日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

Th2サイトカイン阻害薬解説

てぃーえいちつーさいとかいんそがいやく

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 免疫細胞からアレルギー反応を引き起こす因子となる物質の産生を抑えることで抗アレルギー作用をあらわす薬
    • アレルギー反応は何らかの原因によって体内で免疫細胞からサイトカインなどのアレルギーを引き起こす因子となる物質が産生されることでおこる
    • 免疫反応の中で中心的な役割を担うリンパ球の中にヘルパーT細胞がある
    • 本剤はヘルパーT細胞のTh2細胞からのサイトカイン産生を抑える作用をあらわす

詳しい薬理作用

アレルギー反応は何らかの原因により、体内で免疫細胞から炎症やアレルギー症状などを引き起こす因子となるサイトカインや免疫グロブリンなどの物質が放出されることにより引き起こされる。免疫反応の中で中心的な役割を果たすのがリンパ球であり、その中にヘルパーT細胞などがある。ヘルパーT細胞のTh2細胞はサイトカインであるインターロイキン(IL)などの産生に関わる。

本剤は主にTh2細胞からのIL-4やIL-5の産生抑制作用により、免疫グロブリンであるIgE抗体産生抑制作用や白血球の一つである好酸球の組織浸潤の抑制作用などにより抗アレルギー作用をあらわすとされる。

本剤は気管支喘息、アトピー性皮膚炎などに使用される他、好酸球性の膀胱炎などへ使用される場合もある。

主な副作用や注意点

  • 消化器症状
    • 胃部不快感、吐き気、胃痛などがあらわれる場合がある
  • 精神神経系症状
    • 頻度は稀だが、眠気、頭痛などがあらわれる場合がある(アレルギー疾患などの治療に使用される抗ヒスタミン薬と比べると、眠気などの副作用は少ないとされる)
  • 過敏症
    • 頻度は稀だが、発疹、痒みなどがあらわれる場合がある

一般的な商品とその特徴

アイピーディ

  • カプセル剤の他にドライシロップ剤もあり、用途などによって選択される
  • 好酸球性膀胱炎の治療などで使用する場合もある

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:280
  2. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:377
  3. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  4. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:17
  5. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  6. 院外と院内の価格差、中医協でも議論に トレンド(DIオンライン) FBシェア数:21
  7. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:682
  8. NAFLD患者は脳の萎縮が早くなる可能性あり JAMA Neurology誌から FBシェア数:58
  9. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:17
  10. 高齢者にも脳症リスクあるA(H3)は流行する? 寄稿◎2017ー18シーズンのインフルエンザ診療の要点《上》 FBシェア数:1