日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

FXa阻害薬解説

えふえっくすえーそがいやく

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 体内の血液が固まる作用の途中を阻害し、血栓の形成を抑え脳梗塞や心筋梗塞などを予防する薬
    • 血液が固まりやすくなると血栓ができやすくなる
    • 血液凝固(血液が固まること)には血液を固める要因になる物質(血液凝固因子)が必要である
    • 本剤は血液凝固因子の因子Xa(FXa)を阻害し、抗凝固作用をあらわす

詳しい薬理作用

体内の血液凝固(血液が固まること)には血液を固める要因になる物質(血液凝固因子)が必要となる。血液凝固因子が活性化すると血液凝固が促進され血栓ができやすくなり脳梗塞などがおこりやすくなる。

本剤は血液凝固因子の一つである因子Xa(FXa)を阻害することで結果的に血栓の元になる物質であるフィブリンの産生を抑えて血液の抗凝固作用をあらわす。

主な副作用や注意点

  • 出血傾向
    • あおあざができやすい、皮下や歯ぐきの出血、鼻血などがみられる場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する
  • 手術や抜歯などの出血を伴う可能性がある治療を受ける場合の注意
    • 本剤を服用中であることを伝え担当の医師と相談する

一般的な商品とその特徴

イグザレルト

  • 通常は、1日1回服用する
  • 本剤と飲み合わせに注意する薬剤
    • 抗真菌薬などで原則として本剤と併用してはならない薬剤(例:イトラコナゾール など)がある
  • 腎機能などによっても服用量が変更になる場合がある

エリキュース

  • 通常は、1日2回に分けて服用する
  • 年齢や体重、腎機能などによっても服用量が変更になる場合がある

リクシアナ

  • 通常は、1日1回服用する
  • 年齢や体重、腎機能、治療する疾患などによっても服用量が変更になる場合がある

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師の説明を無断録音、裁判の証拠になるのか? クリニック法律相談室 FBシェア数:262
  2. 不足だけでないインフルエンザワクチンへの懸念 記者の眼 FBシェア数:247
  3. 感染研、麻疹発生で医療機関に注意喚起 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:189
  4. 若年男性の下腹部激痛ではパンツを脱がせろ! カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:20
  5. 甲状腺機能は低めの方が余命は長い JAMA Intern Med誌から FBシェア数:123
  6. 「一般的な勤務医は労働者」に議論の余地なし 厚生労働省 第2回医師の働き方改革に関する検討会(前編) FBシェア数:255
  7. 電解質の良書 医学書ソムリエ FBシェア数:29
  8. 敗血症は治る病気です 特集◎あなたが救う敗血症《インタビュー》 FBシェア数:6
  9. 98%が「心不全患者の緩和ケアは必要」 学会トピック◎第21回日本心不全学会学術集会 FBシェア数:132
  10. 医師の働き方改革、今後の論点は大きく4項目 厚生労働省 第2回医師の働き方改革に関する検討会(後編) FBシェア数:55