日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

抗アレルギー薬(点眼薬)解説

こうあれるぎーやく(てんがんやく)

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 目におけるアレルギー反応を抑えることで、目のかゆみや充血などのアレルギー症状を抑える薬
    • アレルギー性結膜炎は花粉などのアレルギーの原因となる物質により、目の結膜でアレルギー反応が起きて、目のかゆみや充血などが起こる
    • 体内のアレルギー反応を引き起こす物質にヒスタミンやロイコトリエンなどがある
    • 本剤はアレルギー反応を引き起こす物質を阻害することで抗アレルギー作用をあらわす

詳しい薬理作用

アレルギー性結膜炎は目の結膜でアレルギー反応が生じて炎症が起こり、目のかゆみや充血などが生じる。アレルギー反応が起こる原因は花粉やハウスダストなど様々である。

アレルギー反応はヒスタミンやロイコトリエンなどの体内のアレルギー反応を引き起こす物質が放出されることにより起こる。これらの物質が眼の神経や毛細血管などを刺激することで、かゆみや充血などが生じる。

本剤はヒスタミンやロイコトリエンなどのアレルギーを引き起こす化学物質(ケミカルメディエーター)の働きを抑えることで抗アレルギー作用をあらわす。

主な副作用や注意点

  • 眼など局所への副作用
    • 眼痛、角膜炎、充血などがあらわれる場合がある

一般的な商品とその特徴

アレジオン

  • 主に体内のヒスタミンの働きを阻害し、アレルギー反応を抑える
  • 点眼薬以外の剤形に関して
    • 内服薬があり、花粉症や喘息などで使用される

パタノール

  • 主に体内のヒスタミンの働きを阻害し、アレルギー反応を抑える
  • 本剤の成分の内服薬(アレロック など)があり、花粉症などで使用される

リボスチン

  • 主に体内のヒスタミンの働きを阻害し、アレルギー反応を抑える
  • 点眼薬以外の剤形に関して
    • 点鼻薬がありアレルギー性鼻炎で使用される

ケタス

  • 免疫細胞からのアレルギーを引き起こす物質(ロイコトリエン、ヒスタミンなど)の放出を抑えることで抗アレルギー作用をあらわす
  • ケタスには内服薬があり気管支喘息治療薬や脳循環改善薬などとして使用される

リザベン

  • 体内のアレルギーを引き起こす様々な物質(ケミカルメディエーター)の放出を阻害し、アレルギー反応を抑える
  • 傷の治りを助ける作用もあるとされる
  • 点眼薬以外の剤形に関して
    • 内服薬があり、アレルギー性鼻炎や喘息、傷(ケロイド)治療などに使用される

薬の種類一覧

抗アレルギー薬(点眼薬)の医療用医薬品(処方薬)

外用薬:目・耳鼻用剤

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. マッチング最終結果、市中病院人気が再び加速 【2017年度】フルマッチ校は11校、東京医科歯科大は5年連続 FBシェア数:239
  2. 不足だけでないインフルエンザワクチンへの懸念 記者の眼 FBシェア数:375
  3. ベルソムラは就寝前に飲んじゃダメ!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:122
  4. 高齢でもピロリ除菌を行うべきもう1つの理由 リポート◎ピロリ除菌の目的は胃癌発症抑制と潰瘍予防だけじゃない! FBシェア数:185
  5. キャラクターで抗菌薬を覚える!? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:82
  6. 診療所の運動器リハ、意外だった査定の理由は? あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:91
  7. 待望の内服薬が承認、治療アドヒアランス向上に期待 Unmet Medical Needs 2017 秋 FBシェア数:2
  8. 国内初の『慢性便秘症診療GL』の特徴は? 学会トピック◎JDDW2017 FBシェア数:124
  9. 「医療訴訟がとにかく怖いんです!」 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:19
  10. 意外と世間から誤解されている「救急」 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:96