日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

短時間作用型吸入β2刺激薬(吸入SABA)解説

たんじかんさようがたきゅうにゅうべーたーつーしげきやく

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 気管支をすばやく広げ、呼吸を楽にして咳や喘息発作などを和らげる薬
    • 喘息では気管支の炎症により気道が狭くなっていて、咳の発作や息苦しさなどがあらわれる
    • 気管支にあるβ2受容体というものを刺激すると気管支が広がる
    • 本剤はβ2刺激作用により、すばやく気管支を広げる作用をあらわす
  • 過剰使用により頻脈や動悸などがあらわれる場合があるため、本剤は規定量・規定回数などを守った使用が必要となる
  • 薬剤によって剤形がエアゾール剤、吸入液など異なる場合があり、適切な吸入指導や使用方法の理解などが必要となる

詳しい薬理作用

喘息では気管支の炎症により気道が狭くなっていて、咳の発作や息苦しさなどの呼吸器症状があらわれる。

気管支に交感神経が関与するβ2受容体というものがあり、この受容体が刺激を受けると気管支が拡張する。

本剤は気管支のβ2受容体刺激作用により、気管支をすばやく広げることで咳や喘息発作などの症状を改善する。また本剤は吸入後速やかに気管支拡張作用をあらわすが、作用の持続時間は比較的短く数時間である。尚、本剤をあらわすSABAとは「Short Acting Beta2 Agonist(短時間作用型β2刺激薬)」の略称。

本剤を使用する際の注意点として、過剰投与における頻脈や動悸などの発現があり、本剤の連用・過剰使用によってかえって窒息症状を引き起こす可能性がある。そのため、一定の吸入回数を行っても症状が緩和しない場合には早急の医療機関の受診など適切な対応が必要となる。

主な副作用や注意点

  • 循環器症状
    • 動悸、頻脈などがあらわれる場合がある
  • 消化器症状
    • 吐き気などがあらわれる場合がある
  • 精神神経系症状
    • 頭痛、ふるえなどがあらわれる場合がある
  • 本剤を使用する際の注意
    • 本剤は規定の使用量・使用回数などを守って適切に使用する(過剰使用により、頻脈や動悸などがあらわれる場合がある)
    • 一定の吸入回数を行っても咳などの症状が緩和しない場合は医療機関の受診など適切な対応が必要となる

一般的な商品とその特徴

サルタノール アイロミール ベネトリン

  • 吸入薬の剤形に関して
    • サルタノール、アイロミールはエアゾール剤
    • ベネトリンは吸入液で吸入器(ネブライザー)を用いて吸入する

メプチン

  • 吸入薬の剤形に関して
    • エアゾール剤:メプチンエアー10μg、メプチンキッドエアー5μg
    • ドライパウダー剤:メプチンクリックヘラー10μg、メプチンスイングヘラー10μg
    • 吸入液:メプチン吸入液、メプチン吸入液ユニット(0.3mL、0.5mL)
  • メプチン吸入液(ユニット製剤含む)に関して
    • 吸入器(ネブライザー)を用いて吸入する
    • クロモグリク酸ナトリウムの吸入液(商品名:インタール吸入液 など)と併用することもある

ベロテック

  • 吸入薬の剤形はエアゾール剤

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. インフルエンザ脳症で30代患者死亡、今季2例目 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:276
  2. 「2025年」大予測! 医療改革は成功?失敗? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:2
  3. 2018年度ダブル改定で「看取り」の解釈が拡大 記者の眼 FBシェア数:230
  4. 他界した弟に導かれて医師の道へ 人物ルポ■奄美群島の産婦人科医療に挑む小田切幸平氏 FBシェア数:145
  5. 神になりたかった男 徳田虎雄 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:237
  6. 外傷性気胸に胸腔ドレナージは要らない? Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:155
  7. 「人生の最終段階に関するGL」改訂へ 3月末までの改訂予定で、厚労省がたたき台を提示 FBシェア数:2
  8. 主訴<腰痛>での救急搬送で見逃せない疾患は? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:21
  9. 民間の医療保険? そんなの入る必要ありません Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:22
  10. サイトメガロウイルスのDNA検査薬が保険収載 新生児の尿で検査可能、既存の抗体薬に比べて高感度 FBシェア数:4
医師と医学研究者におすすめの英文校正