日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

トシリズマブ(IL-6阻害薬:関節リウマチなどの治療薬)解説

トシリズマブ(いんたーろいきんしっくすそがいやく:かんせつりうまちなどのちりょうやく)

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 炎症をおこす要因となるIL-6の働きを抑え関節リウマチの症状を改善し、骨などの損傷を防ぐ薬 ・関節リウマチでは免疫の異常により炎症反応がおき関節の腫れなどがあらわれ、腫れが続くと骨が壊され変形する ・炎症をおこす要因となるインターロイキン6(IL-6)という物質があり、IL-6受容体に結合してその作用をあらわす ・本剤はIL-6受容体を阻害しIL-6に由来する過剰な炎症反応などを抑える作用をあらわす
  • 本剤(トシリズマブ)は関節リウマチや若年性特発性関節炎の他、キャッスルマン病、高安動脈炎、巨細胞性動脈炎などの治療に使われる場合もある(剤形によって使われる疾患が異なる場合もある)

詳しい薬理作用

関節リウマチは免疫の異常によって炎症反応がおこる自己免疫疾患の一つで、関節の腫れや痛みなどがあらわれ関節の腫れが続くと骨が壊されてしまう。

関節リウマチでは異常な免疫反応により炎症性のサイトカインという物質が過剰に産生されていてこれが炎症反応を引き起こす要因となる。炎症性サイトカインの中にインターロイキン6(IL-6)という物質があり、炎症に由来する様々な症状を引き起こしている。IL-6はIL-6受容体に結合してその作用をあらわす。

本剤(トシリズマブ)はIL-6受容体を阻害することにより、IL-6に由来する過剰な炎症反応を抑えることで、関節の腫れや痛みなどの症状を緩和し、関節や骨に対する損傷を防ぐ作用をあらわすことで、関節リウマチや若年性特発性関節炎の治療に使われる。

またIL-6が関与するキャッスルマン病、高安動脈炎、巨細胞性動脈炎などの治療に使われる場合もある。

主な副作用や注意点

  • 肝機能の異常
    • 肝機能異常により、ALT(GPT)、AST(GOT)などの数値の上昇があらわれる場合がある
    • 倦怠感、食欲不振、発熱、黄疸などがみられ症状が続く場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する
  • 感染症(重症感染症を含む)
    • 頻度は稀だが、肺炎、帯状疱疹、敗血症、結核などには特に注意する
    • 急性の発熱、咳、息苦しさなどがみられた場合は放置せず医師に連絡する
  • アナフィラキシー
    • 頻度は非常に稀だがおこる可能性がある
    • 皮膚の痒み、蕁麻疹、声のかすれ、息苦しさ、意識の混濁などがみられる場合がある
    • 上記のような症状がみられる場合はすみやかに医師に連絡する

一般的な商品とその特徴

アクテムラ

  • 点滴用製剤と皮下注射製剤がある(剤形によって使われる疾患が異なる場合もある)
    • 点滴による投与の場合通常、体重によって使用する薬剤の量が決定される
  • キャッスルマン病(IL-6が関係するリンパ増殖性疾患)、高安動脈炎、巨細胞性動脈炎などに使用する場合もある

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 内科系診療科をたらい回しにされ、最終的には… 医学と看護の交差点でケアを考える FBシェア数:30
  2. 白衣にネクタイ、する? しない? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:40
  3. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:12
  4. TIAを見逃し後遺症 循環器科医の過失を認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:23
  5. 内科専攻医数、過去3年平均から21%も減少 人口10万人当たり最多は東京都の3.83人、最少は高知県の0.70人 FBシェア数:65
  6. 採血の上達に必要なモノとは!? 病院珍百景 FBシェア数:11
  7. 家畜に大量に使われるコリスチン、その対策は? 記者の眼 FBシェア数:44
  8. 2018年度診療報酬改定に向けた基本方針案 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:72
  9. 叱られた時のヘコみ度 病院珍百景 FBシェア数:21
  10. インフルエンザ迅速検査は必須? 医師1000人に聞きました FBシェア数:1