日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

分子標的薬(チロシンキナーゼ阻害薬〔Bcr-Abl〕)解説

ぶんしひょうてきやく(ちろしんきなーぜそがいやく)

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 白血病細胞の増殖に必要な異常なタンパク質による働きを選択的に阻害し抗腫瘍作用をあらわす薬
    • がん細胞は無秩序な増殖を繰り返したり転移を行うことで、正常な細胞を障害し組織を壊す
    • 慢性骨髄性白血病では変異した染色体から異常なタンパク質が作られ無秩序な細胞増殖を引き起こす因子となるBcr-Ablチロシンキナーゼという酵素が産生される
    • 本剤はBcr-Ablチロシンキナーゼに結合しその活性を阻害することで、がん細胞の増殖抑制作用をあらわす
  • 本剤はがん細胞の増殖などに関わる特定の分子の情報伝達を阻害することで抗腫瘍効果をあらわす分子標的薬となる
  • 本剤の中には消化管間質腫瘍(GIST)に対して抗腫瘍効果をあらわす薬剤もある

詳しい薬理作用

がん細胞は無秩序に増殖を繰り返し、正常な細胞を障害し転移を行うことで本来がんのかたまりがない組織でも増殖する。

細胞増殖のシグナル(信号)を伝達する上で重要となるチロシンキナーゼという酵素があり、細胞増殖において異常なチロシンキナーゼが作られてしまった場合、無秩序な細胞増殖がおこる。

慢性骨髄性白血病(CML)では遺伝情報をもつ染色体に異常な変化が生じ、この染色体から異常なタンパク質(Bcr-Abl)が作られ、ここからBcr-Ablチロシンキナーゼが産生されることにより無秩序な細胞増殖がおこることになる。Bcr-AblチロシンキナーゼはATPという物質によって活性化しその作用をあらわす。

本剤は変異した染色体から産生されるチロシンキナーゼに対しATPの代わりに結合することにより、このチロシンキナーゼの活性を抑えることで細胞増殖の指令を遮断し、がん細胞の増殖を抑える作用をあらわす。また本剤の中にはKITチロシンキナーゼという酵素を介した細胞増殖を抑える作用により消化管間質腫瘍(GIST)に対しての抗腫瘍効果をあらわす薬剤もある。

本剤による治療における懸念として、治療への抵抗性(耐性)や不耐容がある。ボスチニブ(商品名:ボシュリフ)はそれまでのイマチニブ、ダサチニブ、ニロチニブとは異なる構造状態のチロシンキナーゼに結合するため、それまでの薬剤に対して抵抗性をあらわす患者に対しても有効性が期待できるとされている。またポナチニブ(商品名:アイクルシグ)もダサチニブやニロチニブなどに抵抗性や不体容の患者に対して有効性が期待できる薬剤で、中でも腫瘍細胞における耐性獲得の変異として高い難治性をあらわすT315I変異を有する患者などへの有効性が期待できるとされている。

本剤はがん細胞の増殖などに関わる特定の分子の情報伝達を阻害することで抗腫瘍効果をあらわす分子標的薬となる。

主な副作用や注意点

  • 消化器症状
    • 吐き気・嘔吐、下痢、食欲不振、口内炎などがあらわれる場合がある
  • 皮膚症状
    • 発疹、痒みなどがあらわれる場合がある
  • 重篤な体液貯留
    • むくみ、胸水、腹水、肺水腫などがあらわれる場合がある
    • 急激な体重増加、呼吸困難などがみられた場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する
  • 肝機能障害
    • 倦怠感、食欲不振、発熱、黄疸、発疹、吐き気・嘔吐などがみられ症状が続く場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する
  • 骨髄抑制
    • 貧血、血小板減少、白血球減少、好中球減少などがあらわれる場合がある
    • 手足に点状出血、あおあざができやすい、出血しやすい、突然の高熱、寒気、喉の痛みなどがみられた場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する
  • グレープフルーツジュースなどとの飲み合わせに関する注意
    • 本剤の血中濃度を上昇させる可能性があるためグレープフルーツなどの摂取を控えるなどの注意が必要

一般的な商品とその特徴

グリベック

  • KITチロシンキナーゼという酵素の活性阻害作用もあり、消化管間質腫瘍(GIST)などへの抗腫瘍効果をもつ

スプリセル

  • 白血病細胞の増殖に関与するタンパク質(Srcタンパク など)にも作用し白血病細胞の増殖を抑える

タシグナ

  • (本剤以前に発売された同系統の薬剤と比較して)より選択的に強くBcr-Ablチロシンキナーゼを阻害する作用をあらわす
    • イマチニブ(グリベック など)に抵抗性をもつ慢性骨髄性白血病などへ抗腫瘍効果をあらわす

ボシュリフ

  • 主に前治療薬(イマチニブなど本剤以前に開発された同系統薬)に抵抗性または不耐容の慢性骨髄性白血病の治療で使われる

アイクルシグ

  • 主に前治療に抵抗性または不耐容の慢性骨髄性白血病、再発または難治性のフィラデルフィア染色体陽性急性リンパ性白血病の治療で使われる

薬の種類一覧

分子標的薬(チロシンキナーゼ阻害薬〔Bcr-Abl〕)の医療用医薬品(処方薬)

内用薬:カプセル剤

内用薬:錠剤

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 内科系診療科をたらい回しにされ、最終的には… 医学と看護の交差点でケアを考える FBシェア数:30
  2. 白衣にネクタイ、する? しない? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:40
  3. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:12
  4. TIAを見逃し後遺症 循環器科医の過失を認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:23
  5. 内科専攻医数、過去3年平均から21%も減少 人口10万人当たり最多は東京都の3.83人、最少は高知県の0.70人 FBシェア数:65
  6. 採血の上達に必要なモノとは!? 病院珍百景 FBシェア数:11
  7. 家畜に大量に使われるコリスチン、その対策は? 記者の眼 FBシェア数:44
  8. 2018年度診療報酬改定に向けた基本方針案 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:72
  9. 叱られた時のヘコみ度 病院珍百景 FBシェア数:21
  10. インフルエンザ迅速検査は必須? 医師1000人に聞きました FBシェア数:1