日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

長時間作用型β2刺激薬(吸入LABA)解説

ちょうじかんさようがたべーたつーしげきやく(きゅうにゅうらば)

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 長時間にわたり気管支を拡張させてCOPDなどの咳や息苦しさなどを改善する薬
    • COPDでは気管支や肺胞がダメージをうけて、正常な呼吸ができていない
    • 気管支のβ2受容体というものを刺激すると、気管支が広がる
    • 本剤はβ2受容体を刺激することで気管支を広げ、COPDなどの症状を改善する
  • 製剤毎に使い方やデバイス(器具)などが異なる
    • 適切な吸入指導や使用方法などの十分な理解が必要となる
  • 気管支喘息の治療で使われる場合もある

詳しい薬理作用

COPDでは気管支や肺胞がダメージをうけて、正常な呼吸ができずにしつこい咳や、息苦しさなどの症状があらわれる。

気管支にβ2受容体というものがあり、気管支の収縮や拡張に関わっている。β2受容体を刺激すると気管支が拡張する。

本剤はβ2受容体を比較的長時間に渡り刺激し、気管支を拡張させCOPDなどにおける咳や息苦しさなどの症状を改善する。また本剤は気管支拡張作用をあらわすため、薬剤によっては喘息治療に使用されるものもある。

尚、本剤をあらわすLABAは「Long Acting Beta2-Agonist(長時間作用型β2刺激薬)」の略称。

主な副作用や注意点

  • 低カリウム血症
    • 頻度は稀である
    • 脱力感、吐き気、嘔吐、多尿などの症状があらわれる場合がある
    • 上記のような症状がみられる場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する
  • 循環器症状
    • 頻脈、動悸、不整脈などの症状があらわれる場合がある
  • 精神神経系症状
    • 頭痛などの症状があらわれる場合がある

一般的な商品とその特徴

オンブレス

  • 吸入用カプセル
    • 専用の吸入器具(ブリーズヘラー)を用いて吸入し、内服しないこと
    • ブリーズヘラーは週に一度を目安に手入れする(乾いた布などで吸入口を拭き取り、残っている粉末を取り除く)
  • 本剤の成分と抗コリン薬の配合剤(ウルティブロ)がある

セレベント

  • 喘息治療にも使用される
  • 剤形にロタディスクとディスカス(どちらもドライパウダー剤)がある
  • 本剤の成分とステロイド薬の配合剤(アドエア)がある

オーキシス

  • 長時間作用型のβ2刺激薬だが、即効性もあり吸入後の作用発現が早いとされる
  • 本剤の成分とステロイド薬の配合剤(シムビコート など)がある

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 人工呼吸器の中止はモルヒネによる緩和ケア後に インタビュー◎集中治療における終末期医療の日米の違いを考える FBシェア数:146
  2. 頭に何かできました。もしかしてガンですか? 佐藤俊次の「毎日使うダーモスコピー!」 FBシェア数:29
  3. 「おちんちんが小さいのでは?」と聞かれたら 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:50
  4. スポーツ貧血治療、実は結構気を遣うんです あなたの知らないスポーツ内科の世界 FBシェア数:28
  5. 32歳男性。全手指の爪症状 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  6. 2018改定で加速! 診療実績ない病院は淘汰へ 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:79
  7. 幻肢の痛みをバーチャルリアリティーで癒す トレンド◎幻肢痛の治療最前線 FBシェア数:94
  8. インフルエンザ発症直後は心筋梗塞が増える NEJM誌から FBシェア数:119
  9. 実は一番厄介なセンター国語対策をどうすべきか 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:5
  10. 当直が大人気、相澤病院の働き方改革とは 日本病院会会長の相澤孝夫氏に聞く FBシェア数:1984
医師と医学研究者におすすめの英文校正