない場合は、医師や薬剤師に連絡する
    • 高所作業、自動車の運転などに従事している場合は注意する
  • 注射部位の症状
    • 発赤、痒み、疼痛、腫脹などがあらわれる場合がある
  • アナフィラキシー、血管神経性浮腫
    • 頻度は非常に稀である
    • 呼吸困難、血圧低下、頻脈、発汗、発疹、急に唇・まぶたなどが大きく腫れる、話しづらいなどの症状がみられた場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡するなど適切に対応する
  • インスリン製剤の一般的な保管方法に関して
    • 注入器一体型製剤、カートリッジ製剤:未使用の製剤は凍結を避け2〜8℃に遮光して保存し、使用中の製剤は冷蔵庫に入れず室温で保管する
    • バイアル製剤:凍結を避け、2〜8℃で遮光保存する

一般的な商品とその特徴

ノボラピッド注

  • 超速効型インスリンアナログ製剤
  • 剤形に関して
    • フレックスペン、フレックスタッチ:インスリン製剤と注入器が一体となったディスポーザブル(使い捨て)タイプ
    • イノレット:注入器一体型製剤で特徴(「握りやすい」「注入しやすい」「単位目盛が見やすい」)により、握力や視力の低下した患者などへのメリットが考えられる
    • ペンフィル:専用のペン型注入器(ノボペン)と組み合わせて使用するカートリッジ製剤
    • バイアル(ノボラピッド注100単位/ml):注射器で吸引して使用するバイアル製剤(必要に応じ静脈内注射、持続静脈内注入又は筋肉内注射で投与される場合もある)
  • フレックスタッチに関して(フレックスペンから次の点を改良)
    • 注入ボタンが伸びず、押しやすい
    • 注入ボタンが軽く、より小さい力で注入できる
    • 注入単位設定時のクリック感やクリック音を強くし、視力が弱い患者にとってより確実な単位設定をサポート
    • 注入完了時に「カチッ」と音がするので、注入完了を確認できる
    • 他のインスリンと識別しやすくするために、カートリッジホルダーに色づけがされている

ノボラピッド30ミックス注 ノボラピッド50ミックス注 ノボラピッド70ミックス注

  • 混合型インスリンアナログ製剤
    • 30ミックス注:超速効型と中間型を「3:7」の割合で含有する
    • 50ミックス注:超速効型と中間型を「5:5」の割合で含有する
    • 70ミックス注:超速効型と中間型を「7:3」の割合で含有する
  • 剤形に関して
    • フレックスペン:インスリン製剤と注入器が一体となったディスポーザブル(使い捨て)タイプ
    • ペンフィル(3種類の中では30ミックス注のみ存在):専用のペン型注入器(ノボペン)と組み合わせて使用するカートリッジ製剤

ヒューマログ注

  • インスリンアナログ製剤
    • ヒューマログ注:超速効型インスリンアナログ製剤
    • ヒューマログN注:中間型インスリンアナログ製剤
  • 剤形に関して
    • ミリオペン:インスリン製剤と注入器が一体となったディスポーザブル(使い捨て)タイプで、手の力が弱い患者でも無理なく注入できるなどのメリットが考えられる
    • カート:専用のペン型注入器(ヒューマペンラグジュラ)と組み合わせて使用するカートリッジ製剤
    • バイアル(ヒューマログ注100単位/ml):注射器で吸引して使用するバイアル製剤(必要に応じ持続皮下注入ポンプを用いて投与する場合もある)

ヒューマログ25ミックス注 ヒューマログ50ミックス注

  • 混合型インスリンアナログ製剤
    • 25ミックス注:超速効型と中間型を「25:75」の割合で含有する
    • 50ミックス注:超速効型と中間型を「50:50」の割合で含有する
  • 剤形に関して
    • ミリオペン:インスリン製剤と注入器が一体となったディスポーザブル(使い捨て)タイプで、手の力が弱い患者でも無理なく注入できるなどのメリットが考えられる
    • カート:専用のペン型注入器と組み合わせて使用するカートリッジ製剤

