日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

三環系抗うつ薬(第二世代)解説

さんかんけいこううつやく

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 脳内の神経伝達を改善し、意欲を高め、憂うつな気分などを改善する薬
    • うつ病では脳内のノルアドレナリンやセロトニンの量が少なくなっている
    • 本剤は脳内のノルアドレナリンやセロトニンの量を増やし抗うつ作用をあらわす
  • 抗うつ効果の発現まで比較的時間を要する場合が多い(一般的に2〜4週間とされる)
  • 一般的に、第一世代の三環系抗うつ薬より抗コリン作用(アセチルコリンを阻害する作用)などが弱いとされる

詳しい薬理作用

うつ病では脳内のノルアドレナリンやセロトニンといった神経伝達物質の量が少なくなってる。これらの神経伝達物質の量が不足すると無気力、意欲の低下などがおこる。

脳内で一度放出された神経伝達物質などが再び細胞内へ回収されることを「再取り込み」という。ノルアドレナリンやセロトニンの再取り込みを阻害すると脳内のこれらの物質の量が増える。

三環系抗うつ薬はこれらの作用によって脳内の神経伝達を改善し抗うつ作用をあらわすとされる。本剤は三環系抗うつ薬の中でも第二世代の抗うつ薬に分類され、第一世代に分類される三環系抗うつ薬に比べ、神経伝達物質のアセチルコリンを阻害する作用(抗コリン作用)などが一般的には弱いため、そのため口渇、便秘などの副作用が軽減されている特徴をもつ。

主な副作用や注意点

  • 精神神経系症状
    • 眠気、ふらつき、せん妄などの症状があらわれる場合がある
    • 自動車の運転など危険を伴う作業は控える
  • 悪性症候群
    • 頻度は非常に稀である
    • 他の原因がなく高熱が出る、汗をかく、手足が震える、脈が速くなるなどの症状がみられる場合がある
    • 上記のような症状が同時に複数みられた場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する
  • 本剤の抗コリン作用への注意
    • 抗コリン作用とは神経伝達物質のアセチルコリンを阻害する作用
    • 口渇、眼圧上昇、便秘、排尿困難などの症状があらわれる場合がある
    • 緑内障のある患者などへは原則として使用しない

一般的な商品とその特徴

アモキサン

  • 同系統の抗うつ薬の中では効果発現までの要する時間が短いとされる
  • 細粒剤があり、嚥下能力の低下した患者などへのメリットが考えられる

プロチアデン

  • 尿閉のある患者などへも原則として使用しない

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:483
  2. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:852
  3. 未曾有の求人難でも採用に困らない病院の秘策 記者の眼 FBシェア数:3
  4. 診療報酬改定率、本体は0.55%の引き上げ シリーズ◎2018診療報酬改定 FBシェア数:103
  5. 細菌性髄膜炎がほぼ確実なのに起炎菌が不明! 医師の知らない?検査の話 FBシェア数:1
  6. 来シーズンには新機序の抗インフル薬登場 寄稿◎2017ー18シーズンのインフルエンザ診療の要点《下》 FBシェア数:3
  7. 50歳代男性。発熱、咳 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  8. ロコアテープの処方上限は70枚じゃない!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:40
  9. 小児科ナースは見た!!〜パワフルな1歳児〜 病院珍百景 FBシェア数:9
  10. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:455