日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

β3刺激薬解説

べーたすりーしげきやく

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 膀胱を広げ尿道を縮めることで、尿を蓄えやすくし過活動膀胱による尿意の切迫感や頻尿などを改善する薬
    • 過活動膀胱は膀胱が過敏になることによって勝手に膀胱が縮んで急に尿意をもよおしてしまう
    • 膀胱の筋肉におけるβ3受容体というものが刺激を受けると筋肉が緩み膀胱が広がり尿道を縮ませる
    • 本剤は膀胱の筋肉におけるβ3受容体を刺激する作用をあらわす
  • 過活動膀胱治療薬である抗コリン薬に比べ、本剤は口渇などの副作用が少ないとされる

詳しい薬理作用

過活動膀胱は膀胱が活動し過ぎる状態であり、膀胱が過敏になることによって勝手に膀胱が縮んで急に尿意をもよおしてしまう。これらの症状を改善するには膀胱を広げて尿道を縮ませることが必要となる。

膀胱の筋肉(膀胱平滑筋)におけるβ3受容体というものが刺激を受けると筋肉が緩み膀胱が広がり、尿道が縮む。また膀胱が広がることにより尿をより蓄えることができる。

本剤は膀胱平滑筋のβ3受容体を刺激する作用により、膀胱を広げ尿道を縮ませることで、過活性膀胱の症状を改善する。

主な副作用や注意点

  • 消化器症状
    • 便秘、口渇、腹部不快感などの症状があらわれる場合がある
  • 循環器症状
    • 動悸、血圧上昇などがおこる場合がある
  • 尿閉・排尿困難
    • 頻度は稀である
    • 尿を出したいのに出ない、尿の勢いが弱いなどの症状がみられ、これらの症状が急に強く自覚されたり、持続したりする
    • 上記のような症状がみられる場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する
  • 不整脈などの心血管系の疾患をもつ患者へ投与する場合の注意
    • 頻度は稀だが、本剤の投与により脈が乱れたり意識の消失などがおこる場合があるため慎重に投与する

一般的な商品とその特徴

ベタニス

  • 併用してはいけない薬剤に関して
    • フレカイニド(商品名:タンボコール など)とは併用しない
    • プロパフェノン(商品名:プロノン など)とは併用しない

薬の種類一覧

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:128
  2. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  3. 62歳女性。下肢に多発する、浸潤を触れる紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. 意外と難しい運動誘発性喘息の診断 あなたの知らないスポーツ内科の世界 FBシェア数:35
  5. 卵アレルギーは「微量のゆで卵」で防ぐ リポート◎学会が提言、アトピー乳児は早期から卵摂取を FBシェア数:136
  6. 若年男性に生じた発熱と多関節痛、何を疑う? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  7. 外国人診療で増えつつある「母国の親戚」問題 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:27
  8. 鳥インフルエンザ(H7N9)のヒト化が進む 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《4》 FBシェア数:6
  9. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:1
  10. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:466