ノボリンR注 ノボリンN注 ノボリン30R注 イノレット30R注

  • ヒトインスリン製剤
    • ノボリンR注:速効型ヒトインスリン製剤
    • ノボリンN注:中間型ヒトインスリン製剤
    • ノボリン30R注、イノレット30R注:速効型インスリンと中間型インスリンを「3:7」の割合で含有する混合型ヒトインスリン製剤
  • 剤形に関して
    • フレックスペン:インスリン製剤と注入器が一体となったディスポーザブル(使い捨て)タイプ
    • イノレット30R注:注入器一体型製剤で特徴(「握りやすい」「注入しやすい」「単位目盛が見やすい」)により、握力や視力の低下した患者などへのメリットが考えられる
    • バイアル(ノボリンR注100単位/ml):注射器で吸引して使用するバイアル製剤(静注投与などで使用する場合もある)

ヒューマリンR注 ヒューマリンN注 ヒューマリン3/7注

  • ヒトインスリン製剤
    • ヒューマリンR注:速効型ヒトインスリン製剤
    • ヒューマリンN注:中間型ヒトインスリン製剤
    • ヒューマリン3/7注:速効型インスリンと中間型インスリンを「3:7」の割合で含有する混合型ヒトインスリン製剤
  • 剤形に関して
    • ミリオペン:インスリン製剤と注入器が一体になったディスポーザブル(使い捨て)タイプで、手の力が弱い患者でも無理なく注入できるなどのメリットが考えられる
    • カート:専用のペン型注入器(ヒューマペンラグジュラ)と組み合わせて使用するカートリッジ製剤
    • バイアル:「ヒーマリンR注100単位/ml」「ヒーマリンN注100単位/ml」「ヒューマリン3/7注100単位/ml」が該当し、注射器で吸引して使用する(「ヒューマリンR注100単位/ml」は静注投与などで使用する場合もある)

アピドラ注

  • 超速効型インスリンアナログ製剤
  • 剤形に関して
    • ソロスター:インスリン製剤と注入器が一体になったディスポーザブル(使い捨て)タイプ
    • カート:専用のペン型注入器(イタンゴ)と組み合わせて使用するカートリッジ製剤
    • バイアル(アピドラ注100単位/ml):注射器で吸引して使用するバイアル製剤(必要に応じ持続皮下注入ポンプを用いて投与する場合もある)

レベミル注

  • 持効型のインスリンアナログ製剤
  • 剤形に関して
    • フレックスペン:インスリン製剤と注入器が一体になったディスポーザブル(使い捨て)タイプ
    • イノレット:注入器一体型製剤で、特徴(「握りやすい」「注入しやすい」「単位目盛が見やすい」)により、握力や視力の低下した患者などへのメリットが考えられる
    • ペンフィル:専用のペン型注入器(ノボペン)と組み合わせて使用するカートリッジ製剤

ランタス注 ランタスXR注

  • 持効型のインスリンアナログ製剤
  • 剤形に関して
    • ソロスター:インスリン製剤と注入器が一体になったディスポーザブル(使い捨て)タイプ
    • XRソロスター:通常の「ランタス」に比べて、夜間低血糖及び24時間低血糖の発現が少ないなどのメリットが考えられる
    • カート:専用のペン型注入器(イタンゴ)と組み合わせて使用するカートリッジ製剤
    • バイアル(ランタス注100単位/ml):注射器で吸引して使用するバイアル製剤

トレシーバ注

  • 持効型のインスリンアナログ製剤
    • 1日1回投与で平坦でピークのない血糖降下作用をあらわし、効果が24時間を超えて持続するなどのメリットが考えられる
  • 剤形に関して
    • フレックスタッチ:インスリン製剤と注入器が一体になったディスポーザブル(使い捨て)タイプ
    • ペンフィル:専用の注入器(ノボペン)と組み合わせて使用するカートリッジ製剤

薬の種類一覧

インスリン製剤の医療用医薬品(処方薬)

注射薬:キット類

注射薬:液剤

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:280
  2. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:377
  3. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  4. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:17
  5. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  6. 院外と院内の価格差、中医協でも議論に トレンド(DIオンライン) FBシェア数:21
  7. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:682
  8. NAFLD患者は脳の萎縮が早くなる可能性あり JAMA Neurology誌から FBシェア数:58
  9. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:17
  10. 高齢者にも脳症リスクあるA(H3)は流行する? 寄稿◎2017ー18シーズンのインフルエンザ診療の要点《上》 FBシェア数:1