日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

活性型ビタミンD3製剤(外用薬)解説

かっせいがたびたみんでぃーすりーせいざい(がいようやく)

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 乾癬の症状が出ている皮膚の細胞増殖を抑え、皮膚の赤みや盛りあがり、かさぶたが剥がれ落ちるなどの症状を和らげる薬
    • 乾癬では免疫異常などにより、皮膚の赤みや角質層が厚くなるなどの皮膚症状があらわれる
    • 乾癬の皮膚症状は表皮の過剰増殖や体内の炎症物質などによっておこるとされる
    • 本剤は活性型のビタミンD3製剤であり、皮膚の過剰な細胞増殖や炎症などを抑える作用をあらわす
  • 乾癬の他、魚鱗癬や掌蹠膿疱症などに使用する製剤もある

詳しい薬理作用

乾癬では体質や免疫異常などにより、皮膚が赤茶色になったり、表面に白い垢が厚く付着しその一部がボロボロと剥がれ落ちる皮膚症状があらわれる。これらの症状は表皮の過剰増殖や、サイトカインという体内の炎症性タンパク質の放出などによっておこる。活性化したビタミンD3は皮膚の過剰な増殖を抑えたり、抗炎症作用などにより乾癬の症状を和らげる。

本剤は活性型ビタミンD3の外用製剤で、乾癬の症状が出ている皮膚の細胞増殖を抑え、かさぶた、赤み、発疹、皮膚の角質層が厚くなるなどの症状を和らげる作用をあらわす。製剤によっては乾癬の他、魚鱗癬や掌蹠膿疱症などの治療に使用する場合もある。

なお、本剤には活性型ビタミンD3に加えてステロイド外用剤を配合した製剤(ドボベット軟膏など)があり、病態などに合わせて選択される。

主な副作用や注意点

  • 皮膚症状
    • 刺激感(ヒリヒリ感など)、痒み、発赤などがあらわれる場合がある
  • 高カルシウム血症
    • 頻度は非常に稀である
    • 倦怠感、脱力感、食欲不振、嘔吐などの症状がみられる場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する
  • 使用部位に関する注意
    • 眼科用として、眼や眼の粘膜へは使用しないこと

一般的な商品とその特徴

ボンアルファ

  • タカルシトール製剤
  • 剤形(剤型)に関して
    • 軟膏剤、クリーム剤、ローション剤があり塗布箇所などによって選択が可能
    • 通常の製剤(ボンアルファ軟膏2μg/gなど)に加え、濃度が高い製剤(ボンアルファハイ軟膏20μg/gなど)がある

ドボネックス

  • カルシポトリオール製剤
  • 使用禁止部位
    • 眼や眼の粘膜に加え、顔面に対しても使用してはいけない
  • 本剤の成分とステロイド外用剤(ベタメタゾンジプロピオン酸エステル)との配合剤(ドボベット軟膏)がある

オキサロール

  • マキサカルシトール製剤
  • 剤形(剤型)に関して
    • 軟膏剤、ローション剤などがあり使用用途などによって選択が可能
  • 本剤の成分とステロイド外用剤(ベタメタゾン酪酸エステルプロピオン酸エステル)との配合剤(マーデュオックス軟膏)がある

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 内科系診療科をたらい回しにされ、最終的には… 医学と看護の交差点でケアを考える FBシェア数:30
  2. 白衣にネクタイ、する? しない? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:40
  3. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:12
  4. TIAを見逃し後遺症 循環器科医の過失を認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:23
  5. 内科専攻医数、過去3年平均から21%も減少 人口10万人当たり最多は東京都の3.83人、最少は高知県の0.70人 FBシェア数:65
  6. 採血の上達に必要なモノとは!? 病院珍百景 FBシェア数:11
  7. 家畜に大量に使われるコリスチン、その対策は? 記者の眼 FBシェア数:44
  8. 2018年度診療報酬改定に向けた基本方針案 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:72
  9. 叱られた時のヘコみ度 病院珍百景 FBシェア数:21
  10. インフルエンザ迅速検査は必須? 医師1000人に聞きました FBシェア数:1