日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

抗トロンボキサンA2薬(抗アレルギー薬)解説

とろんぼきさんえーつーそがいやく

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 体内のアレルギー反応を抑え、アレルギー性鼻炎や喘息などの症状を改善する薬
    • 体内の鼻の粘膜や気管支などでアレルギー反応を引き起こす物質にトロンボキサンA2(TXA2)というものがる
    • 本剤は体内のTXA2を阻害する作用(抗トロンボキサンA2作用)をあらわす
  • 薬剤によって主にアレルギー性鼻炎に使用するものと、主に喘息に使用するものに分かれる

詳しい薬理作用

アレルギー性鼻炎は鼻の粘膜でアレルギー反応が生じて、くしゃみ、鼻水などの症状があらわれる。

体内でアレルギー反応を引き起こす物質の一つにトロンボキサンA2(TXA2)がある。TXA2は鼻などでのアレルギー反応に関わる他、気管支を収縮させる作用などももつ。

本剤は体内でTXA2を阻害する(抗トロンボキサンA2作用)ことで、TXA2が引き起こすアレルギー反応を抑え、くしゃみ、鼻水などの症状を改善する。またTXA2の作用を抑える作用により、気管支収縮を抑え、喘息の症状の改善効果なども期待できる。

本剤は薬剤によって、TXA2が作用する受容体を阻害したり、TXA2の合成を阻害するなど抗トロンボキサンA2作用の内容が異なる場合がある。

主な副作用や注意点

  • 消化器症状
    • 吐き気、食欲不振、胃部不快感などがあらわれる場合がある
  • 肝機能障害
    • 頻度は非常に稀である
    • 倦怠感、食欲不振、発熱、黄疸などがみられ症状が続く場合には放置せず、医師や薬剤師に連絡する

一般的な商品とその特徴

バイナス

  • 主にアレルギー性鼻炎に使用される
  • 本剤の作用に関して
    • TXA2が作用する受容体を阻害して抗トロンボキサンA2作用をあらわす
    • プロスタグランジンD2受容体というものにも関与し、抗炎症作用などをあらわすとされる

ブロニカ

  • 主に気管支喘息に使用される
  • TXA2が作用する受容体を阻害して抗トロンボキサンA2作用をあらわす
  • 顆粒剤があるので、嚥下能力が低下した患者などへのメリットが考えられる

ベガ ドメナン

  • 主に気管支喘息に使用される
  • TXA2の産生を阻害して抗トロンボキサンA2作用をあらわす

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 2018年度診療報酬改定に向けた基本方針案 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:57
  2. 相撲界の日馬富士騒動を医療界に例えたら…… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:27
  3. 失敗しやすい第2のポイントは針の進め方と深さ EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:11
  4. 叱られた時のヘコみ度 病院珍百景 FBシェア数:20
  5. TIAを見逃し後遺症 循環器科医の過失を認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:23
  6. 「かぜ診療の見直し」は日英共通の課題 特別対談 日英で進む薬剤耐性(AMR)対策 FBシェア数:217
  7. 政策誘導の「はしご」は外されるのが当たり前? 記者の眼 FBシェア数:24
  8. 服用中にチーズを食べない方がいい薬って? 医師のための薬の時間 FBシェア数:6
  9. たばこじゃなくて加熱式たばこなら大丈夫ですか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:133
  10. アラフォー医師に訪れる危機(クライシス) 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:79