日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

α1遮断薬(前立腺肥大治療薬)解説

あるふぁわんしゃだんやく

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 前立腺や尿道のα1受容体を遮断し、前立腺の縮小、尿道の拡張などにより前立腺肥大による排尿障害を改善する薬
    • 前立腺肥大は前立腺が大きくなって尿道が狭くなり、残尿感や頻尿などの症状があらわれる
    • 交感神経に関わるα1受容体は前立腺や尿道などにもあり、α1受容体を阻害すると前立腺が縮小し尿道が広がる
    • 本剤はα1遮断作用により、α1受容体を阻害する作用をあらわす
  • 本剤の中には、血管を拡張させ血圧を下げることで高血圧治療薬として使用するものもある

詳しい薬理作用

前立腺は尿道を取り囲むように存在しているため、前立腺が肥大することで尿道が狭くなり尿が出にくくなり、残尿感やトイレが近くなる(頻尿)などの症状があらわれる。

交感神経に関わるα1受容体は前立腺や尿道・膀胱にもあり、α1受容体を阻害すると前立腺が縮小し尿道が広がる。

本剤はα1受容体遮断作用によりα1受容体を阻害し、前立線を縮小させ尿道を広げ尿道の抵抗を軽減させることにより、前立線肥大による排尿障害を改善する。また、本剤の中には血管におけるα1受容体に作用する割合が比較的高いものもあり、α1受容体遮断作用により、血管を拡張させ血圧を下げ高血圧治療薬として使用するものもある。

主な副作用や注意点

  • 精神神経系症状
    • めまい、ふらつき、眠気などがあらわれる場合がある
  • 循環器症状
    • 起立性低血圧、血圧低下などがあらわれる場合がある
  • 肝機能障害
    • 頻度は非常に稀である
    • 倦怠感、食欲不振、黄疸などのみられ症状が続く場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する
  • 高血圧治療薬(降圧剤)との併用に関する注意
    • 本剤と併用することで起立性低血圧がおこる可能性があるので注意する

一般的な商品とその特徴

ハルナール

  • D錠であり、嚥下能力の低下した患者などへのメリットが考えられる
  • 徐放性(徐々に効果が出るように工夫された)製剤で、起立性低血圧がおこりにくいとされる

フリバス

  • OD錠があり、嚥下能力の低下した患者などへのメリットが考えられる
  • 一般的に、薬の効果が比較的早くあらわれる反面、起立性低血圧などに注意する

ユリーフ

  • 服用方法は、通常1日2回に分けて服用する
  • OD錠があり、嚥下能力の低下した患者などへのメリットが考えられる
  • 作用・副作用などに関しての注意
    • 一般的に、薬の効果が比較的早くあらわれる反面、起立性低血圧などに注意する
    • 副作用に射精障害があり注意が必要

エブランチル

  • 高血圧治療や神経因性膀胱に伴う排尿困難に使用する場合もある

ミニプレス

  • 高血圧治療に使用される場合もある

薬の種類一覧

α1遮断薬(前立腺肥大治療薬)の医療用医薬品(処方薬)

内用薬:カプセル剤

内用薬:錠剤

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 心筋梗塞を自力で治療し搬送された看護師の話 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:331
  2. 名古屋市内で医療事務の従事者が麻疹発症 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:5
  3. 認定内科医はどうなる?内科専門医になれる? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-3》 FBシェア数:57
  4. 指導医に教育してもらっても満足できない人へ イケてる指導医が研修医に伝えたいこと FBシェア数:62
  5. コミュニケーションの意外なきっかけ!! 病院珍百景 FBシェア数:21
  6. 出題形式、合否基準を熟知すると攻略法が見えてくる 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:30
  7. 整腸剤は保管しやすいミヤBMがお薦め 松本康弘の「極める!小児の服薬指導」 FBシェア数:218
  8. ナースが外でついやってしまうこと 病院珍百景 FBシェア数:87
  9. 複数の専門医になるダブルボードは現実的? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-4》 FBシェア数:32
  10. 新専門医制度で専攻医の地域偏在は助長された? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-5》 FBシェア数:13
医師と医学研究者におすすめの英文校正