日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

白内障治療薬(点眼薬)解説

はくないしょうちりょうやく

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 眼の水晶体のタンパク質の変性を阻害し、水晶体が白く濁るのを抑え、白内障の進行を抑える薬
    • 白内障では眼のレンズ(水晶体)が白く濁ることで、景色が白く霞んだり、まぶしく感じるなどの症状があらわれる
    • 水晶体のタンパク質が変化(変性)することが白内障進行の原因の一つとされる
    • 本剤は水晶体のタンパク質変性を阻害する作用をあらわす

詳しい薬理作用

白内障は眼のレンズ(水晶体)が白く濁り、見えづらくなる病気で、景色が白く霞んだりまぶしく感じるなどの症状があらわれる。

白内障の治療は手術が中心となるが、症状が軽い場合には目薬で対応する場合もある。水晶体の水溶性タンパク質が変化(変性)することが白内障進行の原因の一つとされている。

白内障治療薬は水晶体のタンパク質変性を阻害することで、白内障の進行を遅らせる作用をあらわすとされている。

主な副作用や注意点

  • 眼など局所への副作用
    • 非常に稀だが、充血、痒み、刺激感などがあらわれる場合がある

一般的な商品とその特徴

カタリン カタリンK

  • 使用などに関しての注意
    • 「カタリンは錠剤」「カタリンKは顆粒剤」をそれぞれ溶解液に溶かしてから使用(点眼)する
    • 溶解後は光を避けて冷所で保存し、3週間以内に使用する

カリーユニ

  • 薬液が懸濁しているので、使用前によく振り混ぜてから点眼する

タチオン

  • タチオン点眼用の使用などに関する注意
    • 錠剤を溶解液に溶かしてから使用(点眼)する
    • 溶解後は光を避けて冷所で保存し、4週間以内に使用する

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「給料泥棒なの?」 上司の言葉に夜も眠れず 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:49
  2. 「たかが過換気」と侮ってはいけない 酸・塩基・電解質マネジメント FBシェア数:71
  3. 62歳女性。下肢に多発する、浸潤を触れる紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:295
  5. 高リスク者には抗インフル薬の予防投与を! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《3》 FBシェア数:14
  6. 「アプリで治療革新を」ある内科医の挑戦 リポート◎医師がベンチャー起業を決意するとき FBシェア数:58
  7. 「セルフコーチング」で目標達成へ飛躍の年に! 診療所マネジメント実践記 FBシェア数:49
  8. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:136
  9. 病気に人生を壊されないマネジメントが必要だ 医学と看護の交差点でケアを考える FBシェア数:11
  10. その単語選んでちゃ論文の価値が下がりますよ! 英文校正者が教える医学論文執筆の極意 FBシェア数:47