日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

トシリズマブ(IL-6阻害薬:関節リウマチなどの治療薬)解説

トシリズマブ(いんたーろいきんしっくすそがいやく:かんせつりうまちなどのちりょうやく)

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 炎症をおこす要因となるIL-6の働きを抑え関節リウマチの症状を改善し、骨などの損傷を防ぐ薬
    • 関節リウマチでは免疫の異常により炎症反応がおき関節の腫れなどがあらわれ、腫れが続くと骨が壊され変形する
    • 炎症をおこす要因となるインターロイキン6(IL-6)という物質があり、IL-6受容体に結合してその作用をあらわす
    • 本剤はIL-6受容体を阻害しIL-6に由来する過剰な炎症反応などを抑える作用をあらわす
  • 本剤(トシリズマブ)は関節リウマチや若年性特発性関節炎の他、キャッスルマン病、高安動脈炎、巨細胞性動脈炎などの治療に使われる場合もある(剤形によって使われる疾患が異なる場合もある)

詳しい薬理作用

関節リウマチは免疫の異常によって炎症反応がおこる自己免疫疾患の一つで、関節の腫れや痛みなどがあらわれ関節の腫れが続くと骨が壊されてしまう。

関節リウマチでは異常な免疫反応により炎症性のサイトカインという物質が過剰に産生されていてこれが炎症反応を引き起こす要因となる。炎症性サイトカインの中にインターロイキン6(IL-6)という物質があり、炎症に由来する様々な症状を引き起こしている。IL-6はIL-6受容体に結合してその作用をあらわす。

本剤(トシリズマブ)はIL-6受容体に結合しIL-6を介するシグナル伝達を阻害し、IL-6に由来する過剰な炎症反応などを抑え、関節の腫れや痛みなどの症状を緩和し、関節や骨に対する損傷を防ぐ作用をあらわすことで、関節リウマチや若年性特発性関節炎の改善効果をあらわす。(尚、本剤は特定物質に結合する抗体として造られたモノクローナル抗体となる)

またIL-6が関与するキャッスルマン病、高安動脈炎、巨細胞性動脈炎などの治療に使われる場合もある。

主な副作用や注意点

  • 血液症状
    • 好中球減少症、血小板減少症などがあらわれる場合がある
    • 突然の高熱、寒気、あざができやすい、出血しやすいなどがみられた場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する
  • 肝機能の異常
    • 肝機能異常により、ALT(GPT)、AST(GOT)などの数値の上昇があらわれる場合がある
    • 倦怠感、食欲不振、発熱、黄疸などがみられ症状が続く場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する
  • 感染症(重篤な感染症を含む)
    • 頻度は稀だが、肺炎、帯状疱疹、敗血症、結核などには特に注意する
    • 急性の発熱、咳、息苦しさなどがみられた場合は放置せず医師に連絡する
  • アナフィラキシー
    • 頻度は非常に稀だがおこる可能性がある
    • 皮膚の痒み、蕁麻疹、声のかすれ、息苦しさ、意識の混濁などがみられる場合がある
    • 上記のような症状がみられる場合はすみやかに医師に連絡する

一般的な商品とその特徴

アクテムラ

  • 点滴用製剤と皮下注射製剤がある(剤形によって使われる疾患が異なる場合もある)
    • 点滴による投与の場合通常、体重によって使用する薬剤の量が決定される
  • キャッスルマン病(IL-6が関係するリンパ増殖性疾患)、高安動脈炎、巨細胞性動脈炎などに使用する場合もある

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 診療拒否が違法か否かを判断する「3つの要素」 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:120
  2. 10歳男児。頭痛、嘔吐、けいれん 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  3. このままだと働き方はどんどんブラックになるよ? 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:52
  4. 原因不明の慢性痛、その原因は医師の思考停止 「こじらせ疼痛」にどう向き合う FBシェア数:41
  5. 日中で異なる高血圧基準値変更へのスタンス 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:17
  6. ズバリ!up to date問題の出題のヤマはこ… 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:26
  7. 患者トラブルの背後に隠れていた「虐待」 なにわのトラブルバスターの「患者トラブル解決術」 FBシェア数:20
  8. 覚醒下心臓手術は新たな選択肢となり得るか? リポート◎日本初、局所麻酔下での心臓弁手術が成功 FBシェア数:353
  9. ルーチンの読影手順 正常構造をまず確認 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:34
  10. 70歳代男性。検診の胸部X線 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
医師と医学研究者におすすめの英文校正