日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

カルシウム拮抗薬(片頭痛発作予防薬)解説

かるしうむきっこうやく

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 脳血管の過度な収縮を抑え、片頭痛の発作を予防する薬
    • 一度収縮した血管が逆に広がることなどで片頭痛の発作がおこるとされる
    • 本剤は脳血管の収縮を抑え、血管の収縮と拡張の差を少なくして偏頭痛の発作を軽くする
  • Ca拮抗薬の一つだが、主に脳血管に作用する
    • 全身の末梢血管を拡張させる作用は少ないとされ、血圧低下によるめまいやふらつきなどの副作用は少ないとされる

詳しい薬理作用

片頭痛の発作は一度収縮した血管が逆に拡張することなどでおこるとされている。脳血管の収縮と拡張の差を少なくすると片頭痛発作の症状が軽くなることが期待できる。

血管の収縮にはカルシウムイオンが重要な役割を担っていて、カルシウムイオンが細胞内に入ると血管が収縮する。カルシウムイオンが細胞内に入るときにカルシウムチャネルという通り道があり、この通り道をふさぐことで血管の収縮が阻害される。Ca拮抗薬はカルシウムチャネルを阻害することで血管を拡張させる作用をあらわす。

本剤は主に脳血管に作用するCa拮抗薬であり、脳血管拡張作用により片頭痛発作時の脳血管の収縮と拡張の差を少なくすることで発作時の症状を軽くする作用をもつ。また、本剤は全身の末梢血管に対する作用は少ないとされ、血圧の過度な低下による、めまいなどの副作用は少ないとされる。

主な副作用や注意点

  • 精神神経系症状
    • 頻度は稀だが、めまい、ふらつき、眠気などがあらわれる場合がある
  • うつ症状
    • 頻度は稀であるが抑うつの症状があらわれる場合がある
    • 物事に興味がなくなった、不安やイライラが出たなどの症状がみられた場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する
  • 消化器症状
    • 吐き気、下痢、食欲不振などの症状があらわれる場合がある

一般的な商品とその特徴

ミグシス

  • 片頭痛発作予防目的以外での使用
    • 稀に緑内障治療での眼血流量を増加する目的などで使用される場合もある

薬の種類一覧

カルシウム拮抗薬(片頭痛発作予防薬)の医療用医薬品(処方薬)

内用薬:錠剤

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. マッチング最終結果、市中病院人気が再び加速 【2017年度】フルマッチ校は11校、東京医科歯科大は5年連続 FBシェア数:174
  2. 「病院⇒介護医療院」の転換、10万床規模にも 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:39
  3. 国内初の『慢性便秘症診療GL』の特徴は? 学会トピック◎JDDW2017 FBシェア数:48
  4. 67歳女性。右大腿の単発性赤褐色斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  5. 地裁が「パワハラで解雇は無効」 群馬大医学系研究科教授の懲戒解雇処分 FBシェア数:5
  6. ベルソムラは就寝前に飲んじゃダメ!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:80
  7. 高齢でもピロリ除菌を行うべきもう1つの理由 リポート◎ピロリ除菌の目的は胃癌発症抑制と潰瘍予防だけじゃない! FBシェア数:47
  8. 「医療訴訟がとにかく怖いんです!」 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:15
  9. 事業譲渡を迫る厚労省に翻弄される化血研 記者の眼 FBシェア数:0
  10. キャラクターで抗菌薬を覚える!? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:44