日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ADP阻害薬解説

えーでぃーぴーそがいやく

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 血小板の活性化に基づく血小板凝集を抑え、血栓の形成を抑え血管をつまらせないようにする薬
    • 血小板が凝集すると血液が固まりやすくなり血栓ができやすくなる
    • 体内にADPという血小板凝集を促進させる物質がある
    • 本剤は血小板でのADPの作用を抑えることで、抗血栓作用をあらわす

詳しい薬理作用

血小板が凝集すると血液が固まりやすくなり血栓ができやすくなる。血栓により心筋梗塞や脳梗塞などがおこりやすくなる。

体内で血小板を活性化し血小板凝集を促進させるADP(アデノシン2リン酸)という物質がある。ADPはcAMPという血小板凝集を抑える作用をもつ物質の生成を抑えることで血小板凝集を促進させる。ADPの作用を抑えると血小板凝集を抑えられる。

本剤はADPの作用を阻害し、血小板の活性化に基づく血小板凝集を抑えることにより血栓の形成を抑える作用をあらわす。

主な副作用や注意点

  • 出血傾向
    • あおあざができやすい、皮下や歯ぐきの出血、鼻血などの症状がみられた場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する
  • 血管性血小板減少性紫斑病(TTP)
    • 頻度は非常に稀である
    • 発熱、倦怠感、脱力感、軽度の頭痛などがみられる場合がある
    • 上記の様な症状がみられた場合には放置せず、医師や薬剤師に連絡する
  • 無顆粒球症
    • 頻度は非常に稀であるがおこる可能性がある
    • 突然の高熱、さむけ、のどの痛みなどがみられる場合がある
    • 上記の様な症状がみられた場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する

一般的な商品とその特徴

プラビックス

  • 一般的に、同系統の薬剤と比較して副作用の頻度は低いとされる
  • 本剤の成分とCOX阻害薬(アスピリン)との配合剤(コンプラビン配合錠)がある

エフィエント

  • 一般的に、同系統の薬剤と比較して副作用の頻度は低いとされる
  • 患者毎の個体差(薬剤の作用の出方の差)が少ないとされる

パナルジン

  • 細粒剤があり、嚥下能力が低下した患者などへのメリットが考えられる

薬の種類一覧

ADP阻害薬の医療用医薬品(処方薬)

内用薬:散剤

内用薬:錠剤

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. カロリー制限と糖質制限、どちらが正しい? 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:143
  2. 名古屋第二赤十字病院の職員2人が麻疹発症 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:351
  3. 「医療機関で麻疹拡散」は何としても防ぎたい パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:188
  4. 腸穿孔だけじゃない……磁石の誤飲は要注意! 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:6
  5. その「眠れない」は本当に不眠症ですか? 三島和夫の「知って得する睡眠臨床」 FBシェア数:39
  6. 点数新設! 遠隔モニタリングの損得勘定 リポート◎18年度改定でSAS・COPD患者のフォローを評価 FBシェア数:26
  7. 「四国の真ん中」の病院に医師が続々集まる理由 記者リポート FBシェア数:250
  8. 外傷患者に破傷風対策を忘れていませんか? EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:91
  9. オイグルコンとリスモダンの併用はなぜ危ない? 医師のための薬の時間 FBシェア数:73
  10. 癌遺伝子パネル検査のインパクト 特集◎癌ゲノム医療がやって来る《2》 FBシェア数:17
医師と医学研究者におすすめの英文校正