日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

α1遮断薬(点眼薬)解説

あるふぁわんしゃだんやく

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 眼圧を上げる眼房水の排泄を促進し、眼圧を下げて緑内障の悪化を防ぐ薬
    • 緑内障では眼の圧力(眼圧)が高くなり、視野を狭くするなどにより目がみえづらくなる
    • 眼圧が高くなる要素に眼房水という体液があり、この体液の排泄にα1受容体というものが関わっている
    • 本剤はα1受容体を遮断し、眼房水の排泄を促進する作用をあらわす

詳しい薬理作用

緑内障は眼の中の圧力(眼圧)が高くなってしまうことで視神経にダメージが加わり、視野が狭くなるなどして目がみえづらくなる病気。

眼圧が高くなる要素として眼球を満たしている眼房水があり、この体液が多くなると眼圧が高くなり、緑内障が悪化する。α1受容体というものが眼房水の排泄に関与していて、この受容体を遮断すると眼房水の排泄が促進する。

本剤はα1受容体遮断作用により眼房水の排泄を促進させることで、眼圧を下げる作用をあらわす。

主な副作用や注意点

  • 眼など局所への副作用
    • 充血、刺激感、異物感などがあらわれる場合がある

一般的な商品とその特徴

デタントール

  • 通常、他の緑内障治療薬で効果が不十分な場合に使用される
  • 本剤(デタントール点眼液)の使用を禁止する全身疾患がなく、副作用も少ないとされる
  • 内服薬(デタントール錠、デタントールR錠)もあり、主に高血圧治療薬として使用される

薬の種類一覧

α1遮断薬(点眼薬)の医療用医薬品(処方薬)

外用薬:目・耳鼻用剤

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:280
  2. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:377
  3. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  4. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:17
  5. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  6. 院外と院内の価格差、中医協でも議論に トレンド(DIオンライン) FBシェア数:21
  7. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:682
  8. NAFLD患者は脳の萎縮が早くなる可能性あり JAMA Neurology誌から FBシェア数:58
  9. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:17
  10. 高齢者にも脳症リスクあるA(H3)は流行する? 寄稿◎2017ー18シーズンのインフルエンザ診療の要点《上》 FBシェア数:1