日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

グリチルリチン製剤解説

ぐりちるりちんせいざい

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • グリチルリチン酸の効果により、肝臓の働きの改善や皮膚の炎症などを抑える薬
    • グリチルリチン酸は生薬の甘草(カンゾウ)などに含まれる成分
    • グリチルリチン酸は体内で様々な作用をあらわす
    • グリチルリチン酸には、抗炎症作用、免疫調節作用、肝細胞増殖作用などがあるとされる

詳しい薬理作用

グリチルリチン酸は生薬である甘草(カンゾウ)などに含まれる成分で様々な作用をもち、肝機能異常や湿疹、皮膚炎などの治療に使用される。

グリチルリチン酸の作用には、抗炎症作用(抗アレルギー作用、炎症を伝える伝達物質の阻害作用などによる)、免疫調節作用(免疫細胞の調節作用による)、肝細胞への作用(肝細胞の障害を抑える作用や肝細胞増殖促進作用があるとされる)、ウイルス増殖抑制作用などがあるとされる。

本剤はグリチルリチン酸を含む製剤であり、慢性肝疾患や皮膚炎、口内炎などに使用する製剤もある。また本剤の特徴的な副作用として(甘草と同様に)偽性アルドステロン症(高血圧、低カリウム血症などがおこる)がある。

主な副作用や注意点

  • 消化器症状
    • 腹痛、吐き気などがあらわれる可能性がある
  • 偽性アルドステロン症(偽アルドステロン症)
    • 頻度は非常に稀である
    • 手足のだるさ、しびれ、つっぱり感、こわばりなどがあらわれる場合がある
    • 上記症状に加え、力が抜ける感じ、こむら返り、筋肉痛などがあらわれ、だんだんきつくなるなどの場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する
  • 甘草を含む製剤との併用に関する注意
    • 併用により本剤に含まれるグリチルリチン酸が重複し、偽アルドステロン症(偽性アルドステロン症)があらわれやすくなる場合がある
    • 甘草は多くの漢方製剤の構成生薬となっているため、本剤と漢方薬の併用時にはより注意が必要

一般的な商品とその特徴

グリチロン配合錠 ネオファーゲンC配合錠 二チファーゲン配合錠

  • グリチルリチン酸にグリシン、メチオニンを配合した製剤
    • グリシンやメチオニンは体内で解毒作用などをあらわす

薬の種類一覧

グリチルリチン製剤の医療用医薬品(処方薬)

注射薬:キット類

注射薬:液剤

内用薬:錠剤

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 診療拒否が違法か否かを判断する「3つの要素」 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:74
  2. 某球団の熱烈ファンを狙った医師採用戦略 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:172
  3. 70歳代男性。検診の胸部X線 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  4. ルーチンの読影手順 正常構造をまず確認 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:26
  5. OSA患者のCPAP使用は性生活の質を改善する JAMA Otolaryngol Head Neck Surg誌から FBシェア数:23
  6. 再発で引退も…オーバートレーニング症候群 あなたの知らないスポーツ内科の世界 FBシェア数:29
  7. エリートサラリーマンが子どもに私立医学部を勧める… 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:28
  8. 「オギノ式」を生んだ荻野久作夫妻の絆 病と歴史への招待 FBシェア数:6
  9. 主訴「僕、麻疹かもしれない」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:100
  10. ティール組織から考える理想の組織って? 「医療」ってなんだっけ FBシェア数:13
医師と医学研究者におすすめの英文校正