日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

痔治療薬(内服薬)解説

じちりょうやく(ないふくやく)

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 肛門の周囲や内部などの血流などを改善して腫れ(浮腫)を改善することで痔核による出血、痛み、かゆみなどを改善する薬
    • 痔核は肛門の周囲や内部の血流が悪くなり腫れた状態で出血や場合によっては痛みやかゆみなども伴う
    • 患部の血流を改善することで痔核の腫れ(浮腫)の改善が期待できる
    • 本剤は肛門周囲や内部などにおける血流改善作用などをあらわす
  • 薬剤によっては抗炎症作用や患部の治癒促進作用などをもつ

詳しい薬理作用

痔の中で痔核は肛門の周囲や内部の血流が悪くなり腫れた状態であり、排便時に出血や場合によっては痛みやかゆみなどを伴うこともある。

痔核の治療には患部を温めたり、内服薬の使用により血流を改善する方法がある。血流を改善することで腫れ(浮腫)などが改善する。

本剤は痔核における血流の改善作用などによって腫れ(浮腫)などを改善し、出血、痛み、腫れ、かゆみなどの症状を改善する。薬剤によっては抗炎症作用や治癒の促進作用などをもつものもある。

主な副作用や注意点

  • 皮膚症状
    • 頻度は稀だが、発疹などがあらわれる場合がある
  • 消化器症状
    • 吐き気、食欲不振、下痢などがあらわれる場合がある

一般的な商品とその特徴

サーカネッテン

  • 消炎作用、浮腫に対する抗炎症作用、痔核内のうっ滞した血液の凝固を助ける作用などをもつ

ヘモクロン

  • 血流改善作用、浮腫を改善する作用、創傷部の治癒を促進する作用などをもつ

ヘモナーゼ

  • 抗炎症作用、浮腫や血流の改善作用、創傷部の治癒を促進する作用などをもつ
  • 肛門部手術創の治療に使用する場合もある

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 2018改定で加速! 診療実績ない病院は淘汰へ 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:78
  2. 「おちんちんが小さいのでは?」と聞かれたら 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:29
  3. インフルエンザ発症直後は心筋梗塞が増える NEJM誌から FBシェア数:93
  4. 心血管疾患二次予防のLDL-C目標値は70未満 特集◎生活習慣病 7つの新常識《3》 FBシェア数:70
  5. なぜ医療機関で「残念な上司」が増殖するのか 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:449
  6. 褥瘡治癒の決め手は「亜鉛」にあった リポート◎木を見て森を見ずの褥瘡治療 FBシェア数:616
  7. 脳卒中で逝った大奥の支配者 天璋院篤姫 病と歴史への招待 FBシェア数:2
  8. デイサービスで感じた女子力とは? 病院珍百景 FBシェア数:33
  9. コールドポリペクトミーは抗凝固薬服用中の大腸ポリ… 学会トピック◎第14回日本消化管学会総会学術集会 FBシェア数:45
  10. 『君たちはどう生きるか』と救急受け入れ拒否 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:77
医師と医学研究者におすすめの英文校正